腰が原因ではない?!足の裏だけがしびれる方へ

足裏だけがしびれる原因は?

th_th_2015821mn-103

足裏だけがなぜかしびれている。
この記事をみられているということは、原因が何かわからずに足の裏だけがしびれていて、「これは一体何?」そう思われていることでしょう。

特に思い当たることもないから「そのうち治るだろうと」思っていたけどなかなか治らない。
しびれがでてから寝ても覚めても良くなっていないととだんだん不安になりますよね?

とりあえずシップでも貼っとくか…と足裏に貼ったらスーっとしてその時は効いてる感じはあっても、そのあとはまたしびれがある状態だと、さすがに原因は何かと知りたくなると思います。

この記事では今から、「足裏だけしびれる症状にもっとも多い病名」「その原因と対策方法について」この2つを紹介します。足裏だけがしびれる症状は早めに対処すると、案外すぐに治ることもありますので参考にしてください。

腰の神経の問題よりも、足根管症候群の可能性が高い

僕は普段施術をしていて、クライアントさんの「なぜか足裏だけがしびれるんです…これって坐骨神経痛でしょうか?」
「最近足裏が痺れだしたんだけど、これってやっぱり腰からかね?」という訴えはよくあります。

その中で詳しく話しを聞いていくと、
「足の裏の内側だけです」

「足の裏の外側だけ」

「かかとだけ」とこの3つを訴えることが多いんですね。

もしくは、「足の裏全体」

そこで、疑うのが腰の神経の問題によるか、足根管症候群(そっこんかんしょうこうぐん)かどちらかの可能性です。

腰の神経の問題なら足裏だけでない

腰の神経の問題の場合、足裏の親指側のしびれは腰椎4番の神経。
足裏全体に感じるしびれは腰椎5番の神経の問題を疑います。

ただ、腰の神経の問題なら、ふくらはぎやすね、太ももにもしびれを感じることが多いです。
ご自身の足のしびれはどうでしょうか?
足裏だけでなく、他の場所にもしびれや感覚がにぶいなどの症状があれば、腰の神経の問題が考えられるということを知っておいてください。

いわゆる、「坐骨神経痛」の可能性が非常に高いです。

足根管症候群なら

「足根管症候群」という名前は聞いたことがないのではないでしょうか?
しかし、施術をしていると足根管症候群と診断されているお客さんは少なくありません。

足根管症候群の症状の特徴は、「足の裏だけがしびれる」ということです。その場所も特徴的で、「足裏の親指側」「足裏の小指側」「足裏のかかと部分」
この3つのいずれかがしびれるんですね。
IMG_1366

上記の写真にマジックで囲った場所付近にしびれを感じます。
親指側の青で囲った部分が「内側足底神経」の問題。
小指側の緑で囲った部分が「外側足底神経」の問題。
かかとの赤で囲った部分が「脛骨神経の内側踵骨枝」の問題。と判別します。

どこがしびれているかを確認するとだいたいの予測はついてくるんですね。
では、次にその神経の問題が起こる部分はどうなっているか紹介します。

足根管症候群

IMG_1368

この図は足根管(そっこんかん)を表しています。右足の内くるぶしの方からみていると認識くださいね。

黄色の線が脛骨神経です。その神経が末梢にて3つにわかれているのがわかると思います。
そう、先ほどお伝えした「内側足底神経」「外側足底神経」「内側踵骨枝」のことですね。

オレンジの部分が屈筋支体(くっきんしたい)といって、これらの神経を覆っているものになります。

この部分のどこかで圧迫がおこることにより、どの神経が障害をうけるか変わってきます。

この神経圧迫により、足の裏だけがしびれる症状を「足根管症候群」と呼びます。

手先がしびれる手根管症候群は聞いたことがあるかも知れませんが、足根管症候群という病名は初めて聞くよという人の方が多いのではないでしょうか?

足根管症候群で悩まれている方は実際は少なくありません。
だいたい足裏が痺れていると当院に来院された方は「私坐骨神経痛ですねん。足裏が痺れていてずっと悩んでいるんですわ」と言われますが、足根管症候群の症状であることもあります。

要は末梢神経の圧迫が原因

「圧迫はわかるけど、末梢神経(まっしょうしんけい)ってなに?」
そう思われたことでしょう。

人間の身体は、大きく分けて、
中枢神経と末梢神経の2つに分かれます。

中枢神経脊髄

末梢神経脳と脊髄から飛び出ていった手先足先に伸びていっている神経

ざっと分けるとこんなイメージです。

木で例えると、
中枢神経は幹。
末梢神経は枝、根っこ。

そんな感じです。今回お伝えしている足根管症候群は枝、根っこの神経の圧迫の話です。

小難しいなと感じるでしょうが、要は手足に伸びている末梢神経が手根管症候群なら手首で、足根管症候群なら足首の内側で何らかの原因で圧迫されてしまう。つまり圧迫されたその先端部分がしびれる症状がでます。

ここを叩くとしびれをより感じる(医学的検査)

IMG_1369

足根管症候群の場合どうやって検査をして判断するかというと、まずはしびれる場所の特定ですね。
記事の冒頭に記述した足裏のどの部分にしびれがあるかどうかです。これを特定して、どの神経に問題が起こっているのかを予測します。

そしてもう一つが、写真に記した赤丸の部分周囲を「トントン」と指先で叩きます。
この際に足裏の部分のしびれをより感じると足根管症候群と判断します。

理由は足根管で神経が圧迫されやすい部分が赤丸になるので、そこを叩くと神経が反応して症状を強くするからですね。

足裏のしびれ、なんでこうなってしまったの?

th_th_2015821mn-14

人により原因はさまざま

原因は様々です。お客さんで来られる方は靴の締め付けすぎや、サイズの合わない靴を履いている、捻挫後の足首の捻れによることで足根管を圧迫していることが多いですが、腰椎の問題や、静脈瘤によるものや、ガングリオン(脂肪の塊)、痛風やリウマチや捻挫などにより内くるぶしの腫れによるものなど考えられることは様々なので、一度病院で検査してもらいましょう。

腫れている場合や持病がある人、事故などで足を強く打った場合などはかかりつけのお医者さんに相談すると良いでしょう。

中でも「え?靴??」と思われるかと思いますが、原因が靴ってことはよくあります。

靴紐の締めすぎだったり、サイズのあわない靴、甲高でタイトな革靴を履かれていたり、サンダルのバンドを締めすぎていたり…こういう方に起こります。

スポーツをしている方で週末ランニングや草野球、サッカーをしてスパイクを締めすぎたり、会社員の方で足に合っていない革靴で一日過ごしていたりという生活習慣によってくるぶしの内側の神経圧迫が起こり、症状がでるパターンもクライアントさんに多いですね。

対策は自分でできる場合も

あきらかに足首の腫れが強い、体重をかけたら激痛が走る、ふくらはぎや太もももしびれるなどの状態でなければ、先ほどお伝えしたように靴の問題も考えられます。

現状の靴を確認して、紐靴をきゅっと締め付けすぎていないか?
サイズはどうか?
内くるぶし周辺が窮屈ではないか?など見てみましょう。

また、大事なのは「履き口」

ローカットのスニーカー、革靴、パンプス、ヒール。

ラグビー、サッカー、陸上などの革のスパイク。

最近流行りの、ロードバイクの革シューズ、フェイクレザーシューズ。。などもそうですね。


IMG_4368

これらのシューズは履き口が革で硬い素材の場合や、履き口が革でなくてもクッションがなくて、かた〜い場合があります。あなたのシューズはどうでしょうか?

この履き口の内側が、くるぶしの下に丁度くるはずです。

これが硬い素材だと、足根管を圧迫、刺激が強くなってしまいやすいです。

当然、ローカット以外でもそうです。
ブーツやハイカットのスニーカーは上までシューレースも来ますので、締め具合や素材によって圧迫が強くなる場合がありますから、注意してみてください。

当てはまる場合は日常的に履くものを買い換える、もしくは調整することによって、自然と足の神経の圧迫がとれるので症状が少しずつ改善していくことでしょう。

早速試してみてください。

5本指ソックスもオススメ

IMG_4371

「5本指ソックス?なんかはかず嫌いなんだよね〜」と、思われた事でしょう。僕はよくクライアントさんにすすめますが、「ダサい」「履くのめんどくさそう」「え〜」と反応されます。

が、買って履いてみた人の8割以上は、

「足の疲れましやわ!」
「最初違和感あったけど、足が蒸れへんし、地面蹴りやすい感じで確かに足首前より動いてんの感じるわ〜」

なんて反応が。

足の骨は片足26本もあります

足指に至っては、その内の14本。半分以上が足指にありますね。

ということは、靴の中で、指がしっかり動かせて、地面を蹴ってあげて動かすことで足の骨、筋肉、関節が連動して動いてくれます。そして、足根管のある足首も動かせるので、循環が良くなります。

足根管部分の除圧も歩きながら行えますから、神経への負担も減ります。

靴下を履き替えて、しっかり指を使って地面を蹴って歩くだけでも足の循環が良くなりますから、ぜひこれも試してみてください。靴下一つですが、症状改善への手助けになってくれるはずですよ。

それでも改善しない場合はすぐ病院へ

靴を調整したり、買い換えたりしても症状がなかなか引かない場合は、一度病院で相談してみると良いでしょう。そもそもの診断が違うこともありますし、対処方法が間違っていることもあります。

自分で対処して治れば時間もお金もそれほどかかりませんからベストですが、やはり症状が変わらない場合は専門家にみてもらうと安心ですね。

動画で対策をまとめてみました

※音声が出ますので、周りの環境と音量にご注意ください。

※ガングリオンの場合は病院以外では注射器で抜くことは出来ませんのでご注意ください。

おわりに

「足裏だけしびれる症状にもっとも多い病名」「その原因と対策方法について」について紹介してきましたが、いかがでしたか?あなたの足裏だけしびれる症状が一日でも早く改善することを願っていますし、この記事を通して改善の手助けとなれれば嬉しいです。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院] Rinato鍼灸整体院 川上健史郎

大阪で足の裏のしびれに悩む方へ

症状の改善について詳しくはこちら

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」