肩首凝りから頭痛と吐き気で一日中ダウンする不安から解消された看護師の改善までの経緯

A.K 様

お住いの地域
大阪市
ご年齢
27歳
お仕事
看護師
お悩みの症状
吐き気,頭痛,首肩が常に張る

A.K 様が当院に来院された経緯

中学生の頃から首と肩が常に張っている。そんな状況が10年以上続いていたAさん。看護師として働き出してからは、夜勤などで疲労がたまると首肩凝り→頭痛→吐き気→一日中ダウン。このような流れがしょっちゅうある状況で悩まれていました。

その予防としてマッサージには通っていたそうですが、1週間に一度はいかないと耐えれない状況とのこと。

そんな流れから抜け出して体質を変えていきたい、一日ダウンしてしまう状況から抜け出したいと当院に来院されました。

初回のカウセリングの様子

Aさん初めまして、担当する川上といいます。

10年以上前から症状が常にあるとのことですが、これまでの経緯についてお話いただけますか?

はい、10年以上前から、中学生くらいから常に肩凝りと首凝りを感じていました。その頃はあって当たり前かな?と思っていてしんどいけどほってました。

看護師の学校に行ってる時もしんどかったですが、実際に病院に勤務してからは特に症状を強く感じるようになりました。病棟勤務で夜勤も多いですし、肩凝りと首凝りが強くなってくると、頭痛がして、吐き気がして仕事にいける状況でなくなることがあります。一日中ダウンしてしまうんです。

それが頻繁にあると、病院にも迷惑がかかるし、このまま常にいつダウンしてしまうか?不安なまま生活するのがいやなのでこちらへきました。

そうだったんですか、かなり長い症状ですね。

頭痛や吐き気までして一日ダウンして仕事を休まないといけない状況がいつ来るかわからないと不安ですね。夜勤もあると変わりの人にお願いしないと行けないのではないですか?

また、マッサージや病院や整骨院にも通われたりしてましたか?

 

そうですね、夜勤の時は特に休むと気をつかいます。

マッサージには週一回くらい通っていました。そうしないと耐えれなくなるので、、整骨院や病院、シップなどもしていましたが、なかなか改善はみられない感じでした。

このままだと、ずっと不安があるのでしっかり治したいと思っています。マッサージは気持ちよくて好きなんですが、カラダを変えていくってなるとこういった所にきたほうが良いかと思って。

そうですか、詳しくありがとうございます。

Aさんの希望としては、肩首凝りから頭痛、吐き気で一日ダウンしてしまって仕事を休んでしまう。このサイクルを断って、不安なく生活できるようにということで大丈夫ですか?

 

はい、そうなれば嬉しいです。

よろしくお願いします。

わかりました。では、今からAさんの長年の症状が出ている原因を検査していきますね。

10年以上続いている症状で、本当に良くなるのか不安はあるかもしれませんが、しっかり状態をチェックしてその対処を計画的にしていけばだいじょうぶですからね。

では、立ち上がってもらってよいでしょうか?

検査の結果

立位、座位、ベッドへ寝て検査を行っていくと、

①頚椎3番目(首の骨の上から3つ目)

②肝臓疲労

③循環低下

この3つが反応。

Aさんの10年以上続く症状の原因が「頚椎と肝臓疲労」にあったことが判明

施術でこれを軸に改善していくことになりました。

頚椎、胸椎、腰椎、肩関節の可動域制限をチェックすると、どれも右より左に制限がみられました。

仙腸骨関節のみ右に制限がある状態。

肩凝り首凝り→頭痛→吐き気 この流れを断ち切るように体質を変えるには3ヶ月ほど治療期間をみてもらうこと。カラダの変化は土台が整う3回頃から実感してくる予測とお伝えし、施術に入っていきました。

初回の施術

初回はカラダの土台作りを目的に施術をすすめます。

脳へ血流を送る、骨盤、背骨(特に頚椎)、内臓(特に肝臓)、脳のリンパ液の流れを出すこと。これらを行いました。

施術後は関節可動域制限があった頚椎、胸椎、腰椎、肩関節、仙腸関節の動きが改善。

頚椎はまだ硬さが残りましたが、初回はこれで終了。

肝臓疲労の要因に睡眠不足と砂糖、アルコールの反応がでていたので、夜勤以外は睡眠を今より30分でも増やすこと、砂糖とアルコールを控えることを生活指導としてお伝えしました。

ストレッチなどは今はすると疲労してしまうので、しないように指導。

次回は最短でこれる日に来院指導。5日後に予約して帰られました。

2回目の施術 初回より5日後

首や肩のだるさやハリはまだ特に変化を実感されていない状態。施術前のカラダをチェックしていくと、初回の施術前よりは関節可動域は良いが、制限は主に左側にみられます。

施術は前回同様。今は土台を作るための施術なので、三回までは同様にすすめる予定とお伝えしました。症状はまだ変化はわからないでもだいじょうぶだということと、Aさんは感じなくても僕はカラダの変化しているところを把握してはいることをお話して今回を終了。

施術後は可動域も改善。

前回から一度付き合いで呑みにいく機会があったそうで、他は生活指導を守ってくれているようです。

次回も最短で来院指導。次回は6日後に予約して帰られました。

3回目の施術 初回より11日後

「首のだるさがマシです。」Aさんは施術前に話してくれました。肩の凝り感は気になるようですが、首は楽になったとのこと、前回から頭痛や吐き気は出ずに生活できてる様子。

お付き合いで2回呑みにいったそうで、肝臓の疲労やハリ感は割りと強くでていました。この肝臓のハリ感や疲労は患者さんにはわかりませんが、チェックするとよくわかります。

今回も土台作りを中心に。肝臓や頚椎の調整をしっかり行いました。

今回で最初にお伝えした土台は安定してきたことをお伝えし、終了。

次回も最短で来院指導。最短で来れる一週間後に予約して帰られました。

4回目の施術 初回から18日後

「首はかなりマシです、前回よりもいいです」とAさん。施術前の頚椎の検査をしても当初のような可動域制限もなく、良好。肩のハリはまだ感じているが当初よりは少し軽減している様子。

頭痛や吐き気はなし。

今回からは、土台の調整に加え、指の関節や足先の関節といった細かい関節調整も行います。そういったところも詰まりがおきやすいのですが、Aさんの場合もつまりがあったためとっていきました。

順調にきているのでこのまま、施術をすすめていけば少しずつ良くなっていくことを再度お伝えすると安心されていました。

施術ペースは夜勤の頻度が高いので週一回はきてもらうように指導。

次回は4日後に休みで来れるので、予約して帰られました。

 

 

6回目の施術 初回より28日後

「首の凝り感はほとんど感じず、肩は少し凝っているくらいかな?っていうくらいです」とAさん。

夜勤も続く中、頭痛まででることは引き続きない状態で、チェックしても肩周りの硬さは少しあるのと、肝臓疲労も少し気になる程度。全体的に循環が良い身体の状況をキープできているようでした。

今回で約1ヶ月。体質は思ったよりはやく改善しています。

内臓の疲労がでやすいのは、やはり夜勤が続くのが一番です。睡眠時間が短いのはもちろん、生活のリズムが崩れるためですね。さらに、同僚との飲み会が多いようなので、アルコールをとる機会が多いことが気になります。

そのため、体質改善して、当初の不安である肩首凝り→頭痛→吐き気→一日ダウン。のサイクルを変えるためにはまだ7~10日ペースで治療に来てもらうことをお伝えしました。

 

15回目の施術 初回より3ヶ月後

今回で初回より3ヶ月の治療期間を迎えました。

6回目以降は7~10日間隔で来院してもらいましたが、7回目以降は肩凝り感が少しあったのも気にならない状況で安定し、頭痛は一度少しでたがすぐに消えて吐き気までいかないで生活できていました。

夜勤が連続で続いたり、吞み会が続くため内臓疲労がでやすい状況ではありましたが、7回目以降はほぼ当初の症状については気にならなかったようです。

今回も施術前のチェックでも、初回に原因とお伝えしていた、頚椎や肝臓疲労、循環低下の問題はほとんどありませんでした。

仕事で疲労しても睡眠をとったら、翌日はだいじょうぶな状態にAさんのカラダは変化してくれているのでここで、感想の声をいただいて施術は終えてだいじょうぶですよとお伝えしました。

今後は定期的にメンテナンスにきたいと希望されたので、転勤されるまでは調整にこられていました。

[総括]

今回のAさんは中学時代からの肩凝り、首凝りで悩み、看護師として勤務するようになり、頭痛や吐き気で一日ダウンして仕事を休むことに困っていました。

初回にカラダをチェックさせてもらうと、頚椎といって首の骨がものすごく固まっていました。頚椎、首の骨は7つあって、それぞれ関節を構成しています。上向きにねてもらって、首の下に手を入れ、7つの骨を一つずつ本来は動きがあるのですが、Aさんの場合は一つを持ち上げると3つ4つと一緒に持ち上がるような状況でした。

首の関節の状態がこれでは、当然しんどいだろうし、頭痛や吐き気で動けなくなることに繋がってもおかしくないなとわかりました。

Aさんのこの状況を改善していくには、関節だけではなく、内臓の疲労をとること、脳のリンパ液を調整することなど、、カラダ全体を調整していく必要がありました。

夜勤で睡眠不足、先輩との吞み会、お菓子、、、などの生活習慣で内臓が疲弊しているため、生活習慣の改善も必須。

Aさんには出来る限り実行して頂けたのも、改善まで思ったより早く導けた要因になっていたように思います。

土台づくりが終わった3回目の後、4回目の際に首が楽になったのがわかりやすく実感され、その後肩凝り感はあったものの6回目以降にはほとんどきにならなくなって、頭痛や吐き気はでずに仕事を休むことなく生活されていました。

三ヶ月は目安ですが、このくらいの期間をみてもらえれば基本的に体質は変わります。Aさんは10年以上症状があり、これは仕方ないかなと思われていたようですが、気にならないで生活できるように案外なるものです。

今後も夜勤などで負担はかかりやすい生活ですが、睡眠や食事面などを気をつけてもらっていれば、今まで悩んでいた状態にもどることはありません。

体質が変わる状態とは、一日仕事して疲れても、睡眠をとったら翌朝はだいじょうぶ、気にならない状態に回復できている状態です。

Aさんはこの状態になっていたので卒業されました。

10年、20年、30年、、、と長い症状で悩んでいる方も、適切な処置と治療期間、生活を改善することで案外体質と思っていた症状も改善するものです。

今回のAさんのようなケースはめずらしくありませんので、もし「私は体質だから…」と悩んでいるなら、治療期間をしっかりみてもらえればだいじょうぶです、きっとよくなりますよ。

川上 健史郎

常に肩と首が張り、頭痛と吐き気がどうにもならなかった看護師さんの喜びの声

お客様写真

Aさん 大阪市在住 20代

看護師さんのAさんより喜びの声をインタビューさせて頂きました!

原因は、内臓疲労と頚椎(首の骨)の一箇所に問題があったこと。

経過から、治療を受けてどうだったか、スタッフの印象、同じように悩みを抱えている方へのメッセージを頂きました。

詳しくは動画をご覧ください!

※音量にはご注意ください。

Aさん 大阪市在住 20代

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

LINEで24時間予約可能

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00
  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」