足底筋膜炎の対処法

ふくらはぎの下のほう(ヒラメ筋)を伸ばすストレッチです。

片膝を立てたような状態で、ポイントとしては自分の胸で立てているほうの太モモを押してください。
ふくらはぎの下のほうが伸びている実感する。10秒から20秒行います。逆の足も同様に行います。

続いて、ふくらはぎの上(腓腹筋・ひふくきん)の筋肉を伸ばすストレッチです。 ポイントとしては、 左足のかかとは地面につけるようにする。(硬い方はきついと思うので、ふくらはぎが伸びていればそれで良いです。)
必ず左足の膝を伸ばした状態で行う。(ふくらはぎの上の筋肉は、膝の上のまであるので、膝を伸ばさなければストレッチにならないため)
右足は、左足アキレス腱あたりに軽く添える。 ふくらはぎの上のほうが伸びていることを実感する 。 ふくらはぎの上のほう伸びていることが実感できて初めてこのストレッチが効いていることになりますので、ふくらはぎの上のほうが伸びた感じがしない方は、やり方が少し間違っているのかもしれません。

続いて、足底筋膜そのものもストレッチをしてください。 足底筋膜がかかとに付着する部分で微細断裂を起こしている可能性があります。

このような場合は、ご自分でのストレッチではなく、早期に治療にいらっしゃることをお勧め致します。 よく患者さんに「ストレッチの時間はどのぐらい伸ばせば良い?」と聞かれます。
だいたい最低でも10秒以上20秒ぐらいで行ってください。 ストレッチで気を付けないといけないのが、強くやれば効くと勘違いしている方がいらっしゃいますが、目安はご自分で「伸びてて気持ち良い」程度にしてください。
走った後は必ず行うようにください。現在、足底に痛みがない方でも、上記のストレッチをすることにより、足底筋膜炎の予防につながります。 現在、足底に痛みのある方は、毎日2~3回、マメに行ってください。

足底筋膜炎のストレッチ動画を見ながら一緒に改善していきましょう!!

症状の改善について詳しくはこちら

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」