右後頭部が痛み続け、病院で原因不明といわれた方へ。共通する原因と対処法とは

疲れた男

「右後頭部が痛い。慢性的に。おさまるときもあるけど、また数日すると痛くなる繰り返し。」そんな日々で悩んでいるあなた。そういう状況が続くと当然病院で検査をしっかりしてもらったと思います。何か怖い病気が隠れていたら怖いですからね。

そこで精密検査をした結果「特に異常がみあたらないですね、お薬を出して様子をみましょう」と言われ、異常や怖い病気が無くて安心したけど原因がわからないことが不安になったのではないでしょうか?「このままずっと右後頭部、首の付け根の痛みと付き合わないといけないのでは…」と。

そういった不安、悩みを抱えている方は少なくありません。当院に来られる頭痛に悩み続けている方々はこのような悩みを持った方が特に多いです。

そこでこの記事では、右後頭部が痛み続けていて病院では原因不明といわれて不安になっているあなたへ考えられる原因と対処について紹介します。

頭痛について(一次性頭痛と二次性頭痛がある)

a0001_014075

一次性頭痛

一次性頭痛とは頭痛のうちの90%以上を占めます。ほとんどの頭痛がこの一次性頭痛にあてはまるんですね。この一次性頭痛は脳など頭蓋骨の中に病気があるものではなく、頭蓋骨から外側に原因があるものをいいます。血管や筋肉、神経、頭蓋骨といったところのことですね。

そのため、右後頭部の痛みが続いていて病院で検査したけど異常や怖い病気はない場合はこの一次性頭痛にあてはまるということです。

その一次性頭痛にあてはまる4つが、

1.緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)

慢性頭痛の中の大半をこの頭痛が占めると言われています。
頭のまわりをハチマキのようなものでギューっと締め付けられるような鈍い痛みが、30分~数日続きます。

痛む場所は、頭全体や後頭部が多いです。痛みの程度としては我慢すればなんとか、仕事や家事ができる程度です。

ストレッチやお風呂で体を緩めてあげると楽になります。
原因としては、肩こりやストレスです。また、眼精疲労・興奮・猫背などが原因となることもあります。

痛みがでる仕組みとしては、肩こりや長時間同じ姿勢を続ける事によって、筋肉内の血流の流れが悪くなり血液内に老廃物質がたまり、その老廃物質が周りの神経を刺激して痛みがでているのではないかと言われています。

2.偏頭痛(へんずつう)

片頭痛は頭の片側やこめかみがずきずきと脈打つような痛みが特徴的です。

症状が酷い方に関しましては頭痛と一緒に吐き気がでたりして、日常生活が普通に送ることができなくなるくらいの強い痛みがきます。

思春期のころや、中年の女性に多いと言われています。

片頭痛の特徴としましては、ズキズキと脈うつ感じの非常に強い痛みがあり、頭痛が起きる前にチカチカした光が見えたり、安静にせずに体を動かすとガンガンと頭痛が悪化します。

また、太陽が昇るころから目が覚めるときに発作が起きる。
遺伝的な要因もあるのではないかと考えられています。

ややこしい事に片頭痛は検査で分からず、患者さんからお話を聞いて医師が医学的な事と照らし合わせながら判断します。

3.群発性頭痛(ぐんぱつせいずつう)

男性の患者さんに多く女性の7倍と言われています。特に20代~40代の男性に多くみられ、1000人に1人がこの頭痛に悩まされています。

鼻水や涙があふれ、目の充血し、さらに目の奥をえぐられているような非常に強烈な痛みとされており、頭痛のなかでも一番痛い頭痛と言われ、その耐えがたい痛みによりなにもかもいやになるほどといわれます。

この痛みを出す原因の一つとして、アルコール・タバコが多いと言われています。

4.後頭神経痛(こうとうしんけいつう)

症状がでる場所としては主に耳の後ろあたりに、急に痛みが出ます。右後頭部、又は左後頭部のどちらか片方が傷む場合が多いですが、ひどい場合には後頭部全体に痛みが出ます。痛みの特徴は、首の付け根からキリキリと痛みが付き上がってきます。

 

これら4つが一次性頭痛といわれています。病院でMRIや血液検査、CT、レントゲンなどの検査上特に異常がない場合はいずれかの症状にあてはまるということですね。

右後頭部に頭痛がするパターンは1、2、4が考えられます。3の群発性頭痛であることはほぼありません。

そこで右後頭部に頭痛が続き、薬を飲んでも、ストレッチや体操をしても改善してくれない。一時的に引いても、数日後症状がでるといった繰り返しをしている方の考えられる原因を次にお伝えしていきます。

病院で原因不明といわれた右後頭部が痛む原因は?

顎 痛い

この流れで整体院に来られる方に共通するのは3つ

右後頭部痛で病院で異常がみられず、整体院である当院に来られて改善していく方々には共通点があります。

  1. 骨格の問題(頚椎、頭蓋骨、手首、肘、指etc)
  2. 生活習慣の問題(睡眠、食事、運動、ストレス)
  3. 内臓疲労の問題(偏った食事、疲労、睡眠不足)

以上が共通しています。実は、こういった原因・問題は病院の検査上は指摘されることは少ないのです。そのため、頭痛薬などのお薬による対処方法になりますから、その場での頭痛は消えてもしばらくするとまたでてしまうという流れになります。

ではそれぞれの対処方法についてお伝えしていきますね。

1.骨格の問題について

骨格の問題といってもその方によって、そのヶ所は全ては一致しませんが、ほぼ全員に一致するのが「頭蓋骨・頚椎・右上肢(指や肘、手首)」これらの関節の問題です。

IMG_1741

特に頭蓋骨は上の写真のように、たくさんの骨が関節を構成してできています。頭蓋骨はひとつの骨ではなくて実は23の骨で構成されています。そんなの聞いたことないですよね。僕もこの仕事でなければ知ることはなかったでしょう。それぞれの骨が関節を成していて生きている間ずっとその関節は広がったり縮まったりをゆっくりと繰り返しているんです。そうすることで脳と脊髄を栄養してさらに保護している脳脊髄液というリンパ液が、脳から仙骨(お尻の骨)まで循環しています。

この関節がつまったり、ゆがんだり、固くなっているとその脳脊髄の循環がうまくいかないので頭痛がでやすくなりますし、上の写真にある「側頭骨」や「後頭骨」という部分の頭痛がでやすくなります。

右側の側頭骨や後頭骨といった部分が固いことで右側の後頭部痛がでるといったことがおこるんですね。

対処としては、これは頭蓋骨の調整をおこなっている治療院でみてもらい、調整してもらうことがベストです。インターネットでそういった治療院があるか調べてみて、問い合わせてみると良いでしょう。

大阪でしたら、当院で対応させてもらっていますが、もし他府県でどこにいけばいいか分からない方は連絡頂ければ、紹介できる院があればお伝えしますのでお気軽にお問い合わせくださいね。

2.生活習慣の問題について

たばこ

生活習慣の問題については、基本的になります。

睡眠×食事×運動

このバランスを意識的にとることだけでも良いですね。これらがどこか乱れていると、病院で検査には出ない頭痛になりやすいです。血流や神経に影響がでますし、疲労の蓄積はからだになにかしら症状を起こすのはご存知だと思います。

対処としては、今すぐできます。まず、見直すことから。そこから改善することをいますぐやっていきましょう。

睡眠なら今より30分でも1時間でも早く布団に入るようにする。

食事なら、バランスを考える、食事量を減らすだけでもかまいません。お酒を飲む人なら飲む量だって調整できますね。

運動なら、何もスポーツする必要はありません。歩くだけで良いです。歩くことを生活の中で今より増やすことからしましょう。

これらの対処は今すぐできて、非常に効果的です。自分のからだをコントロールできるのは自分だけですから、これらは一時的にではなくずっと続けることで繰り返す右後頭部の頭痛から抜け出す結果に繋がります。

3.内臓疲労の問題について

顎

内臓疲労ってなんだ?と思うかもしれませんね。血液検査でも異常ないし、と思うこともあるでしょう。

内臓って実は疲労します。簡単にいうと、食べるだけで消化を内臓がおこなうので働きます。ということは、食べ過ぎる・飲みすぎるとどうでしょうか?消化しっぱなしになるので疲れますよね?内臓が。

内臓は自律神経に支配されています。そのため、自分の意思でコントロールできるものではありません。何かを食べたとき、胃を動かそうと思っても動かせませんよね?勝手に動きますが、自分ではコントロールできません。

お腹一杯になったら苦しい、動けないといったことになりますよね?あれも内臓が疲れきった状況のひとつす。

内臓が疲労する生活習慣は、「暴飲暴食、食事量が多い、偏った食事、砂糖や添加物(毒)の摂取。睡眠不足、ストレス、疲労蓄積」といったものになります。内臓が疲労していると、全身の血流が低下しやすくなり体の末端である頭への血流も低下しますから、酸素不足で頭痛が起こることだってあるんですね。

そのため、内臓疲労させないカラダ、いたわる習慣を持つ必要があります

対処は内蔵が疲労する生活習慣を変えるだけ。まずは、腹八分をこころがけるだけでも効果があります。続けることで右の後頭部痛がでにくくなったり、疲れがマシと感じますのでやってみてください。

 

以上が対処になります。2と3は自分でできます、というより自分でしかできません。この生活習慣を変えるだけでもカラダは変わりますし、右側の後頭部痛がおさまっていくことも十分に考えられます。1に関しては、一度専門家にチェックしてもらうと良いでしょう。頭蓋骨や頚椎、右の上肢の関節は固くなることで、右側の後頭部痛につながります。

その関節を良い状態に調整して、生活習慣を変えることで、病院で原因不明といわれた右の後頭部痛で悩む患者さんは改善されていきますので、ぜひ希望をもって行動してみてください。

同じ原因不明の頭痛を繰り返していた患者さんの喜びの声

では最後に病院で原因不明といわれて頭痛に悩み続けていた、当院の患者さんの喜びの声を5つだけ紹介しておきますね。

※リンク先をクリックしてくださいね。

女子高生の患者さん

看護師さんの患者さん

会社員の女性患者さん

主婦の患者さん

保育士の患者さん

この方々も同じような悩みをもっていました。頭痛を繰り返す日々。それから脱出して今は、頭痛薬を手放せて生活するのが普通になられています。そんな悩みを改善するための対処をぜひためしてみてください。

おわりに

笑顔

右後頭部が痛み続けていて病院では原因不明といわれて不安になっているあなたへ考えられる原因と対処について紹介してきましたがいかがでしたか?当院は整体院ですが、同じ悩みをもってこられる方は少なくありません。その方達の悩みが改善されるまでには治療だけでなく、本人の生活習慣を見直し、気付き、修正する必要があります。

そうすることで、ずっと悩み続けることから解放されていきますので、この記事を通して何かを実行して回復のきっかけに少しでもなれば嬉しいです。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院]Rinato鍼灸整骨院 川上健史郎

大阪で頭痛・偏頭痛に悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」