ヘルニアで太ももの外側がしびれていた男性の改善までの経緯

S.M 様

お住いの地域
河内長野市
ご年齢
57歳
お仕事
会社員
お悩みの症状
腰痛,ヘルニア

S.M 様が当院に来院された経緯

来院2か月前にヘルニアと病院で診断。Sさんはシビれている足をかばいながら生活していたのが原因と感じている様子。

病院で出されたお薬を飲み続けているが症状がほとんど変わらず不安の日々を過ごしているそう。

体重の増加や趣味の山登りでの腰の負担は感じていたようで、なんとか症状を改善し、元気にゴルフや山登りを楽しみたいと来院されました。

 

 

初回のカウセリングの様子

Sさんはじめまして、今日担当する川上です。よろしくお願いします。

これまでの経緯についてお話しいただけますか?

はい、もともと腰痛持ちなのですが、趣味のゴルフや山登りに体重の増加による腰の負担が増えたためか、2か月前に病院で検査をしたところ腰椎の2、3番のヘルニアと診断されました。

右太ももの外側が痺れていて、かばって歩いているうちにどんどん腰も痛くなってるように感じます。

ゴルフは営業の関係でお客さんとラウンド回ることも多いんですが、お薬を飲み続けていても改善せずに不安で来させてもらいました。

 

そうだったんですね、詳しくありがとうございます。

結構かばってしまってるようですね。こういう症状だとわかりますよ、どうしても自然とかばって歩いてしまいますよね。もちろんその影響で体に負担がかかり症状が悪化していく、もしくは改善していかないということも多いです。

Sさんのお体を全身検査させてもらって、どこに負担が来ていて、どこを調整すれば良くなるかお伝えしていきますね。

では立ち上がりましょう。

検査の結果

検査を行っていくと、、

腰椎の柔軟性低下と腎疲労に反応

ヘルニアの原因が「腰椎の柔軟性と腎臓疲労」にあったことが判明

施術でこれを改善していくことになりました。

骨格の問題点として細かいところでは、

足首、足根骨、股関節、膝関節といったところにもつまりがあります。

これらの調整も並行して進めていかないといけません。

かばって負担があるところをそのままにしていると治りが遅くなるんですね。

そのこともお伝えして施術期間は3か月程度見るように説明しました。

初回の施術

初回は、土台作りの調整をメインに、内臓、骨盤、頭蓋骨、顎関節を調整して終了。

血液循環を引き上げることを狙って、調整後は体の変化(関節の可動域アップ)を感じてもらいました。

3回は詰めてきてもらうことと、甘いものを減らしてお水をしっかり取るように指導して終了。

 

4回目の施術 初回より15日後

3回の施術である程度土台が整い、血流が良い状態をキープできる体に変化しつつあります。

腰の違和感は軽減し、ゴルフをしたけど以前ほどのしびれや痛みを感じずにプレーできたとのこと。

調整は腰の奥深い筋肉も加えて行い、今回を終了。

甘いものを控え、お水を摂ることは引き続き注意してくれていました。

11回目の施術 初回より2か月後

しびれの範囲も程度も減り、右太もも外側全体のしびれは上部のみになっているとSさん。

調整は引き続き、内臓や骨格調整とゴルフで負担のかかっている左足首や右股関節の調整も加えています。

打ちっ放しで150球打ったりしても少し症状が気になるくらいで済んでいる様子。

 

初回より3か月後

今回で3か月。当初に比べても症状が気にならず、ゴルフもバリバリSさんはされていました。

検査をしても疲労などで硬さのあるところはありますが、痛みや痺れで困ることはないだろうと判断。

ゴルフのスコアも10以上あがったわ!と喜ばれていました。

内臓の状態、骨格の状態も安定しているので、今回で施術を終了してだいじょうぶだとお伝えして終了しました。

今後はケアに時々来たいとのことです、最後に写真と感想文を頂きました。

[総括]

今回のSさんは腰椎2、3番のヘルニアでした。

2、3番のヘルニアは太もも外則の痺れが出やすいのですが、Sさんはわかりやすく出ていました。

病院で診断され、お薬を処方されていましたが変化が出ず不安になり来院されました。

お仕事柄ゴルフのおつきあいを避けれず、日々かばいながら生活されているために腰以外の様々な場所につまりがありました。

調整ポイントは腎臓と腰椎の柔軟性が軸でしたが、それ以外にも細かい関節の調整は必要な状況。

Sさんの場合はゴルフや仕事をセーブせずに治していくので、かばって負担がかかるのを取り除きながら施術計画を進めていく必要がありました。

そうしていくことと、普段の日常生活での身体の使い方や注意点。

この守ってもらうべきところを注意してもらうことで計画通りに改善してもらえました。

ヘルニアは腰だけ調整していて改善スピードが上がることは経験上稀です。

Sさんは腎臓疲労がカギになっていました。腎臓疲労があると腰の筋肉が緊張しやすいんですね。

もし、あなたもSさんのようにヘルニアと診断されて、お薬を飲んでいても改善せず、ゴルフを中止できない状況で困っているなら是非ご相談いただければと思います。

川上健史郎

ヘルニアと元々もっていた腰痛が改善したお客様の喜びの声

お客様写真

アンケート用紙

S.M様 河内長野市 57歳 会社員 男性

もともと腰痛をかかえていましたが、2年前にヘルニアになってしまいました。整形外科での施術では痛みは良くなりませんでした。だめもとで川上先生の施術を受けた所、徐々に良くなっていきました。半年ぶりにゴルフをした所これまで110前後のスコアが100切りできました。ただ今また110前後のスコアに戻ってしまいましたが!

腰痛は時々再発しますが、その時また川上先生にメンテナンスしていただいています。

ソフトな施術なので効果があるかなと思いましたが、私にはあっている様です。

S.M様 河内長野市 57歳 会社員 男性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

LINEで24時間予約可能

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00
  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」