歩くのも辛かった踵の痛みと、服の着脱に困っていた左肩の痛みが改善した女性の経緯

Y.O 様

お住いの地域
奈良県
ご年齢
54歳
お仕事
主婦
お悩みの症状
踵の痛みで歩くのが辛い,服の着脱が辛い左肩の痛み

Y.O 様が当院に来院された経緯

5年前に踵の痛みが起こりはじめ、歩くのも辛くなったために整形外科を受診したYさん。

注射を踵に打って、症状が緩和して生活できるようになっていましたが、今年に入ってまた同様の痛みが出現。

痛い注射をまた打つのは怖いし、再度症状を出さないためには体を根本から変えないといけないと思い当院に来院されました。

他にも、年齢だから仕方ないと思っていると、服の着脱に左肩が痛むことで困られていました。

初回のカウセリングの様子

Yさん初めまして、担当する川上です。宜しくお願いします。

Yさんは踵と左肩が主訴だということですが、これまでの経緯についてお話いただけますか?

はい、10年ほど前にママさんバレーをしていて左のアキレス腱を断裂しました。その後左膝の側副靭帯も損傷してます。

5年前にその影響からかわからないんですが、右の踵が痛くなりました。当時通っていた整形外科で見てもらって、注射を打って楽にはなったのですが、その注射が叫ぶほど痛かったのでもう打ちたくないんです。

楽だった踵が今年に入ってからまた痛くなり始め、今は歩くのも辛いくらいです。
再度痛みが出ないようにするには、根本的に体全体を整えないといけないと思ってこちらに来させてもらいました。

なるほど、詳しくありがとうございます。

踵の注射はとてつもなく痛そうですね…わかります。大きな怪我もされているから、体のバランスは確かに崩れているかもしれませんね。

Yさん、左肩はどんな感じですか?

はい、左肩はとにかく、後ろに引くのが痛くて服の着脱が辛いんです。

右はスムーズなんですが、これもずっと気になっていて…

主には踵ですが、肩も良くなれば嬉しいです。

なるほど、了解しました。

では踵も肩も改善するためには、どう施術計画を進めていくべきかが大事なので、今からその検査をしていきますね。

立ち上がってもらっていいですか?

検査の結果

検査の結果、、、

膵臓疲労
両足首、肩鎖関節、右足背、左アキレス腱、両小指

これらに反応。

踵の痛みと左肩痛の原因が「内臓疲労と骨格のバランス」にありました。

それらを、Yさんに一つ一つお伝えして施術計画をお伝えしました。

特に大事なのが左アキレス腱の癒着を取り除くことです。
アキレス腱断裂に左膝側副靭帯の損傷もされているので、骨格のバランスに乱れが様々な箇所におこっていますが、鍵になっているのがアキレス腱でした。

またお話を聞くと、糖質の摂取量が多いのと、ストレスなどが肝臓に負担がかかっていました。

まずは、この問題点を調整していくことで経過をみながら施術の間隔や処置を変えていくことにしましょうとお話して初回の施術に入りました。

初回の施術

初回は、全身の血流と気の流れ、内臓の調整を軸に行います。

そうすることで、内臓の機能が引き上がり、自律神経のバランスも整います。

その後、アキレス腱と両足首の調整をして終了。

施術後はバランスも良くなり、この状態をキープするために施術間隔を最初はなるべくつめて来るように指導。

次回は最短でこれる3日後に予約して帰られました。

2回目の施術 初回より3日後

症状はまだ当然大きく変化はありません。

今回も前回同様に肝臓やアキレス腱を軸に、両足首、肩鎖関節、右足背、小指の調整を行いました。

引き続き、水分と甘いもの、糖質を制限してもらうことを指導させてもらいました。

普段の生活で内臓に負担がかかっている要素を取り除いていくことが、早く改善する近道です。

次回も最短で来れる8日後に予約して帰られました。

3回目の施術 初回より11日後

「踵楽になってきてます!歩くのも少し痛みがきになる程度になりました!」とYさん。

施術前の検査でも、肝心のアキレス腱の癒着は減ってきていました。

引き続き肝臓の調整と各骨格の調整を軸に進めます。

ここで、良い変化としては、両足首と右足背の関節の硬さが取れてきたことです。
左肩鎖関節のつまりも少なくなってきているので、左肩の可動域も広がっていました。

糖質と水分は引き続き注意してくれています。

 

次回は6日後に予約して帰られました。

4回目の施術 初回より17日後

「調子はいいです、歩くのもだいぶ楽です。肩も後ろに引くのはマシになって、左手で右肩を触るようにすると痛むのがきになるくらいです」とのこと。

服の着脱も楽になっているようで安心しました。

チェックしていくと、左大胸筋のつまりがあったのでその調整を今回は加えました。
車椅子を押すことが多いので、そこからきていると判断。

他の調整は引き続き、肝臓や足首、アキレス腱、肩鎖関、小指と行ったところを処置。

次回は一週間後に予約して帰られました。

5回目の施術 初回より24日後

「踵も気にならないで生活してますし、服の着脱も大丈夫になりました」と笑顔のYさん。

体のチェックを施術前に毎回行いますが、初回のときに比べて内臓のハリも各関節のつまりも少なく安定しています。

この状況なら血液循環が良いので、症状が出にくいと判断。

施術は内臓と骨格、アキレス腱といったところを調整して終了。

引き続き、糖質と水分に気をつけてもらうことを指導して、今回で施術終了に至りました。

感想の声とお写真をお願いすると快く引き受けてくれました。

 

[総括]

今回のYさんの症状は歩くのも辛い踵の痛み。
それに、服の着脱が辛い左肩の痛みでした。

10年以上前にアキレス腱断裂、その後に膝の側副靭帯損傷。
この経緯から、体のバランスを自然と補正、補正を繰り返して生活をしていく中で症状が出てきたと判断しました。

その理由は、踵に関しても左肩に関してもですが、思い当たる原因がはっきり本人の中になかったからです。

このパターンは、体全身の細かい関節のチェックと内臓、メンタル、全て含めてその方を見ていかないといけません。

今回のYさんは、記述したように「肝臓疲労とアキレス腱の癒着」が主な原因でした。

細かい部分は、両足首や小指、肩鎖関節などのつまりが挙げられますが、結局は血液循環を弱めてしまう要因を取り除くのに必要な調整箇所になっています。

結果的に5回の施術で終了まで持っていけましたが、普段の食生活の部分を修正してくれたことが、早期改善に繋がりました。

アキレス腱の癒着はその部分の調整はもちろんですが、足首の関節(距骨、ショパール・リスフラン関節)、股関節の捻れも合わせて行う必要があります。

 

Yさんのように、踵の痛みで歩くのも辛い。
だけど、注射は打ちたくない、患部の治療だけでなく、根本的に体を改善しないとまた症状が出てくるんじゃないかと不安な方はぜひ一度ご相談くださいね。

案外、諦めなければなんとかなるものですよ!

川上健史郎

「長年のかかとの痛みと、年齢のせいと思っていた服の着脱時の肩の痛みがなくなりました」

お客様写真

アンケート用紙

Y.O様 54歳 女性 奈良県  かかとの痛み 肩の痛み

5年ぐらい前に右足のかかとが痛くなり歩くのも歩きづらいほどでした。

当時通っていた整形外科で「かかとに注射しておきましょうね」と言われて打った注射は悲鳴を上げるほど痛かったことを覚えています。

これで治ったのかな思っていたのですが、今年になってまた痛くなってきました。

これはもっと根本的な治療をしなければいけないのではないかと整骨院をさがし、インターネットで当院の事を知りました。

私は左のアキレス腱を10年ほど前に断裂しており、その影響もあったこともわかり、1カ月もたたないうちにかかとの痛みはなくなりました。

また左肩の痛みもあり、年齢のせいかなしょうがないとあきらめていましたが、そうではないよと、整えていただきそれまで辛かった、上着の着脱にも痛みがなくなりました。

また痛くならないように自分でも気をつけながら、少し調子がよくないときはメンテナンスしてもらって、これからも元気に生活したいと思っています。
ありがとうございました。

Y.O様 54歳 女性 奈良県  かかとの痛み 肩の痛み

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

LINEで24時間予約可能

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00
  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」