胸郭出口症候群の原因と対策とは?

腕の痛み画像

手を挙げていると手がしびれてくる

細かい作業をしていると手がしびれてくる

朝起きると手がしびれている

 

このような症状が出ているあなたはもしかしたら「胸郭出口症候群」かもしれません。

同じような症状で椎間板ヘルニアもありますがこの二つは原因が違う場所にあるので対処方法も変わってきます。

この記事では胸郭出口症候群と頚椎椎間板ヘルニアの違い、原因、セルフチェック、セルフケアをお伝えしていきます。

 

胸郭出口症候群とは?

 

手がしびれる疾患で有名なのは頚椎椎間板ヘルニアですが、同じく手がしびれる胸郭出口症候群があります。

胸郭出口症候群とは、「斜角筋」「肋鎖」「小胸筋」「頚肋」このいずれかの部位で血管や神経を圧迫することで腕や背中に痛み、しびれ、だるさなどの症状を引き起こす疾患です。

 

重症な例では血流が低下し手のひらや腕が青白くなることもあります。

多くの場合は青白くなるほどはいかず、しびれやだるさ、痛みが出てきます。

日常生活では手を挙げて作業をする時、手を使って作業をする時などに多く症状が出てきます。

 

圧迫される場所は下の図のような場所で起こります。

斜角筋の間を神経と血管が通っています。斜角筋が緊張し固くなることで血管や神経を圧迫し症状を発生させます

肋鎖とは肋骨と鎖骨の隙間の事で、この肋骨と鎖骨の隙間を神経と血管が通っているのですが隙間が小さくなることで圧迫が起こり症状を発生させます。

小胸筋の部分では小胸筋の下を血管と神経が通っているので小胸筋が緊張して神経と血管を圧迫することで症状を発生させます。

頚肋とは頚椎から余分な骨が出てきてしまうもので、頚肋があることで神経や血管を圧迫し症状を発生させます。他の3つの原因に比べるとかなりまれなケースです。

 

胸郭出口症候群の原因とは?

考える人

前の項目では胸郭出口症候群がどのような疾患か説明しましたが、この項目ではなぜ胸郭出口症候群になってしまうのかを説明していきます。

胸郭出口症候群の中にも4種類あり「斜角筋症候群」「肋鎖症候群」「小胸筋症候群」「頚肋症候群」同じ原因の場合とそれぞれ違う原因の場合もあります。

斜角筋症候群

斜角筋症候群は前斜角筋と中斜角筋が緊張することで、隙間が狭くなり神経や血管を圧迫することで症状が出てきます。

斜角筋

肋鎖症候群

肋鎖症候群は肋骨と鎖骨の間が狭くなることで神経と血管を圧迫するのですが、女性に多く見られる「なで肩」になると鎖骨が下に引き下げられて、神経や血管を鎖骨と肋骨で挟み込むようになります。

肋鎖症候群の場合は鎖骨を引き上げて肋骨と鎖骨の間を広げてあげることができれば症状が改善していくということです。

肋鎖

小胸筋症候群

小胸筋症候群では肩甲骨が前にスライドして巻き肩になっていると小胸筋症候群になりやすくなります。

巻き肩になると肩甲骨が前に出てくるので小胸筋は縮んだまま固くなります。小胸筋が固い状態で手を挙げて作業すると、柔らかい状態に比べると血管と神経が圧迫を受けやすくなるので症状出やすくなります。

これを改善する為には小胸筋の固さを柔らかくいしていく必要があります。それと同時に巻き肩を改善するようにしないとすぐに小胸筋が縮んでしまうので症状は改善しにくいです。

小胸筋

頚肋症候群

頚肋症候群は本来なら伸びてこない骨が伸びてきてしまうことで神経と血管を圧迫し症状を発生させます。

胸郭出口症候群の中ではかなり稀なものになりますが、頚肋がある場合は手術で頚肋を取り除いてしまうことが必要になる場合があります。

頚肋があるのかはレントゲン検査で容易に分かりますので、これは病院ではっきりします。

頚肋

胸郭出口症候群セルフチェック

胸郭出口症候群がどのような病気か分かってもらったところで、あなたがどのタイプの胸郭出口症候群なのかをセルフチェックしていきましょう。

 

肋鎖症候群チェック

  1. 背中をまっすぐして座ります
  2. 肩を後ろに引いた状態で肩を下に下げます
  3. キープしている間に手にシビレが出てきたり、シビレが強くなるようであれば肋鎖症候群の可能性があります

 

小胸筋症候群チェック

  1. 片手を頭の高さまであげます(肘は90度に曲げた状態)
  2. ①のまま腕を少し後ろに引きます
  3. この時に手のシビレが出てきたり、シビレが強くなったら小胸筋症候群の可能性があります

斜角筋症候群チェック

  1. 鎖骨の内側から1/3の所を押さえます(右側を押さえる時は左手で抑えるほうが押しやすくなります)
  2. この時に手のしびれが強くなったり、シビレが出てきたら斜角筋症候群の可能性があります。

 

胸郭出口症候群チェック

このテストは細かく分類するのではなく大きく胸郭出口症候群なのかを判断するためのテストです。

  1. 肘を90度の状態で手を頭の上にあげます
  2. ①の状態をキープしたまま手をグーパーします3分以内にシビレが強くなったり、シビレが出る
  3. だるくなって動かせなくなる場合は胸郭出口症候群の可能性があります。

 

胸郭出口症候群に自分で出来る対策とは?

前の項目では自分がどの胸郭出口症候群なのかをチェックしていきましたので、この項目では原因別での対策をお伝えしていきます。

 

肋鎖症候群ケア

肋鎖症候群では肋骨を上に引き上げてあげることで隙間が広がり圧迫が改善されます。

  1. 椅子に座り姿勢をまっすぐにします
  2. 肩を耳の方に近づけるように肩をすくめてから肩を下げます
  3. ②を10回〜30回程度繰り返します目安は肩少しだるくなるくらい繰り返してください

この運動は筋力トレーニングと同じですので筋肉痛が出ることがありますので注意してください。頭痛が出やすい方は一時的に筋肉の緊張か高くなるので頭痛がですことがありますので頭痛が出る場合は回数を減らして慣れてきたら回数を増やすようにしてみてください。

小胸筋症候群ケア

小胸筋症候群では小胸筋の緊張を軽減させるための対処をしていきます。

  1. 立った状態で壁の横に立ちます頭の高さで手のひらを壁に当てます(この時に肘は伸ばした状態で大丈夫です)
  2. 体を軽く捻るようにして肩を前に出しますこの時に肩の前側から胸に伸ばされている感じがあればOKです

1回30秒×3回を1日に3回行ってください

斜角筋症候群ケア

斜角筋症候群では斜角筋の緊張を緩和することで症状を軽減できます。

  1. 椅子に座り伸ばしたい側の手で座面をつかみ方が上がってこないようにします
  2. 椅子をつかんだ方とは反対側に頭を傾け少し上を向きます
  3. この時に首の前から横の方が伸びる感じがあればOKです

1回30秒×3回を1日に3回行ってください。

このストレッッチをする時に痺れがきつくなったり痛みが我慢できない場合は無理しないでください。

 

ストレッチや運動だけでは症状が改善しにくい場合に多いのは体の回復力が低下していることです。

体の回復力が低下すると筋肉が柔らかい状態を維持することができないので神経や血管が圧迫を受けやすくなり症状が治りにくくなります。

本来であれば疲労して固くなった筋肉は血液がしっかり流れることで疲労が回復し柔らかくなっていきます。

血流を良くするためには内臓の疲労を改善することが必要になります。

内臓の疲労とは病的な状態ではなく、東洋医学的に言う疲労で内臓が疲労することで血液をうまく流すことができずに筋肉に疲労が溜まってしますのです。

では、内臓を疲労させないためにはどうしたらいいのでしょうか?

疲労している内臓によって違いますが糖分の取りすぎと水分不足には注意してください。

糖分の摂りすぎは肝臓を疲労させて、水分不足は腎臓を疲労させます。

肝臓や腎臓が疲労することで体が本来持っている回復力が低下して筋肉が固いままになってしまうのです。

少し食生活を注意するだけでも体は変化していきますので気をつけてみてください。

 

まとめ

この記事では胸郭出口症候群の原因や対策をお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

胸郭出口症候群では手にしびれやだるさが出ることで頚椎ヘルニアと間違えられやすいですが、正しく見ることで鑑別することができます。

この記事に胸郭出口症候群のテストを記載していますが、おかしいなと思ったら医療機関に行って状態を判断してもらってください。

その時に胸郭出口症候群と診断されてストレッチなどをするよう指導があった場合はここに記載したストレッチや運動を続けてみてください。

それでも症状が改善しない場合は自分だけでの対処では対応しきれないので信頼出来る先生に治療してもらうことをお勧めします。

あなたの症状が1日でも早く良くなることを願っています。

 

胸郭出口症候群について詳しくはこちら

症状の改善について詳しくはこちら

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」