ただの捻挫じゃない?手首の小指側の痛みが治らない原因は

th_th_2015821mn-145

以前手首を痛めてしまい、病院で「手首の捻挫ですね、シップを貼って安静にしておいて下さい」と言われ、捻挫ならそのうち治るだろうと思っていた。でもなかなか手首の小指側の痛みがとれない。マシな日もあるけど、また強く痛みが出たり、と繰り返しの日々。「新たに手を突いたり、打った覚えもないし…」と、原因が思い当たらないのに手首の小指側の痛みが治らないと不安になりますよね。

まぁもう少しで治るだろうと、引き続き安静にしてシップを貼ったり、温めたり、マッサージしても中々痛みがとれない…そうなるといい加減、根本的な原因はなんだろう?と知りたくなると思います。

この記事では今から、「手首の小指側の捻挫のような痛みが治らない原因で最も多いTFCC損傷」と「手首の捻挫のような痛みの対処方法について」この2つを紹介します。一日も早く原因を理解して対処し、改善するための参考にしてください。

TFCC損傷の可能性が最も高い

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷とは

「TFCC損傷ってなにそれ?」そう思う方がほとんどだと思いますが、「手首の捻挫と思っていたけどなかなか手首の小指側の痛みが治らない」パターンはこの疾患の可能性が最も高いです。

IMG_1599

写真は右手の甲を上から見たものです。手首の小指側にTFCC(三角線維軟骨複合体)と呼ばれる部分が赤丸で囲んでありますよね?手首を構成する尺骨(肘から手首にかけてある小指側の骨)と手根骨(手首にある8つの小さな骨)の間にクッションの役割を果たしているのがTFCCです。ただの手首の捻挫と思っていたけど小指側の痛みが治らない原因はこの部分の損傷のためということになります。

どんな場面で痛めることが多いの?

th_th_2015821mn-3

TFCC損傷を起こす原因としては…

  • 転倒した際に手首を突いた際
  • 手首に体重がかかって捻った際
  • テニスのプレーにて(フォアハンドでの打ち返し、反復練習など)

上記のパターンがほとんどです。最近は週末スポーツをされる方も多いので、転倒で痛める方がほとんどですね。

だから「あ、ただの手首を捻挫だな」とあまり処置をしないことも少なくありません。

特徴的な症状はこれ

この疾患には特徴的な症状があります。代表例を3つ紹介しますね。

①ドアノブを捻ると手首の小指側に痛みがでる。

IMG_1605

ドアノブを捻る動きは、TFCC部分を圧迫してしまうために痛みがでます。

②手首を小指側に反ると痛みがでる。

IMG_1604

手のひらを上に向けて、小指側に手首を反ってみてください。その際赤丸の手首小指側に痛みがでます。

③手を突いて立ち上がる際に痛むIMG_1607

手を突いて「ヨイショっ!」っと立ち上がることって結構多いのではないでしょうか?この場合手首に体重がすごくかかるので痛みがでます。

この3つが代表例ですが、どうでしょうか?この動作で手首の小指側に症状がでるなら、TFCC損傷の可能性が高まりますのでチェックしてみてください。

これって手首の捻挫!?手首を痛めた際に大事なこと

a0001_014075

転倒したら整形外科で検査をうけておくべき

手首を痛めた患者さんで最も多いのが、「転倒」されて手を突いた患者さんです。転倒されて、手を突くということは手首に体重がかかり捻ることになるのでかなりのダメージを受けています。程度によりますが、手の細かい骨の骨折や不全骨折(ヒビ)、靭帯損傷(捻挫)、脱臼、筋や腱の損傷、肘や肩関節の損傷、鎖骨の骨折などさまざまなことがおこるんですね。

「ただの手首ん捻挫だと思って冷やしてシップ貼ったけど痛みひかんねん」といって来られた患者さんが検査すると、小さな手首の骨が骨折していたなんてことや、腕の骨にヒビが入っていたり…ということはめずらしくありません。場所によっては骨折していても痛みを感じにくい場合もあるんですね。そのため、転倒して手首を痛めた際は念のためきちんと検査を受けておくことをおすすめします。

問題がなければ安心ですし、今回お伝えしたTFCC損傷があれば早く対処できるので、当然治りも早くなるでしょう。

どんな検査、治療をするか?

骨折はレントゲンをとれば診断がつきますが、TFCC損傷の場合はレントゲンだけでは診断がつきにくく、手首に造影剤注射してレントゲンをとるか、MRI(磁気共鳴画像)にて診断がつきます。

その結果にて治療をすすめていくことになるのですが、病院ではTFCC損傷の場合「固定」をすることがほとんどです。程度によってはギプス固定をすることもありますし、サポーター固定、テーピング固定になるでしょう。その方の生活習慣に合わせた固定を2週間から1ヶ月をめどに行うことが多いです。

固定をすることによって、TFCCに負担をかけず、修復するのを待つという治療になります。

Rinato鍼灸整体院では

20151019rinato-83

当院でもTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)に対応しています。

  • 手首の捻挫だと思って固定してきたけど、それでも痛みがとれない方。
  • 固定することが生活上難しく、使いながら治したい方。
  • 手首の捻挫だと思って、様子を見ているけどなかなか改善せず、不安な方。

そのような患者さんが来院されています。もちろん整形外科で診断を受けて頂いたほうが患者さんも安心だと思いますが、固定だけで改善しない方は他の原因も絡んでいることが多いんですね。

当院では、手首だけをみるのではなく、なぜ改善が遅いかを身体全体をみていくことになります。

具体的には…

  • 内臓、関節、筋肉の調整を行う
  • 正しい姿勢、バランスに調整していく
  • 日常生活の指導を徹底する(使い方、スポーツ時、食事など)

それらを行うことで、血液循環を取り戻してTFCCの修復を促すようにしていきますのでご安心ください。固定や安静だけで治らない場合は上記に問題があることがほとんどなので、きちんと処置していけば大丈夫ですよ。

また、遠くて通えないよ…と言う方は全国の信頼できる治療院を紹介できますので、メールかお電話にてお問い合わせください。

おわりに

th_th_2015821mn-335

「手首の小指側の捻挫のような痛みが治らない原因で最も多いTFCC損傷」と「その対処方法について」紹介してきましたがいかがでしたか?TFCC損傷という疾患は聞いたことないと思いますが、手首の損傷時にはよくある疾患です。この記事を通して、早めの対処をされることで手首の痛みが改善することを願っています。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院] Rinato鍼灸整体院 川上健史郎

大阪で手首の痛みに悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」