栄養ドリンクでは疲れが取れない理由と疲れが取れる食材とは?

 

栄養度りんご

「疲れが取れない…もう朝か、今日も一日キツイけど頑張らなあかんな」と、冷蔵庫にある栄養ドリンクをグイッと飲み干して玄関のドアを開ける。こんな毎日を過ごしていませんか?

栄養ドリンクは飲むとシャキッとした感じが得られますし、手放せなくなっている方も多いのではないでしょうか?当院の患者さんの話を聞いていると、「ケースで買って毎日飲んでますよ!」という方が非常に多いです。そうやって身体を良くするために何かしようとすることはとてもいいことですね。ですが、実は栄養ドリンクで疲れがとれることはありません。むしろ健康を害したり、疲れを蓄積する可能性があります。

この記事では、「栄養ドリンクで疲れがとれない理由」と「疲労回復にもお財布にもやさしい食材」について紹介します。日々患者さんの話を聞いて、注意して欲しいと思ったので、毎日疲れていて栄養ドリンクを飲んでる方は参考にしてみてください。

疲労は生きていれば溜まるもの

疲れた男

疲労は当然、生きていれば溜まります。睡眠不足、ストレス、暴飲暴食、薬や添加物、仕事、トレーニング…などなど人は生活の中で疲労を溜めない状況から逃れることはありません。それでも、睡眠×食事×運動。この3つのバランスをとることで疲労を回復することができます。

睡眠がかけても、食事のバランス良い摂取がかけても、適度な運動(歩くなど)がかけても疲労の回復力は低下しますが、この3つどれもバランスよく日々保てている方は非常に少ないと思います。どうでしょうか?当院の患者さんで初めて来られる方でこの3つを完璧にできている方はいません。疲労が回復されない状況で生活されていて、蓄積されていった結果症状があらわれますから当然かと思いますが…。

睡眠×食事×運動が基本

th_th_2015821mn-335

当院に腰痛や肩こり、頭痛、めまい、自律神経失調症など様々な症状で来られる患者さんが回復して行く過程では、治療だけで良くなっていくかといえばそうではありません。この睡眠×食事×運動の指導をさせてもらい、実行してもらっています。そうすることで、疲労回復力が引きあがり、治療効果も当然よくなるんですね。体質を変えて症状が出ないからだに変わるためにも重要なことになります。

その中で、今回は食事面についてお伝えしていくことになります。日々忙しい中で、食事面でよくやりがちな栄養ドリンクを手放せない状況だった患者さんの例をもとに、、栄養ドリンクでは疲れは取れない理由は…

栄養ドリンクで疲れが取れない理由

th_th_2015821mn-333

スーパー、ドラッグストアでは目立つ所にケース売りで、コンビニでも入り口すぐの目立つ場所に「疲労に効く!!」とPOPが踊っていれば、疲れていると自然に手が伸びて当然かと思います。CMでも飲めばフルパワーで動いてるイメージなので、飲めば疲れが吹き飛びそうですが、数ある健康商品の中で疲労回復効果が人を対象に実証されているものはなく、飲んで疲れが取れる可能性は極めて低いといわれています。

どういうことかというと、ほとんどの商品に「タウリン3000mg配合」などと書いてますよね?それだけ入っていれば効きそうだなと思うのではないでしょうか?でも、医学書・医学論文の根拠としてタウリンの効果の可能性がある場合としては「うっ血性心不全」と「高ビリルビン血症での肝機能改善」。この2つで、疲労回復や脂肪肝、糖尿、高血圧といったものへの効果は根拠がないそうです。

僕自身もこの仕事に関わるまでは、部活の試合前後や徹夜で勉強しているときによく飲んでいました。確かに飲むと、スッキリした感じと効いたな~という感覚はあるように思いました。あなたも疲れが軽減したなと感じているのではないでしょうか?

それは、栄養ドリンクに含まれるカフェインの覚醒作用や微量のアルコールによる気分高揚によるものです。感覚的には確かに疲労感はマシになるかもしれませんが、そもそもの疲労自体は回復していません。痛いのを痛み止めでごまかしているようなものですね。

そのため、一時的に飲んでその日を乗り切る、徹夜で作業しなければならない期限がせまった仕事を乗り切るといったような状況には利用価値があると思いますが、長期服用は健康を害する恐れがあります。無理したり、ごまかしたまま身体を酷使してしまった結果疲れがどんどん蓄積されていき、身体に異変があらわれる可能性が高くなってしまうことを知っておいてください。

それでは、疲労回復に積極的に取って欲しい「身体とお財布に優しい食材」をひとつ紹介します。

疲労回復には「身体とお財布に優しい」鶏の胸肉を

食材

イミダペプチドが効果的

スーパーでも安くてお財布に優しい食材で有名の鶏の胸肉。給料前の主婦の味方だったりしますよね?その鶏の胸肉に含まれる「イミダペプチド」という成分が、ものすごく良い「抗疲労成分」であると最新の研究でいわれているそうです。

スタミナをつけよう!というと、焼肉のイメージ(牛肉)ってありませんか?ずーっとそんなイメージは世間一般になっているように思いますが、低カロリーな鶏肉が疲労回復に良いイメージは少ないように感じます。

長距離を飛び続けることで知られる渡り鳥。羽を動かして、どこまでも飛ぶあの能力の秘訣は、抗疲労メカニズムの研究から、渡り鳥の羽の付け根には、上述した「イミダペプチド」が豊富にあるそうです。この成分がどこまでも飛べる秘訣ということなんですね。

イミダペプチドは牛肉や豚肉にも含まれているそうですが、手軽に手に入る食材では鶏の胸肉にもっとも多く含まれていることがわかっています。その他の食材では、カツオやマグロの尾びれにも多く見られるそうですが、鶏の羽や魚の尾ひれなど動力部分によくあることがわかります。

安価で身体の疲労回復にもっとも良い食材とはありがたいですね!あなたの食事に積極的に取り入れて、疲労回復に役立ててみてください。

おわりに

ゴルフスイング

「栄養ドリンクで疲れがとれない理由」と「疲労回復にもお財布にもやさしい食材」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?栄養ドリンクを毎日摂取する習慣になっている方は実はたくさんいます。患者さんも、僕の周囲にも…。実はそれでは逆に疲れを蓄積してしまっていることをしっておいて欲しかったのでこの記事を作成しました。うまく疲労を回復してスッキリした日々を、楽しい週末を。あなたが無理して、身体をこわさないようにこの記事が役立てば嬉しいです。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院] Rinato鍼灸整骨院 川上健史郎

大阪で毎日身体の疲れがとれない身体を、寝ればスッキリした身体に変えたい方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」