スタッフ紹介

Rinato鍼灸整骨院 院長 石水孝幸

Rinato鍼灸整骨院 院長 石水孝幸

出身地
大阪府寝屋川市
趣味
映画鑑賞・読書・喫茶店めぐり・テニス・ボーリング
血液型
O型
資格
スポーツトレーナー 柔道整復師
好きな言葉
「一期一会」

施術家になるまで

幼少期から高校時代まで

子供の頃からよくケガをして泣いていました。

当時から落ち着きがなかったのか、ブランコに頭をぶつけたり

塀から落ちて死にかけたりと人と話す事や体を動かす事が

なにより好きな幼少時代でした。

 

そんな幼少期から高校生になり、テニスに没頭する毎日を送っていました。

しかしある時に腰に違和感が・・。

 

放っといてもその内に楽になるだろうと・・。

しかし痛みは引くどころか、どんどん痛みは増していきます。

あれこれはやばいかな、そんな風に思った時にはもう遅いものです。

 

病院でついた診断は「椎間板ヘルニア」テニスを全力でやる事は

もうできないそれが医師から告げられた事でした。

一生懸命努力をしていても健康をおろそかにする事がこんなに

一瞬で痛い目になる事を経験した高校時代でした。

 

そこから自分のように体を痛めてやりたい事を諦めないといけなくなった人を救いたいと中学生の時から興味のあったスポーツトレーナーに

なろうと勉強を始めました。

修業時代

無事にスポーツトレーナーの専門学校を卒業した後にもっと勉強をしたくなり

国家資格である柔道整復師の専門学校に入学。

それと同時に整骨院にて勤務をはじめました。

そこでの勤務は過酷な毎日です。

初めはマッサージの研修です、くる日もくる日も朝早くから終電まで練習をしていました。

これで自分のように体の痛みでやりたい事をできなくなった人を救う事ができると思って練習に明け暮れていました。

それから努力をした結果がお客さんを徐々に任してもらえるようになりました。

Yさんとの出会い

そんな時に自分が担当になったYさん。

すごく上品な白髪のおばあちゃん口癖は「いつもありがとうね。」

膝が悪く歩くのも杖をついて毎日歩いていました。
Yさんの夢は杖をつかなくても歩けるようになって以前のように旅行をしたい
との事でした。

 

ある程度結果もでていたので、
Yさんに自信をもって「杖を使わなくても大丈夫なようにがんばりましょう。」

と言ったものの・・。

 

2回目3回目一向に状態が良くならない。

別の人には結果がでていたのにYさんの状態は一向に変わらない。

そこから試行錯誤が始まりました。

 

全国でも有名な先生の所に言ってはYさんの症状を相談して

施術法を教えてもらいます。

大阪に帰ってきたら試してみる。

 

結果はなぜか思った程でない。

寝ないで必死に勉強をしました。

色々な勉強会に参加し技術を高める事に必死でした。

 

Yさんの「先生、治ったよありがとう」

この一言を聞く為に。

 

それでも中々結果のでない毎日、Yさんは苦しいはずなのに

僕の事を慰めてくれます。

「先生は頑張っているのに出来の悪いお客でごめんね。」

 

そんな気遣いのできるYさん、けど僕は逆にそれを聞くたびに苦しい

気持ちになってしまう。

 

いっその事このまま来なくなったら気が楽になるのになんて事を思ってしまう。

施術家として失格ですね。

そんな日々が続いて半年が過ぎた頃に院に一通の手紙が届きます。

手紙の主はもちろんYさんです。

そこには

「毎週先生の施術を受けて以前より体が軽くなっています。けど息子に大学病院で手術をするようにと強く薦められて病院での手術を受ける事にしました。先生の一生懸命さといつも楽しく会話をしてくれて本当に楽しかったです。
先生、本当にありがとう。」

 

確かこんな内容だったような気がします。

自分の不甲斐なさに涙が止まりませんでした。
もっと勉強してもっと練習してYさんを驚かせるような施術家になろうと

決心をした日でした。

お客さんへの覚悟

それからというもの一層勉強にはげみました。

それこそ日曜日も祝日もどんなに忙しくても全国の勉強会に参加をするものだから周囲の人は

 

「なんでそんなに技術を勉強するの?」とか

「もう充分でしょ。」など色々言われます。

 

技術バカと言われている事は知っていました。

友達と遊びに行く事も無かったのでどんどん友達も減りました。

それでもYさんを改善できるような施術家になるにはこれぐらいの努力は当たり前。

 

いやまたYさんと同じような結果にしたくは無いと思って頑張ってきました。

そんな生活を10年以上続けてやっと今に至ります。

今では全国の整体院の院長先生に技術を教えたり協会の理事を勤めたりと

業界でもそれなりに貢献できています。

 

お客さんは大阪だけではなく他府県からも多く来院頂けるようになりました。

毎週新幹線に乗って来院される方もいらっしゃいます。

それで満足かと言われればもちろん満足はしていません。

 

Rinato鍼灸整骨院では本当に体を良くして自分のやりたい事をしっかりできるように全力でサポートするという事をお約束しています。

1日でも早く改善する施術を提供する為に今も日本や海外の手技を研鑽しています。

 

全ては出会う人の「先生治ったよ、ありがとう」という一言を聞く為に全力でサポートをさせてもらいます。

もしあなたがしたい事があるのに体の痛みや不調によってできない事があるならRinato鍼灸整骨院に一度ご相談ください。

スペシャリスト施術スタッフ 柔道整復師 川上 健史郎

スペシャリスト施術スタッフ 柔道整復師 川上 健史郎

趣味
旅行 キャンプ サーフィン(初心者)
血液型
A型
資格
柔道整復師 自律神経整体師 コアコンディショニングトレーナー
好きなこと
マーボー丼 パスタ スポーツ 人の話を聞くこと

整体師になった理由

幼少期から高校時代

小学生からバスケットボールを始め、高校までの9年間ほぼ休み無く練習に励んできました。
中学生の時、先輩が全国大会でベスト16の成績を残し、それに続けと朝から晩まで過酷な練習の日々。
足を捻挫したり、膝の故障、指や肩の損傷をするたびに整骨院に通い施術してもらっていました。
多少の痛みでは休めないので、毎日ケアしながら練習できて本当に助かり、この職業に興味を持ち始めたことを覚えています。

 

中学2年の時、初めて腰が痛くなりいつものように施術に通いながらテーピングやコルセットをしつつ練習に励んでいましたが、
痛みが日に日に増してきて、動くことが本当に辛くなり先生に「腰が痛いので休ませて下さい」と初めて伝えました。
でも、「みんなどこかが痛くても頑張っているのに自分だけ休んでいいのか?」という罪悪感があり、その後は無理して練習を再開。
もちろん悪化し、とうとう片脚がシビレて歩けなくなりグラウンドに倒れてしまい、仲間に肩を担いでもらって病院に運ばれました。

「腰椎椎間板ヘルニアですね、手術も頭に入れておいてください」

頭が真っ白になりました。
「もうバスケできひんのちゃうんか…高校でのバスケは?椎間板ヘルニアって何やねん…」
ただただ不安と恐怖でいっぱいになり、痛み止めの注射も呆然としたまま打たれました。

 

そこから、週に3回病院で三ヶ月ほど施術を受けつづけましたが中々回復せず、高校では無理か…と諦めかけていましたが、
「大丈夫、何とかなる!」病院と整骨院の先生に明るく励まされ、諦めずに根気良く施術を受けていくうちにどんどんシビレも痛みも回復していき、
簡単な練習には参加できるようになってきました。そして、半年後には完治して痛みの不安なく練習できるまでに!

 

高校では3年間痛みを忘れて、全力で仲間とバスケができ近畿大会に出場する事ができました。今でも感謝しています。
この経験から将来自分と同じように痛みに困っている人を助ける仕事をしたい!と、施術家になる決意をしました。

修業時代

しかし、そんな決意をもって現場に出るものの、現実は違いました。
最初に入った職場では、マッサージをいかに上手くできるか?いかにお客さんを待たさず回せるか?
来るお客さんは毎日同じ人ばかりで、世間話をしに集まる場所みたいな風潮に違和感を感じていました。

 

毎日でんきをあてて、マッサージをして、温めて、マッサージ器にのってもらい、帰ってもらう…
「これでいいのかな?」「整骨院って、施術ってこれでいいのか?」そんな疑問をもち続けて日々過ごしていました。

転機

数年後、施術家の先輩(現院長)に相談・整体院の見学をお願いして会いに行きました。
「すべて全然違う…」
検査、施術、指導、対応…。自分が恥ずかしくなったと同時に、これが理想の院だと希望が湧いてきたことを今でも覚えています。

 

その後、先輩の勉強会に参加させてもらい、お客さんへの対応・施術をマネしていくと「ありがとう、先生のおかげやわ」と言われ遠方からも頼って来院してもらえる自分に変わっていきました。
素直に嬉しかったです。そこから、自分の施術家人生がハッキリと変わったことは間違いありません。

しばらく整体院を任されて日々施術に取り組んだ後に、院長に声をかけてもらい、Rinato鍼灸整骨院で働くことになりました。

 

今では沢山のスタッフにも囲まれ、全国の整体院からも推薦される「信頼され、治せる施術家チーム」が形成されてきていると実感しています。
うちに来て頂くお客さんから「ありがとう」と笑顔で喜んでもらえるよう、日々全員で成長していきたいと思います。

鍼灸師 宮武 伊都

鍼灸師 宮武 伊都

趣味
読書 映画鑑賞
血液型
B型
資格
鍼灸師 アロマテラピー検定1級
好きなこと
色んなジャンルの小説や漫画を読むこと

鍼灸師になるまで

幼少期から学生時代

幼い頃から漠然とマッサージする人になりたいと思っていました。親に肩たたきをしてありがとうと言ってもらうことが好きだったからかもしれません。
小学生のころの将来の夢という作文でもマッサージ師になる!と、書いていました。

 

そのまま中学高校と進学していくにつれ、人が喜んでくれて、ありがとうと言ってもらえる鍼灸師になりたいと思うようになり、鍼灸師の専門学校に入学しました。

挫折

私は19歳になるまで1度も肩こりや腰痛になったことがなかったのですが、リラクゼーションサロンでアルバイトを始めてから身体の怠さを感じるようになりました。サロンがあまりにも人手不足で朝から夕方まで学校に行き、出来るだけ早くサロンに行き帰宅するのは夜の2時過ぎという生活を続けていたので毎日くたくたでした。

そんなある日の帰り道雨上がりのコンクリートのせいで原付のタイヤが滑ってこけてしまい手首を痛めてしまいました。病院に行くと全治3ヶ月ですと言われました。

 

ただでさえ人がいないのにどうしよう…と思いながら店長に話をしました。すると、「ほんまに痛いん?右手使われへんくてもマッサージできるよな?」と言われ、結局痛さを我慢しながら働きましたが、大丈夫?の一言もなく嘘をついてるのでは?と疑われたことでここで働く意味ってなんなんやろうと思い辞める決意をしました。

 

辞めさせてもらった時は、右手首を庇って左手ばっかり使っていたので身体が相当歪んでいて、毎日しんどかったので整骨院に行きました。整骨院に行くのは初めてでしたが、その時の整骨院の先生は症状についてだけではなく辛かった話も親身に聞いてくださり、身体のしんどさと一緒に心のしんどさも軽くしてくれました。
しかし、身体は軽くなっても心の傷が深かったのか、他人を信じるということができなくなっていました。

転機

そんなときに救われたのは私が尊敬している先生が言ってくれた一言でした。
「私も人間やから助けて欲しいときがある。宮武さんが困ってたら助けるから私が困ってたら助けてな!」

この言葉を聞いて、こんなすごい先生でも私が助けになることってあるのかな?ああそうやった、私は人を助けることができる人になりたかったんや。と、忘れかけていた自分の気持ちを思い出しました。

 

それからは、暗い気持ちで過ごしてももったいない!と思うようになり、必死で勉強し鍼灸師の国家試験を無事合格して今の職場で働かせてもらっています。
試験があったり大変ですが、そのための研修もちゃんとあり、やりがいを感じています。

鍼灸師になるという目標は叶えました。なのでこれからは一人でも多くのお客さんに治ったよ!ありがとう!と喜んでもらえるように日々精進していきます。

 

柔道整復師 荒家 甲次

柔道整復師 荒家 甲次

出身地
大阪市東淀川区
資格
柔道整復師
趣味
サッカー,フットサル,パワースポット巡り
今ハマっていること
マッチ棒でお城をつくること(現在熊本城を作成中。いずれ全国のお城を制覇する予定)

幼少時代から青春時代まで

子供の頃は、外で泥だらけになるまで遊ぶ子だったそうです。兄弟喧嘩なんかもよくしていました。
喧嘩などで怪我をすると病院ではなく整骨院に連れていかれていました。

子供の頃はよくわからずとりあえずなにかあればあそこの整骨院に行けばいいと思っていました。 それこそ風邪で行った事も、、、なぜか治っていた(笑)

中学校時代はサッカーに夢中になりました。
全然うまくはなかったのですがボールを蹴るだけで楽しかった。
そしてなぜかプロ選手になれると思っていました(笑)

高校時代もほぼサッカーに明け暮れました。 高校3年生最後の大会前に足首の靭帯を伸ばしました。

病院では試合には間に合わないだろうと言われ、あんなに練習したのにとすごく落ち込みました。

そんな時にスポーツトレーナーの方に出会いました。足にテーピングをすれば大丈夫といわれ半信半疑のままテープを巻いてもらい練習したところ、、、

全然痛くない!!

まるで魔法のようにまったく痛くなかったのです。 このスポーツトレーナーさんのおかげで高校最後の大会に出ることができました。

それからこんな風にスポーツで怪我をしている人を助けたいと思いスポーツトレーナー専門学校に進みテーピング、トレーニング、ストレッチなどを二年間必死で勉強を行いました。

学校に行くと同時にボランティアでアメリカンフットボールのトレーナー活動も始めました。

転機

選手が試合中に大きな怪我をしました。
その時の僕ではなにもすることができずただ立ち尽くすだけでした。
そんな中ヘッドトレーナーが素早く処置をしているのをみて単純にすごいと思いました。その方は整骨院の先生でした。
もっと選手の役に立つようになりたいと思い、柔道整復師の資格を取りにもう一度学校へ。

弟子時代

その時働かせて頂いていたところはスポーツしている人は少なくサラリーマンやOLさん来院されていました。

この人達を治せないと筋肉量が多いスポーツ選手は治せない!!

そう強く感じました。 身体が治って「ありがとう」と感謝されるこの職業に魅力を肌で感じた瞬間でした。

そこでマッサージや関節の調整などを学び、色々なお客さんに接して技術、接客まで徹底的に指導を受けました。

国家試験合格

国家試験も無事1回で合格することができ、心斎橋にある整骨院で働きはじめました。

現在

昨年までは、分院のほのか整骨院で院長として働いていましたが、もっとサッカーに関わっていたいと強く思い、サッカーのコーチの資格を取得しました。

その後、少年サッカーの指導をしながら現在はRinato鍼灸整骨院で働かせて頂いてます。

鍼灸師 井ノ内 努

鍼灸師 井ノ内 努

出身地
滋賀県
血液型
A型
資格
鍼灸師 自律神経整体師
趣味
カメラ
今ハマっているもの
自転車

施術家を目指した理由

幼少期から水泳に器械体操、学生時代は陸上競技と小さい頃からスポーツに慣れ親しんできた幼少時代でした。

 

ただ、ある程度まではいつも順調にいくのですが、必ずと言っていいほどケガを起こしてしまい、苦しんでいました。

特に体操をしていた時に鉄棒から落下し、腰を痛めてから腰痛との付き合いは長く、中学生時代にも骨盤の骨を剥離骨折するなど状態は悪化してく一方でした。

 

当然高校でも腰痛と付き合いながら騙し騙し競技を続けていましたが、練習も休みがちになってしまい、辛かったのを今でも覚えています。

そんな高校時代に卒業生でスポーツトレーナーの方が指導に来てくださる機会がありました。

その方の言うことは自分にとっては新鮮でしたし、その方の指導やトレーニングを実践していくことで、痛みが出にくい体になっていき、高校2年からは休みなく引退まで競技に取り組むことができました。

 

この経験から僕もスポーツトレーナーというものに興味を持ち、またその方が鍼灸の資格を持っていたことから鍼灸師を目指せる学校に通うことに決めました。

修行時代と挫折

修行時代は小さな接骨院に勤めました。

老若男女問わず来院される院で、周りに学校もありスポーツをしている学生も多く来てくださいました。

そこでの経験は基本的な接客から多くのことを学び、今でも施術家としての基盤になっています。

 

さらなるステップアップを図ろうとトレーニングや医療関係の知識を入れようと挑戦しました。

 

しかしそこから自分の中で上手くいかない時期が続きます。

接骨院でお客と接していた頃の充実感が全く出てきませんでした。

この頃から自分が本当にしたいことはなんだろうと疑問を感じるようになりました。

転機

ある時、自分の父親が変形性の股関節脱臼で手術をすることになったと聞きました。

以前から股関節の痛みを訴えていましたが、そこまで悪化していたことに気づけなかった自分に腹が立ったのを今でも覚えています。

 

この時に自分は痛みに苦しんでいる人を助けたかったんだと改めて思い起こしました。

そこからはスイッチが入ったように施術に関して勉強し直して、Rinato鍼灸整骨院に出会いました。

 

手術を受けなくても大丈夫なような体作りを目指せる。

それが実現できる確かな技術が手技だけでできることに衝撃を覚えました。

今では素晴らしい技術を持ったスタッフに囲まれ、自分も向上心を持って毎日が充実しています。

 

自分の父親と同じようになる人が減らせるように、痛みで苦しんでいる人の助けになれるようにさらに成長していきたいと思います。

整体師 三枝 稚奈

整体師 三枝 稚奈

出身地
兵庫県尼崎市
趣味
旅行・映画&テレビ観賞・カラオケ・寝ること
血液型
B型
資格
整体師 日本妊活協会認定整体師
好きなこと
身体を動かすこと・食べること・服

整体師になった理由

幼少期から中学時代

私は小さい頃から身体を動かすことが好きで、よく近所の公園で走ったり、鉄棒をしたり、自転車で走り回ったり、人と話すことも好きだったので毎日のように近所の友達と遊びに出かけるような活発なこどもでした。そのせいかケガも多かった気がします。

 

 

小学4年生からダンスを始め、特に走る事や跳ぶことが好きだったので中学では陸上部に入りました。

毎日の練習のせいか、腰が痛くなることが多く、部活仲間と近所の整骨院に通い始めました。

 

スパイクで走ったり、踏み込んだりすることで捻挫も沢山しましたし、何度も足を痛めたのを覚えています。毎日のように整骨院に通いましたが、全然治らず「元々の腰痛持ちだね~」と整骨院の先生に言われ、中学時代の純粋な私はそれなら腰が痛くてもしょうがないと思っていました。

 

それでも友達と話しながら施術を受けたり、整骨院の先生とのお話が楽しかったので、通う事も苦痛ではなかったことを覚えています。

挫折

中学3年生から軽度の起立性調節障害になり、毎日身体のだるさを感じ、夜は寝たくても眠れず、朝は目覚めが悪く、起きれば頭痛がして午前中に動くということができなくなり、遅刻や欠席をするようになりました。

 

高校生になると何事もなかったかのように普通の生活が出来る様になりましたが、また2年生の途中から症状を感じるようになり、当時の私はその症状が病気だなんて一切思っていなかったので調べることもせず、「自分は朝に起きれないし、気合が足りないんだ。みんなと同じ生活ができないダメな人間だ。」と思い込んでいました。

それでも親の為にも中退はしたくない!と思い、欠席や遅刻をする日もありましたが、単位や出席日数を落とすことはなく、無事に卒業することが出来ました。

 

 

高校卒業後は就職をするつもりでしたが、他にも色々な経験をしたい、人と関わる仕事がしたい、誰かのためになる仕事がしたい、身体に関わる仕事に就きたいと思い、鍼灸の専門学校に進学することを決めました。

 

専門学校に進学すると、また症状は治まり普通に学校に通えるようになりましたが、学費を稼ぐためにアルバイトを掛け持ちしていたこともあり、夜遅くに帰っては朝から学校に行き、学校が終わればアルバイトに行きという生活を続けているうちに、気が付けば以前よりも症状がひどくなり、更には貧血や立ちくらみまで感じ、自律神経の乱れも感じるようになりました。

 

そのうち学校に通うことが出来なくなり、自分は本当にこの仕事に就きたいのだろうか…と悩み、休学をすることを決めます。

転機

そのまま就職をして、したいことを経験しないまま年を重ねてしまうときっと後悔してしまうと思い、開き直ったことで、好きなことや経験してみたかったこと、興味のあった仕事を自由にしているうちに、気が付けば症状が出ることがなくなったのです!!

 

ストレスは気付かないうちに溜まってしまうということと、ストレスがこんなにも身体に影響を与えるということを身をもって体感しました。

 

休学の期間に興味のあった仕事を後悔しないように色々してみましたが、この仕事を一生の仕事にしたいか、と考えた時にやはりその仕事ではなく、「私はやっぱり身体に関わる仕事がしたい!!!」と改めて思えたのです。

 

その中でも自分はどんなことがしたいのかを考えていると、小さい頃に身の回りの大人たちにマッサージをして喜んでもらえたことがすごく嬉しかったことをふと思い出したのです。

祖父母や両親はもちろん、親戚や両親の友達がお家に遊びに来るたびにマッサージをし「上手やね~気持ちいいよ。ありがとう。」とありがとうと言われることが嬉しく、自らすすんでしていました。そのこともあり、だれかの役に立つことをしたいと強く思ったのです。

 

すべてを解消することが出来た上に、気持ちの持ち方や改めて身体の大切さを学ぶことが出来、本当に自分のしたかったことを見つけることが出来たので今では自分にとってすべてすごく必要な期間だったと思っています。

 

 

そして、今ではRinato鍼灸整骨院に出会い、自分で回復できる身体作りのお手伝いが出来ていることを嬉しく感じています。

 

ただただ、毎日のように整骨院に通い、電気をあて、マッサージを受けるだけでは10代前半の若い体でも症状が良くならない事、溜め込むことで体調を崩し、症状が出ることを身をもって実感し、溜め込んでいることを簡単には吐き出せないということや、少しの積み重なりでも症状に繋がるということが分かる私だからこそ、皆様のはけ口になり、関わった全ての人に少しでも心も体も楽になってもらえるように日々勉強に励み、皆様の助けになれるよう頑張っていきます!

柔道整復師 戸崎 高志

柔道整復師 戸崎 高志

出身
島根県安来市
血液型
O型
資格
柔道整復師
趣味
野球(中学から高校までプレーしていました)

修行時代と挫折

専門学校で3年間勉強したのち、無事に国家資格の柔道整復師を取得しました。

 

資格取得後は整形外科でのリハビリを経験し、毎週行う院内カンファレンスで整形外科の知識を習得していきました。

そして、知識や経験を積み担当できる患者様も増えて、喜んで頂けることも増えていきやりがいと嬉しさを感じたのを覚えています。

 

そんな中、知り合いの紹介で整骨院の院長をしてみないかという誘いを頂きました。

これは自分のスキルアップのために良いチャレンジだと思い、誘いを受け一つの院を任せて頂く事になりました。

 

しかし、ここから苦しい日々が続きました。

整形で経験を積んでいたから何とかなるだろうという小さな自信は、しばらくして慢心だった事に気づきました。

 

なかなか症状が改善しない、その時は良くなっても次に来られた時には元に戻っている。

「なんで…?」

それから今まで以上に必死に勉強しました。

解剖学、運動学、生理学、トレーニング指導...ex

転機

勉強していく中で「症状は結果であって原因ではない」と言う事を教えてもらった時に今までの考えが一変しました。

だから「良くならなかったのか」「元に戻ってしまうのか」すごく納得しました。

それからは「本当の原因は何か」という事を考えながら治療をしていくことで今まで改善できなかった症状も良くなっていきました。

人の身体は本当に奥深いので、これからも日々患者さんの為に学び向上していきます。

そして、当院に来て良かったと思って頂けるように、全力でお手伝いさせて頂きます。