スタッフ紹介

柔道整復師 荒家 甲次

柔道整復師 荒家 甲次

出身地
大阪市東淀川区
資格
柔道整復師
趣味
サッカー,フットサル,パワースポット巡り
今ハマっていること
マッチ棒でお城をつくること(現在熊本城を作成中。いずれ全国のお城を制覇する予定)

幼少時代から青春時代まで

子供の頃は、外で泥だらけになるまで遊ぶ子だったそうです。兄弟喧嘩なんかもよくしていました。
喧嘩などで怪我をすると病院ではなく整骨院に連れていかれていました。

子供の頃はよくわからずとりあえずなにかあればあそこの整骨院に行けばいいと思っていました。 それこそ風邪で行った事も、、、なぜか治っていた(笑)

中学校時代はサッカーに夢中になりました。
全然うまくはなかったのですがボールを蹴るだけで楽しかった。
そしてなぜかプロ選手になれると思っていました(笑)

高校時代もほぼサッカーに明け暮れました。 高校3年生最後の大会前に足首の靭帯を伸ばしました。

病院では試合には間に合わないだろうと言われ、あんなに練習したのにとすごく落ち込みました。

そんな時にスポーツトレーナーの方に出会いました。足にテーピングをすれば大丈夫といわれ半信半疑のままテープを巻いてもらい練習したところ、、、

全然痛くない!!

まるで魔法のようにまったく痛くなかったのです。 このスポーツトレーナーさんのおかげで高校最後の大会に出ることができました。

それからこんな風にスポーツで怪我をしている人を助けたいと思いスポーツトレーナー専門学校に進みテーピング、トレーニング、ストレッチなどを二年間必死で勉強を行いました。

学校に行くと同時にボランティアでアメリカンフットボールのトレーナー活動も始めました。

転機

選手が試合中に大きな怪我をしました。
その時の僕ではなにもすることができずただ立ち尽くすだけでした。
そんな中ヘッドトレーナーが素早く処置をしているのをみて単純にすごいと思いました。その方は整骨院の先生でした。
もっと選手の役に立つようになりたいと思い、柔道整復師の資格を取りにもう一度学校へ。

弟子時代

その時働かせて頂いていたところはスポーツしている人は少なくサラリーマンやOLさん来院されていました。

この人達を治せないと筋肉量が多いスポーツ選手は治せない!!

そう強く感じました。 身体が治って「ありがとう」と感謝されるこの職業に魅力を肌で感じた瞬間でした。

そこでマッサージや関節の調整などを学び、色々なお客さんに接して技術、接客まで徹底的に指導を受けました。

国家試験合格

国家試験も無事1回で合格することができ、心斎橋にある整骨院で働きはじめました。

現在

昨年までは、分院のほのか整骨院で院長として働いていましたが、もっとサッカーに関わっていたいと強く思い、サッカーのコーチの資格を取得しました。

その後、少年サッカーの指導をしながら現在はRinato鍼灸整骨院で働かせて頂いてます。

整体師 三枝 稚奈

整体師 三枝 稚奈

出身地
兵庫県尼崎市
趣味
旅行・映画&テレビ観賞・カラオケ・寝ること
血液型
B型
資格
整体師 日本妊活協会認定整体師 アロマテラピー検定1級 心理カウンセラー2級
好きなこと
旅行・身体を動かすこと・食べること・服

整体師になった理由

幼少期から中学時代

私は小さい頃から身体を動かすことが好きで、よく近所の公園で走ったり、鉄棒をしたり、自転車で走り回ったり、人と話すことも好きだったので毎日のように近所の友達と遊びに出かけるような活発なこどもでした。そのせいかケガも多かった気がします。

 

 

小学4年生からダンスを始め、特に走る事や跳ぶことが好きだったので中学では陸上部に入りました。

毎日の練習のせいか、腰が痛くなることが多く、部活仲間と近所の整骨院に通い始めました。

 

スパイクで走ったり、踏み込んだりすることで捻挫も沢山しましたし、何度も足を痛めたのを覚えています。毎日のように整骨院に通いましたが、全然治らず「元々の腰痛持ちだね~」と整骨院の先生に言われ、中学時代の純粋な私はそれなら腰が痛くてもしょうがないと思っていました。

 

それでも友達と話しながら施術を受けたり、整骨院の先生とのお話が楽しかったので、通う事も苦痛ではなかったことを覚えています。

挫折

中学3年生から軽度の起立性調節障害になり、毎日身体のだるさを感じ、夜は寝たくても眠れず、朝は目覚めが悪く、起きれば頭痛がして午前中に動くということができなくなり、遅刻や欠席をするようになりました。

 

高校生になると何事もなかったかのように普通の生活が出来る様になりましたが、また2年生の途中から症状を感じるようになり、当時の私はその症状が病気だなんて一切思っていなかったので調べることもせず、「自分は朝に起きれないし、気合が足りないんだ。みんなと同じ生活ができないダメな人間だ。」と思い込んでいました。

それでも親の為にも中退はしたくない!と思い、欠席や遅刻をする日もありましたが、単位や出席日数を落とすことはなく、無事に卒業することが出来ました。

 

 

高校卒業後は就職をするつもりでしたが、他にも色々な経験をしたい、人と関わる仕事がしたい、誰かのためになる仕事がしたい、身体に関わる仕事に就きたいと思い、鍼灸の専門学校に進学することを決めました。

 

専門学校に進学すると、また症状は治まり普通に学校に通えるようになりましたが、学費を稼ぐためにアルバイトを掛け持ちしていたこともあり、夜遅くに帰っては朝から学校に行き、学校が終わればアルバイトに行きという生活を続けているうちに、気が付けば以前よりも症状がひどくなり、更には貧血や立ちくらみまで感じ、自律神経の乱れも感じるようになりました。

 

そのうち学校に通うことが出来なくなり、自分は本当にこの仕事に就きたいのだろうか…と悩み、休学をすることを決めます。

転機

そのまま就職をして、したいことを経験しないまま年を重ねてしまうときっと後悔してしまうと思い、開き直ったことで、好きなことや経験してみたかったこと、興味のあった仕事を自由にしているうちに、気が付けば症状が出ることがなくなったのです!!

 

ストレスは気付かないうちに溜まってしまうということと、ストレスがこんなにも身体に影響を与えるということを身をもって体感しました。

 

休学の期間に興味のあった仕事を後悔しないように色々してみましたが、この仕事を一生の仕事にしたいか、と考えた時にやはりその仕事ではなく、「私はやっぱり身体に関わる仕事がしたい!!!」と改めて思えたのです。

 

その中でも自分はどんなことがしたいのかを考えていると、小さい頃に身の回りの大人たちにマッサージをして喜んでもらえたことがすごく嬉しかったことをふと思い出したのです。

祖父母や両親はもちろん、親戚や両親の友達がお家に遊びに来るたびにマッサージをし「上手やね~気持ちいいよ。ありがとう。」とありがとうと言われることが嬉しく、自らすすんでしていました。そのこともあり、だれかの役に立つことをしたいと強く思ったのです。

 

すべてを解消することが出来た上に、気持ちの持ち方や改めて身体の大切さを学ぶことが出来、本当に自分のしたかったことを見つけることが出来たので今では自分にとってすべてすごく必要な期間だったと思っています。

 

 

そして、今ではRinato鍼灸整骨院に出会い、自分で回復できる身体作りのお手伝いが出来ていることを嬉しく感じています。

 

ただただ、毎日のように整骨院に通い、電気をあて、マッサージを受けるだけでは10代前半の若い体でも症状が良くならない事、溜め込むことで体調を崩し、症状が出ることを身をもって実感し、溜め込んでいることを簡単には吐き出せないということや、少しの積み重なりでも症状に繋がるということが分かる私だからこそ、皆様のはけ口になり、関わった全ての人に少しでも心も体も楽になってもらえるように日々勉強に励み、皆様の助けになれるよう頑張っていきます!

柔道整復師 戸崎 高志

柔道整復師 戸崎 高志

出身
島根県安来市
血液型
O型
資格
柔道整復師
趣味
野球(中学から高校までプレーしていました)

修行時代と挫折

専門学校で3年間勉強したのち、無事に国家資格の柔道整復師を取得しました。

 

資格取得後は整形外科でのリハビリを経験し、毎週行う院内カンファレンスで整形外科の知識を習得していきました。

そして、知識や経験を積み担当できる患者様も増えて、喜んで頂けることも増えていきやりがいと嬉しさを感じたのを覚えています。

 

そんな中、知り合いの紹介で整骨院の院長をしてみないかという誘いを頂きました。

これは自分のスキルアップのために良いチャレンジだと思い、誘いを受け一つの院を任せて頂く事になりました。

 

しかし、ここから苦しい日々が続きました。

整形で経験を積んでいたから何とかなるだろうという小さな自信は、しばらくして慢心だった事に気づきました。

 

なかなか症状が改善しない、その時は良くなっても次に来られた時には元に戻っている。

「なんで…?」

それから今まで以上に必死に勉強しました。

解剖学、運動学、生理学、トレーニング指導...ex

転機

勉強していく中で「症状は結果であって原因ではない」と言う事を教えてもらった時に今までの考えが一変しました。

だから「良くならなかったのか」「元に戻ってしまうのか」すごく納得しました。

それからは「本当の原因は何か」という事を考えながら治療をしていくことで今まで改善できなかった症状も良くなっていきました。

人の身体は本当に奥深いので、これからも日々患者さんの為に学び向上していきます。

そして、当院に来て良かったと思って頂けるように、全力でお手伝いさせて頂きます。

鍼灸師 藤井 栄二

鍼灸師 藤井 栄二

出身
大阪市福島区
血液型
A型
資格
柔道整復師 鍼灸師 あんまマッサージ指圧師
趣味
旅行 お酒の飲み歩き マラソン

治療家を目指したきっかけ

僕は生まれつき心臓に病気を持っていて、身体が弱い子供でした。
成長していく中でも弱いままで小さい時から高校時代までに骨折などの怪我を繰り返して
いました。

そこで整骨院の先生に出会い色々治療して頂き、現在は健康な身体で働く事が出来ていま
す。

そして、いつか僕も人に役立つ仕事がしたいと思い治療家を目指しました。

修行時代と挫折

専門学校に入り資格を取得し整骨院で働き始め、技術の練習や勉強を重ね治療に入る事が
出来るようになり、患者さんにも喜んで頂けるようにもなっていきました。
しかし治療後は良くなっても、また悪くなって来られる患者さんも居ました。
治療後に「ありがとう」と言われて嬉しかったのですが、本当にこれで良いのかと思うよ
うになっていきました。

転機

そういった状況が続き自分の目指す道が見えなくなっていった、
その時にRinato鍼灸整骨院の患者さんの原因を見つけ「根本的」に治していくという理念を見て、ここなら自分のやりたかった事が出来ると感じました。
入社してからも驚きの連続で毎日良い刺激を受けています。

これからも皆様のお手伝いが出来るように、日々勉強を重ねていきます。

宜しくお願い致します。

柔道整復師 長野 寛太

柔道整復師 長野 寛太

出身地
奈良県 橿原市
血液型
B型
資格
柔道整復師
趣味
ユニバに行くこと、サーフィンをすること、ゴルフをすること

整体師になった理由

幼少期から青春時代まで

僕は、小学校5年生から高校3年間まで野球をしていました。

少年野球では外野を守り、中学と高校では内野を守っていました。

少年野球と中学野球では軟式野球をしていたのですが高校に進学する際に、当時テレビで甲子園を見ていた時、自分もこんなかっこいい高校生になりたいと思い、硬式野球部がある高校を受験しました。

しかし今までずっと軟式野球だったため、初めて触る硬式ボールになかなか慣れることが出来ずまた、日々の練習で今まで以上に肩を酷使するようになり次第に肩を壊していきました。

しかし、肩が痛いからといって休んでいるとその間に、周りの仲間たちは一生懸命に練習をしていて、その姿を見るとすごくおいていかれる気分になり少々痛くても隠して練習をしていました。

痛みをかばいながら投げるため変な投げ方の癖がつき、いわゆるイップスみたいな感じになり今まで普通に投げれていたボールの投げ方さえも忘れてしまうほどになってしまいました。

そこまでになっても病院に行って治療しようとはせず、練習を続けてしまっていました。痛いのに練習をしないと仲間たちにおいていかれてしまうという焦りでよく家族にあたったりしていました。

 

転機

そんな時、野球部の友達が整骨院を紹介してくれて、最初は全く乗り気ではなく無理やり連れて行かれている感じでした。

しかし、それが整骨院の先生を目指そうと志したきっかけとなりました。
なぜなら、整骨院で働いている方全員が患者さんを治すことに必死で治療に取り組まれてこんなにもやりがいのある仕事があるんだなと高校生ながらに思ったからです。

また担当していただいた先生は肩の治療だけでなく不安や焦りなどのメンタル面でもサポートしていただきすごく救われました。

それから自分も人の人生に寄り添える職業に就きたいと考え柔道整復師の専門学校に進学し無事に免許を取得しました。

これからは私が皆さまのお悩みに寄り添って、また苦痛を一日でも早く取り除けるように頑張りますので、よろしくお願い致します。

柔道整復師 中嶋 真琴

柔道整復師 中嶋 真琴

出身地
三重県
血液型
O型
資格
柔道整復師 アロマテラピー1級
趣味
テニス ボルダリング マラソン お笑い パン屋めぐり ピアス集め

治療家を目指したきっかけ

私が治療家を目指したきっかけは、小学生時代から続けているテニスです。

試合でいい成績を残すことを一番に考え学生時代を送りました。

そのためか怪我をすることが多く、学校の近くの整骨院でよくお世話になっていました。

ある時、大切な試合に向けて練習をしているとボールが目に当たり怪我をしてしまいました。そして次の日、目があまり見えないまま練習をし足首を捻挫してしまいました。

明日試合なのにどうしようと思い、泣きながら整骨院に行きました。

特別な治療をしてもらったわけではないのですが、足首の痛みはもちろん、なぜか目の痛みも無くなっていました。

その時から私も選手や、怪我をして困っている人の力になりたいと思うようになりました。

そこで母から将来何があるか分からないのだから手に職を付けなさいと強く言われていたので悩んだ末、国家資格の柔道整復師になろうと決めました。

修業時代と挫折

国家試験に合格していざ整骨院で働いてみると痛くなくなったわ、ありがとう!

といって帰っていく患者さんの反応に最初は嬉しく思っていました。

しかし何日か後に、また痛くなったと。治療後には痛くなくなったわ、ありがとう!

と言って帰っていく日々が続きました。

自分の中で何かおかしいなと思いながらどうすることもできず、思い切って転職しようと決め、スポーツ関係の仕事につきました。治療とは違う形でしたが、好きなスポーツに関われてやりがいを感じていました。

転機

しかし治療家として尊敬している先輩方から治療といっても1つではなく、治し方にも意味があり自分の院を持ち患者さんから多くの信頼を得て毎日やりがいを感じて働けていると話を聞いて刺激をもらい、やっぱり治療がしたい!痛みの原因をつきとめて根本的に治せる技術を習得したい!と考えている時、Rinato鍼灸整骨院に出会いました。

今はこちらで勉学に励み、様々な症状を抱え来院された皆様の力になれるよう全力を尽くしていきます。宜しくお願い致します。