3分で解消!目の疲れと頭痛が一緒にでているデスクワークの方へ

頭痛

「今日も目が疲れて頭痛までしてきた、、朝出勤してから何時間もパソコンをしていたら当たり前か、、」そんな毎日に悩んでいるあなたは、いろいろなことを試して目の疲れと頭痛を解消しようとしてきたのではないでしょうか?

目を温めてみたり、ツボを検索しておしてみたり、目をゴシゴシこすってみたり、頭を冷やしてみたり、アリOミンを飲んでみたり、、。

様々な対処をしてきたことと思います。

それで痛みが取れる。楽になる。スッキリ!という方法が自分の中であれば良いですが、この記事をみているということはそうではないはずです。

そこでこの記事では、たった3分で目の疲れと頭痛が楽になる方法をお伝えしていきます。これがあなたにピッタリの対処方法となって、これからも続くパソコン業務が効率よくなることを願います。

「どうして目の疲れが続くと頭痛がおこってきやすいの?」

疲れた男

目の酷使による疲労からはじまる

そもそも、「なぜ目の疲れから頭痛がおこるの?」当院はオフィス街にあるためか、会社員のクライアントさんからよく質問を受けます。

なんとなく目の疲れから頭痛っておこりやすいよな~というイメージはあると思いますが、睡眠不足や暴飲暴食などの生活習慣の乱れ以外を前提として以下の流れが考えられます。

①パソコン、スマホ、プロジェクターなどの光(ブルーライト)が目のストレスとなり疲労する。

②目を上下左右、斜めに動かす目の周りの筋肉が疲労する。(眼精疲労)

③目の周囲の筋肉が疲れるとこめかみまわりを中心に頭の筋肉が硬くなる。(目をギュッと閉じたりパッと大きく広げてみてください。こめかみや頭頂部が突っ張る、引っ張られる感覚を感じるはずです。それが頭の筋肉ですね。)

④目や頭の周囲の筋肉が血行不良状態が続き、酸素不足になる。

⑤頭蓋骨全体、首周りまでが硬くなり、脳の血流も弱くなるため頭痛がおこる。

IMG_2440

このような流れがおこります。病院でみてもらった方は、ほとんどの場合は「緊張型頭痛ですね」といわれたのではないでしょうか?

パソコン、スマホ、テレビなど自宅で少なくする事はできても、いざ仕事となるとそうはいかないですよね。

その目の疲れをおこす原因となるのが液晶画面から出ているブルーライトといわれています。ご存知でしょうか?

最近よく聞くブルーライトって?

IMG_0174

パソコンやテレビなどの液晶画面のLEDが強く発生させている、目の網膜まで届くエネルギーの強い光のことを言います。

紫外線に近いほどのエネルギーが強いライトで、目の奥で散乱しやすいため、仕事で長時間パソコンを使用すると視界のチラツキやまぶしさを感じさせるといわれています。そのため、目の疲れ→頭痛といった症状に発展するといわれるものなんですね。

では、実際に自分で3分でできる目の疲れと頭痛の解消方法について紹介していきます。

わずか3分!目の疲れと頭痛の解消方法

即効性が高い2つの方法

①目を閉じて眼球にふっと指の腹をのせておく

IMG_0181

たったこれだけで、目がスッキリしてきます。

やり方はまずそっと目を閉じてください。

そっと目を閉じたまぶたの上に、ひとさし指と中指とくすり指を「ふわっっと」のせます。眼球にやさしく触れるイメージです。

ふわっっと」指を乗せたまま、1~2分ほどリラックスしてください。

 

たったこれだけです。その後、ゆっくり目をあけるとスッキリした感覚になると思います。

目が疲れたな~というときや1時間に1度でも1分目を閉じてふわっっと触れると良いですよ。

ポイントは指に力をいれず「ふわっっと」眼球を包む。これだけ守って下さいね。

 

②前頭部の髪の生え際(左右)を手のひらをそっとあてておく

IMG_0177

頭蓋骨でみるとこんな感じです。頭が痛い時に自然と手が行くところでもありますね。

IMG_0179

実際にしてもらうとこんな感じです。目を閉じて、やさしく手のひらで左右髪の生え際を「ふわっっ、、と」包むだけです。

大事なのでもう一度。「ふわっっ、、と」包んでおくだけです。

こうしておくと頭蓋骨がゆるんできますが、感覚的にわからなくてもいいので、ここをふわっと包んでたら頭蓋骨がゆるんでくれるということを知っておくだけでOKです。

これで1~2分いるだけで、頭痛がやわらいできます。

かなり有効ですから、ぜひためしてみてください!

この2つを3分程度でできると思いますが、時間があれば各3分くらいしても大丈夫ですよ。

では、次に補足として目の負担を日々減らす方法を紹介しておきますね。

補足。目の負担を日々減らす方法

IMG_0176

目の負担を減らすオススメグッズ

補足として、目の負担を減らすオススメグッズを紹介しておきます。

ブルーライトカットメガネorブルーライトカットシート

ブルーライトとはパソコンやテレビ、スマホから発する青白い光のことです。これが目のストレスになるんですね。

最近は普及してきているように思いますが、意外と知らない方や知ってても試したことのない方も多いです。

最近はメガネ屋さんをのぞくと、ブルーライトカットメガネというものが売ってあります。「JINS」さんが有名ですね。

度入りのものも、度が入ってないものも安価で売っていますが、かけるだけで目の負担をぐっと減らしてくれますから、ぜひ一度店頭でかけて自分のスマホを見てください。ライトの強さが減ることを実感できます。

また、メガネはうっとうしいよ!という方は、パソコン画面やスマホ画面に貼り付けるブルーライトカットシートも家電量販店などに売っています。それを使って目の疲れを減らしてあげるのも良いですね。

 

仕事はずっと続けていくものなので、日々の目の負担を減らしてあげることは非常に有効です。「あの時目を、身体をいたわってあげてたら良かった、、、」とこの先思わないために、検討してみても良いかと思います。

おわりに

温泉

目の疲れと頭痛を解消する方法についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

目の疲れで悩んでいる方は、非常に多く、また頭痛も一緒にでて困っている方も沢山いらっしゃいます。

それに、対策方法も山ほどあります。今回紹介したこともその山ほどある対策の一つになりますが、あなたにピッタリの解消方法になってくれれば嬉しいです。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院]Rinato鍼灸整骨院 川上 健史郎

大阪市で頭痛に悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」