大阪で椎間板ヘルニアを手術せずに改善させるならRinato鍼灸整骨院

a1640_000383

国民病ともいわれる腰痛。その中で有名な疾患である椎間板ヘルニア。この椎間板ヘルニアは足のしびれが有名な症状としてあります、あなたもそのしびれで悩み、病院で診断を受けて「椎間板ヘルニア」といわれたかもしれません。そこで思い浮かぶのは「手術をしないといけないのか?ということと、手術はしたくないからどうしたらいいのか?何か解決策はあるのかな」といったことではないでしょうか?

当院ではそのように病院で診断を受けて、手術をさけて改善できる方法があるならそうしたい。という方がたくさんいらっしゃいます。その中で、実際にどういう風な状況がヘルニアなのか?また、どういう症状で、手術をするかしないかはどこで判別するのか?といったヘルニアのことから、どうやって手術せずに改善を目指していくのかということをお伝えしていきます。

病院では、説明を受けたけど時間が短くて細かく説明の質問をしたかったけどできなかった。というあなたもぜひ一読くださいね。

椎間板ヘルニアとはどうなっているの?

th_th_2015821mn-3

腰骨のクッションが飛び出して神経を刺激する

「椎間板ヘルニア」って一度は聞いたことあると思いますが、一体どんな病気なのかよくわからないと思います。簡単にどんなものかというと、「椎間板」という背骨と背骨の間にあるクッションが、正常な位置から飛び出して神経を圧迫し、腰や脚にしびれが起こる病気で、特に20代~40歳代の働き盛りの男女に多く見られます。割合としては男性の方が多いといわれています。

職業としては、建築現場の方や運送関係の方、激しくスポーツをする方など肉体を酷使する職業に多いのが特徴です。コルセットを巻いている運送員の方を見かけることも多いのではないでしょうか?その他にも意外かもしれませんが、デスクワークの方にも多くなっています。

実際に現場でもその世代、職業の患者さんに非常に多いですし、私自身実はスポーツをしていた中学3年時に腰の椎間板ヘルニアを経験しました。 それでは、椎間板ヘルニアのメカニズムについて解説します。

aillis201510291509751

上の画像は腰椎といって、背骨の腰の部分です。 矢印で示しているのが椎間板という背骨と背骨の間にあって、上からの体重などの衝撃を吸収しながら、腰を前後左右に動かすための補助もしているんですね。特に腰の椎間板は体の中心部なので、大きな負担がかかりやすく首の椎間板よりもヘルニアになりやすいといわれています。

aillis201510291513768

これが上から見た正常な椎間板ですね。その下にあるのが脊髄神経と呼ばれるもので、ヘルニアになるとこの脊髄神経が圧迫されてしまうのです。そうなっているヘルニアの状態を次の図を踏まえてお伝えします。

aillis201510291515069

左の図が左横からみた図です。椎間板が飛びだして、神経がグニャっと圧迫されています。右側の図が上から見た図ですが、先ほど見た正常な状態とは違い椎間板が飛び出して左側の神経を圧迫しています。この状況が「椎間板ヘルニア」と診断されることになるんですね。次はこのヘルニア(飛び出し型)の4つのパターンをお伝えします。

椎間板ヘルニアのタイプは4タイプにわけられる

ここは専門的な見方になりますが、実は椎間板ヘルニアには4つのタイプにわけられます。病院で診断された方はここまで説明を受けることはまれだとは思いますが、それぞれについて紹介しておきますね。

膨張・突出型

aillis201510312244060

椎間板の中にある髄核というゼリー状の物質が椎間板を背中側へ押し出すパターン。腰痛を特に訴えることが多いです。

脱出型

333

髄核が椎間板の外膜の部分を突き破ったところでとどまるパターン。これもしびれよりは腰痛を訴えることが多いです。

穿破脱出型

444

髄核が外膜の後ろの後縦靭帯(脊髄神経の前にある)を突き破り外側に飛び出るパターン。神経症状である坐骨神経痛を訴える方が多いです。

遊離脱出型

555

髄核が後縦靭帯を突き破り、一部がちぎれてしまうパターン。坐骨神経痛が多いです。

以上の4つのパターンがヘルニアにはあるんです。大まかにいうと、上から下にかけて症状が強くなることがほとんどですね。ただ、椎間板ヘルニアといっても症状というのは本当に様々なので、次に椎間板ヘルニアの主な症状をお伝えしていきます。今出ている症状が椎間板ヘルニアの可能性があるのかどうか、ご自身の判断基準にして頂ければと思います。

椎間板ヘルニアの症状は?自分ではこれに当てはまるかどうか!

それでは、腰の椎間板ヘルニアの主症状についてお伝えしていきます。

「坐骨神経痛が主症状」

結論からいきます、腰の椎間板ヘルニアの主症状は坐骨神経痛です。(坐骨神経といって腰から足先に伸びている神経に沿って痛みやしびれが出る状態)

aillis201511041206660

椎間板ヘルニアの主症状は、腰痛と脚のしびれや痛みです。前かがみになったり物を持ったり、長時間立っていたりすると椎間板の内圧が高くなって症状が強まります。 椎間板ってほとんどが水分で出来ているのですが、意外にも20歳代から加齢変性がおこりだすので弾力性が少なくなったりもろくなってきます。そこに負担が強くかかる生活をしていると、ヘルニアが出やすくなり、飛び出して脚につながる神経を圧迫することで坐骨神経痛がよく起こるんですね。左右どちらかの脚にでることが多いですが、両足にでることもあります。

シビレがよく起こる部位

aillis201511041207071

シビレがよく起こる部位は片脚のふくらはぎの外側にシビレが出やすいです。また、太ももの外側や、後ろ側、足の甲や裏なんかにもでることがあります。どこにシビレがあるか、痛みがあるかということを自分で確認しておくことで、専門家にはっきりと場所を伝えれるようにしておくと、診察もスムーズにいくので、確認しておきましょう。

カラダが左右どちらかに傾いてると、ヘルニアの可能性が高い!

坐骨神経痛により、自然と体が左右に傾いている姿勢をとっている場合はヘルニアの可能性が高いです。

aillis201511041203396

このように鏡の前に立ってみてください。どうでしょうか?これは疼痛性側弯(とうつうせいそくわん)といって、痛みを避けるため左右どちらかに姿勢が傾く状態です。自分でできる椎間板ヘルニアの大まかなチェックになりますので、参考にするとよいと思います。

他のよくある症状は??

主症状は坐骨神経痛ですが、もちろん他の症状もあります。

・下半身のマヒ(力が入らない、動きにくい)

・下半身の知覚神経異常(左右手で触れて感覚がどちらか鈍いなど)

・尿が出にくい、残尿感が強い

・便秘がいつもよりひどく感じる。

・やたらとつまづく、こけそうになることが増える。

などなど、上記の症状もよくあります。どうでしょうか?一つでもあてはまる場合は椎間板ヘルニアの可能性があるので、今すぐにでも医療機関にかかることをおすすめします。

椎間板ヘルニアはレントゲンでは確定診断できない?!

a0001_014075

専門は整形外科。確定するにはMRI。

今までこの記事を読まれてきて、もしかしたら椎間板ヘルニアかもしれないと思われた方もいるかと思います。 「じゃあレントゲンを撮ったらわかるんでしょ?」となるでしょうが、実はレントゲンでは椎間板ヘルニアと確定診断できないんですね。

どうしてかというと、レントゲンでは骨は映るのですが、先述した椎間板や神経は映らないのです。なので、問診やレントゲンだけの結果では椎間板ヘルニアだろうとまでしか診断はでないので、場合によっては確定のための検査を受けるために設備の整った病院を紹介されることもあります。

実際に患者さんのお話を聞いていて、「かかりつけの内科でレントゲンをとったらヘルニアの可能性がありますねといわれました。わたしヘルニアといわれて落ち込んでます。。」といったようにお話される方もいます。可能性がある=ヘルニアと思い込んでいるパターンって結構あるんですよね。

あなたはどうでしょうか?症状によってヘルニアにあてはまるものはあったとしても、それが確定していなければヘルニアではありません。気にしすぎて落ち込んでしまわないようにしてください。

椎間板ヘルニアを確定させる検査は、MRI(磁気共鳴画像)

椎間板ヘルニアを確定させるには、MRI(磁気共鳴画像)といった検査機器に入ることになります。このMRIがある病院は入院設備が整った病院だったり、整形外科でもある所と無い所があります。MRIの検査では椎間板から飛び出したヘルニアがどの位神経を圧迫しているのか、または飛び出してないのかなどがはっきりと画像でわかります。この検査の結果椎間板ヘルニアですね、と確定されますのであらかじめ知っておいてくださいね。

ヘルニアは自然に治る?!意外な事実とは

th_th_2015821mn-335

 

 

手術は最終手段

もしも「椎間板ヘルニアです」と確定診断されたら、真っ先に浮かぶのが「今すぐ手術をしなきゃいけないのかな?」という不安だと思います。ですが、ほとんどの場合は今すぐ手術することはないので安心してください。

尿が出にくい、無意識に出てしまう失禁などの排泄障害がある場合は重症なので48時間以内の緊急手術をすすめられていますが、ごくまれです。ほとんどが、保存療法といって、手術をせずに薬や運動療法、物理療法(電気治療や牽引治療)で様子をみます、その結果3ヶ月を超過しても全く症状に変わりがない場合は手術をすすめられることがあります。

私もヘルニアを中学時代に患った際には、手術をせずにこの保存療法で治っています。

ヘルニアを食べて無くしてくれる白血球がある?!

IMG_1696

ヘルニアの50%から60%は、3~6ヶ月で自然縮小・吸収されることがわかっています。どういうことかというと、ヘルニアがあると、その飛び出したものを脳が排除しなきゃいけないと命令を出すんですね。

そしていわゆる血液の成分のひとつである白血球(マクロファージといいます)がパクパク少しずつ食べて除去してくれるんです。この白血球(マクロファージ)は細菌やウイルスなどの異物を除去してくれることで有名なので聞いたことがある方もいるかもしれませんね。これが本来あるべき場所にでてしまったヘルニアを体内の異物と認識して、除去しはじめるといわれています。

病院ではこのお話をしてくれることもありますが、少し専門的なので患者さんには説明としては「リハビリと投薬、牽引などで様子をみましょう」とされることも多いようです。

手術をする緊急性はない場合は基本的に投薬とリハビリ(マッサージやストレッチ、牽引療法、温熱療法)などで対処をしていくことになります。結果的にはヘルニアの症状を改善させるためにおこなう治療になりますね。

当院では血流・循環を改善させることでヘルニア改善へもっていく

20151019rinato-83

白血球(マクロファージ)の働きがヘルニアを手術なしで、自然に回復させていくことにつながる。ということは、さきほどお伝えしてきたことで理解いただけたかと思います。

白血球=血液の成分

ですから、大事なのは血液循環をしっかり取り戻す身体に調整していくことです。それが当院ではヘルニア改善に一番大事と考えています。

場所で言うと、ヘルニアがある腰椎、背骨の血流を良くすること

そのために、筋肉・内臓・関節の調整を軸に施術をすすめていきます。筋肉だけ、関節だけ、内臓だけでは血流が良い身体の状態に変えていくこと維持していくことはできません。

この3つすべて調整していくことで、体質や姿勢が変わり、血流が良い状況が維持できるようになります。その結果上述した50%~60%が3~6ヶ月で縮小していくというデータとおりに、もしくは回復スピードが早まることが期待できます。

手術を避けて、早く改善するからだへの変化を希望される方は、一度ご相談頂ければと思います。

患者さんのよろこびの声はコチラ

おわりに

a0001_009718

いかがでしたか?ヘルニアは手術をしないといけない状況の方はまれです。手術をせずに改善するには、適切な施術や生活習慣が重要になります。ヘルニアについてしっておいてもらうこと、手術は最終手段ということ、自然に治る力が人にはあるということはこの疾患だけではなくほかの疾患でもあてはまることです。そのサポートを当院では行っていますので、お困りの際はぜひお任せください。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院]Rinato鍼灸整体院 川上健史郎

大阪で腰痛、ヘルニアに悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」