顎関節症の原因が肝臓‼「意外すぎる原因でした。」

アンケート用紙

福留みさき 24歳 女性 神戸市 事務職 顎関節症

高校生の時から、がく関節症に悩んでいて、

20代前半の時に症状がひどくなり、口が開きづらくなりました。

そこですぐにRinatoさんにみてもらいました。

原因が肝臓が弱っていて、糖分のとりすぎとわかりました。

ずっと噛み合わせや、歯並びの問題だと思っていたので意外すぎる原因でした。

そこから糖分を控えるようにし、Rinatoさんに数回通うだけで、口が開くようになりました!

本当に感謝です。

川上先生ありがとうございました(^▽^)

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

■施術者からのメッセージ

スタッフ写真

福留さん

感想の声ありがとうございました!

長年の顎関節症で、最初は不安そうなお顔をされていましたね。
でも、初回の施術で口がしっかり開くようになって、とっても喜ばれていたのを覚えています。

3回で施術終了して大丈夫な状態になり、
「ほんまに感動しました!お父さんも連れてきます!」
と話してくれて嬉しかったです。

試験頑張ってくださいね〜、また何かあったらいつでも連絡ください。

川上健史郎

同じ症状でお悩みのお客さまの声

再発を繰り返していた逆流性食道炎が改善した患者様の喜びの声
「触るだけで、テニス肘の根本原因が過去の怪我に起因するものと見つけてくれた」
たった4ヶ月で逆流性食道炎が改善しました!