原因不明の腰痛。その原因は「疲労」が起因!

腰 かがむ

「腰痛で困っている。仕事に集中できないし、毎日が苦痛に感じるようにもなってきたから病院でみてもらおう。」と、病院でレントゲンやMRIの画像診断をしてもらった結果。「特に骨や病気などの異常はありませんね。」といわれるパターンが実は80%を越えます。

そうなると「この痛みは何だろう?怖い病気などはなくてよかったけどなぜ痛いのか?」そうなるのではないでしょうか?

レントゲンやMRIで画像診断をするのは、腰痛を起こす病気がないかどうかを判断するので、「異常はありませんね」というのは内臓の病気や腫瘍、動脈瘤などの命にかかわる問題のために腰痛がおこっているのではないということを意味しています。

そのため、腰痛症という診断がでることが多いですがはっきりした原因がわからないということ。それが腰痛患者さんの80%を越えているんですね。そこで、「じゃあその腰痛は何が原因になっているんだ…?」と不安になってしまって当然だと思います。

この記事では、その原因不明の腰痛を起こす「疲労」について整体師である私の考えをお伝えしていきます。

腰痛の原因は「疲労」からスタートしていく

横向き寝

人間に避けられないもの「疲労」

見出しに書いたように「腰痛の原因の80%~85%は原因不明」。そういわれているのをご存知ですか?

「そこでその80%以上の腰痛の原因はいったい何なの?」となりますが、実に様々なことが考えられています。

西洋医学からの見解、東洋医学からの見解。仮説はたくさんあるので腰が硬いから、歪んでいるため、姿勢がわるいから、ストレッチ不足、血流がわるいから、仕事の体勢によるもの、、などなど聞いたことがありませんか?

例えば、腰の筋肉が硬いために腰痛になる。というのもよく聞くかと思いますが、実際に施術をしているとそうでもないことに気付きます。腰の筋肉が硬い人がいますが、痛みを感じている人と感じてない人が実際にいます。また、ヘルニアは有名な疾患ですが、ヘルニアを持っている方でも腰痛を感じている人とそうでない人がいます。だいたいヘルニアの20%くらいの方しか痛みを感じていないというデータもあります。

また、全国民の約四人に一人(約25%)が腰痛をもっていると厚生労働省が発表しているように、ヘルニアが直接関係しているかは確定していないという説もあるくらいです。

「疲労」があることによっておこる4つが腰痛に関わっていく

顎 痛い

これは一つの仮説にもなりますが、原因として近いのが人間のからだに必ずおこる疲労です。じゃあ「腰痛の原因が疲労か?」ということではありません。

疲労があることによっておこる様々なものが腰痛に関わっていくのでは?と考えています。

その疲労によっておこる代表的な腰痛に関わっていくものが4つあります。

①身体のゆがみ(関節、筋肉、内臓などの組織)

②循環不全(血行不良)

③筋肉の硬さ・こわばり

④組織の損傷

この4つが腰痛に関わっていきます。

①で痛い人、②で痛い人、③で痛い人、④で痛い人。

その方によって原因は様々ですが、その始まりが疲労ということになります。①~④と番号を振りましたが、疲労からスタートして①→②→③→④と段階をたどっていきます。どの段階でも腰痛を感じる可能性はあるということだけしっておいてください。④にいくほど重症度が高いイメージです。ではその疲労からおこる流れについて①から順番に説明していきますね。

①身体のゆがみ

パソコン 姿勢

「ゆがみっていったい何でおこるの?」

ゆがみは簡単に言うと身体の反射によっておこります。

身体を守るためにゆがむイメージですね、と聞くとわかりにくいと思うので例え話でいうと、、

あなたは足を挫いたことはありますか?あればその時の状況を。なければ挫いた人を思い浮かべてください。

右足を挫いたとして体重をかけるとズキズキしてしまう。その状況ならどうするでしょうか?、、左足に体重をかけてヒョコヒョコ歩きますよね?

このようにして身体(この状況なら右足)に何か負担がかかっていると必ず反射的に右足を守ろうとする。これが反射です。

足首だけでなく身体全体のバランスをとるために、どこかで不具合があるとこのように無意識に反射を起こすんですね。(医学的に体性ー体性反射)

大好きなものをお腹一杯、限界まで食べたあとの姿勢はどうなるでしょうか?身体を丸めませんか?その状況で姿勢よくビシっとしている人はまずみないですよね?これも内臓が疲労した状況による身体のバランスをとる反射です。(医学的に内臓ー体壁反射)

 

これが、疲労からくる反射によっておこる身体のゆがむ仕組みです。

②循環不全

th_th_2015821mn-222

循環不全による腰痛。循環不全とは血流がわるい状態と言い換えることもできます。

「循環不全にはどういう問題があるのか?」となると思いますが、まず循環には動脈系と静脈系の2つ循環系があります。

この2つの循環、血液の流れがわるくなることで腰痛などの症状がおこることが考えられます。

動脈系の流れについては→内臓系の働きを主にしています。例えば、心臓が働きわるいと当然動脈に影響をきたしてしまいます。腎臓の働きがわるかったら血液のろ過する役割があるので、血中の老廃物がうまく流れずに臓器が疲れてきます。おもに老廃物を解毒・処理している腎臓・肝臓が疲労してオーバーワークすると、、

まず①身体の歪みがおこります。

動脈は血管。あらゆる所にはり巡っている管ですから、身体ゆがむことで動脈の管も捻れてしまい動脈の流れがわるくなってしまいます。

 

静脈系の流れについては→静脈は動脈と違い、戻っていく力がありません。戻るには筋肉の力が働いています。また静脈には逆流しないように弁がついていて、常に筋肉ポンプ(収縮)の力を使って心臓まで循環しています。また、筋肉が弱かったり、筋肉の細胞自体に力が弱いと戻るべき血液が流れません。

そうなってしまうと動脈と静脈の境目である毛細血管で、血液循環不全がおこります。そうすると細胞自身が、筋肉細胞や組織に血液がうまくいかず循環不全で老廃物が流れなくなる。それによって神経的な痛みや防御反応がおこることで腰痛がおこってくると考えられます。

これが循環がわるくなって(循環不全)身体が痛くなってくるメカニズムと考えます。

③筋肉の硬さ・こわばり

th_th_2015821mn-183

「筋肉の硬さ・こわばりはどうおこるか?」

基本的には「疲労」スタートで①身体の歪み→②循環不全→③筋肉などの組織の硬さ・こわばりがでてくる。

この流れで起こってきます。②→③の循環がわるくなってくることで筋肉がどうなっていくかというと、、

イメージ的には酸化していく感じです。

 

循環がわるくなることで老廃物がたまっていくと筋肉内が酸化、簡単にいうと身体がさびてくる状況になります。さびは循環がわるいことでとれてこない状況が続き、筋肉以外の細胞も硬くなってきます(靭帯や腱、関節包など)。

酸化したもので例えると10円玉でしょうか。古い10円玉のように酸化した状態はきらきらしてないですよね。新鮮ではなくてさびた状態。それなら当然動きもわるくなってくるように想像できると思います。自転車のチェーンやドアもさびたらギギギギとなりますよね。こういう状況がからだのあちこちで循環がわるいことでおこってきます。それによって筋肉が硬くなる。

そして周りにある神経を刺激して痛みが発症してしまってる。これが②→③の流れによっておこる腰痛です。

④損傷

妊婦腰

最終段階で重症度も高いであろう状況がこの「損傷」になります。

損傷=傷がついてる。ケガ。足くじいた。とかぎっくり腰とか。そんなイメージですね。

この損傷=ケガといえる状況で、これには2つに分けることができます。

一つ目が…捻る、打撲、など外傷でおこるもの。

二つ目が…自分たちの知らないところ、いつのまにか損傷(ケガ)していってるもの。

この2つになります。

一つ目はすぐイメージできるでしょうが、二つ目は何?って感じたのではないでしょうか?

どういうことかというと疲労→歪み→循環不全から筋肉のこわばりがある状況で身体を使っているうちに損傷します。まずは、筋肉がこわばった状態をイメージしてみてください。筋肉は通常、ゴムのようにビヨンビヨンと弾力のあるのびちぢみをします。ゴムが古い状況は筋肉がこわばった状態酸化した状態だと言い換えれます。となると酸化して古くて弾力の少ないゴムならどうなるでしょうか?

 

よくある例だと、、、

・猫背の人→背中やお腹の筋肉がこわばる。姿勢を無理に正そうとしていると→背中やお腹の筋肉を無理に延ばそうとすると傷つく。といった例や。

・忘年会シーズンで飲み会続き→内臓、胃腸の疲労→ゆがみ→循環不全→背中から腰が硬くなる→ふとした時にぎっくり腰になる。

こんな例が多いですね。

この④までの経過をたどって腰痛が続いている場合は、しっかりと治癒するには時間がかかります。

当然①のゆがみの段階のみで痛みが出ている場合は早く治癒しやすいですね。どういう状況が続いてきたかで回復に差がでてきます。

以上が①~④のそれぞれの解説になります。最後にその対策のヒントについて少し紹介します。

マッサージは逆効果?!

人

「疲労にはマッサージだな、よし、子供にのってもらおう。マッサージ店でグイグイもみほぐしてもらおう。この際思い切ってマッサージ機を買うか!」と思いましたか??

まず、思い浮かぶのはマッサージでしょう。

でも、この発想は危険です!!

どういうことかというと、マッサージは確かに気持ちの良いものですが、マッサージ機はもちろん、グリグリおしたり子供に乗ってもらったりすると筋肉の線維が確実に傷つきます。

傷つくということは、わかりやすくいうと「もみかえし」ですね。もみかえしは、筋肉への刺激が強すぎて髪の毛より細い筋線維がプチプチきれてしまった状況です。そうするとどうでしょうか?次に筋肉は強い刺激にたえれるように筋肉を硬くします。手のマメがどんどんつぶれることで硬く再生していくのと同じ状況になります。

筋肉がどんどん硬くなってしまい結局は逆効果になってしまうことをしっておいてください。一般的にはこういうことは知られていません。もし大切な人が知らないならおしえてあげてくださいね。

自分で今すぐできる対策はまず「疲労」をとる生活習慣

よこよこね

ここまで読んで頂き、疲労からスタートして身体に負担がかかっていく。そして腰痛になっていく。という流れは理解して頂いたかと思います。そこで、まず大事なのはスタート地点である「疲労」をとっていくことが大事です。

自分でできる対策は大きく3つです。

それは①睡眠②食事③運動。この3つのバランスを見直すだけでも全然違ってきます。

睡眠…睡眠不足の方は当然疲労を蓄積してしまいます。その期間が長いほど。まずは睡眠時間を今よりも30分でも1時間でも日々増やすようにしてください。夕食後、テレビやスマホを触る時間を睡眠にあてるだけでも全然違ってきます。よく6~7時間は寝るのが理想といわれますが、寝る時間が遅すぎてもよくないので、できるだけ11時前後には寝るようにしてみてください。

食事…食事は食べ過ぎない。腹8分。これをこころがけるだけでも良いです。まずはそれから行いましょう。また、当然バランスを考えるべきですし、砂糖やお菓子はなるべく減らしたほうが内臓への疲労は減ります。毎日摂取していませんか?過剰にとりすぎている方がほとんどなので、意識してみてください。

 

運動…走る、昔スポーツしていた競技復帰をしてバリバリやってください、ということではありません。歩くだけでいいです。運動習慣をつけていくことも非常に重要です。また、これもやりすぎないことです。やりすぎると疲労してしまいます。あくまで、血流をよくすることが目的なのでそこは注意しておいてくださいね。歩くのを20~30分行う。階段をつかう。一時間に1回は椅子から立ち上がってうごきまわる。といったことも良いです。

 

この3つを今からしていくだけでも、疲労をへらしていくことに繋がります。

重要度はあえてつけるなら①から順に大事ですね。特に睡眠と食事はカギになりますから、真っ先に対策してみてくださいね。

おわりに

老人

原因不明の腰痛を起こしていく「疲労」について紹介してきましたが、いかがでしたか?

これは様々なことが考えられる中の一つの見解ではありますが、腰痛を改善していくために「疲労」は非常に重要なカギを握っています。これは間違いありません。

疲労からおこる流れと、自分でできる対策を紹介しましたが、腰痛に限らずどんな症状で悩んでいる方でもこのような流れによるものであることが考えられます。そして、この対策はどんな症状にでも基本になります。

体力、回復力を高める基本ですから、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院]Rinato鍼灸整骨院 川上健史郎

大阪市で腰痛に悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」