腰が痛いだけじゃなくて足のしびれや痛みがでたときは?

【腰が痛いだけじゃなくて足のしびれや痛みがでたときは?】

腰痛にもいろいろなパターンがあり、時折「足のしびれ」を伴うケースがあります。

この場合は、はっきりした病名が付くことが多いので、まず整形外科に行ってください。

ただの腰痛とは違いしびれが伴うものは心理的な不安にもなりやすいし、もちろんほっておいてもよくならないケースが多いので今回はそれについて書いていきます。

 

 

【腰椎椎間板ヘルニアとは?】

 

まず1番多いのは椎間板ヘルニアです。

背骨は、椎間板にクッションを挟む形で、積み重なって出来ているのですが、そのクッション部分が外側に押し出され、神経に触れるため激痛が走ります。

腰の痛みが足の神経を圧迫するため、足にもしびれが来てしまうのです。

病院に行けば、牽引や電気などをして痛みがひどければ投薬という形になります。

 

あまりにひどい場合は手術が適用になりますが、アメリカの論文の中で手術後の経過を追ってみるとほとんど場合は、手術の必要がなかったというものもあるので手術によって症状が改善する。

というケースは意外と低いのも特徴です。

 

 

【脊柱菅狭窄症とは?】

老人

背骨の真ん中の隙間に、背骨の神経が通っているのですが、加齢などが原因でその隙間が特に腰部分で、どんどん狭くなり、やはり神経を圧迫します。

こうして足のしびれも出てくるようになるのですが、脊柱管狭窄症の場合は、前かがみになって歩くとやや痛みが軽減されるため、

前かがみになることが多く、歩行時に痛みを伴うので、歩幅が狭くなり「チョコチョコ」と歩くようになります。

 

その他、腰椎すべり症という病気もあります。

これは背骨が部分的にややずれてしまうものです。骨の一部がずれてしまうため、やはり背骨内部の神経を圧迫して腰痛や、足のしびれが起きてきます。

いずれの症状も高齢になると起きやすくなるため、高齢者の場合「坐骨神経痛」とひとくくりにされることもあります。

これも投薬や牽引などの処置をうけているにもかかわらず症状の改善がみられない場合は手術の適用になりす。

 

【本当は怖い腰痛もあります。】

しびれ2

 

内臓の腫瘍や、脳血管障害の場合も腰痛としびれが起きることがあります。

しびれが一定期間続くようであれば、まず早目に病院に行ってください。

以前はこういった病気は、手術で治療することが多かったのですが、最近は痛みどめや神経ブロックなどで痛みを緩和させつつ、血流を良くする薬を処方したりしながら温存する方法が取られています。

 

それというのも、こういった原因がはっきりした腰痛の場合でも、原因を取り除くことで必ず腰痛が治るわけでもないからです。

また高齢者の場合、手術自体が負担になり、なかなかリハビリに移行できず、歩行が出来なくなるという本末転倒なことが起きる可能性も高いのです。

ヘルニアや脊柱管狭窄症で、歩くこと自体が困難になり、どんどん生活の質が落ちていくような場合は、手術をすることを考えた方がいいですね。

 

【腰痛を根本的に改善するには?】

 

 

腰痛一般に「治す」というより、どういう治療が1番ストレスの無い暮らしが出来るか、

ということを基準に考えた方が良いでしょう。

したがって、まず痛みどめや筋肉弛緩剤、血流を良くして痛みを取る薬などを使用して、

痛みそのものを取り除く、弱くすることも1つの方法と言えます。

 

痛みが長く続くと、それ自体が大変なストレスになり、自律神経や血流に悪影響を及ぼすので、より痛みが悪化します。

ただあまりにも薬に頼った生活をしているとより痛みを発生させるという悪循環に陥りやすくなってしまいます。

当院に来院される腰痛のひどく慢性的な患者さんはこの傾向になります。

 

また痛みが原因でうつ病などになり、うつ病のせいでより痛みやしびれが強くなるなど、痛み自体が様々な悪循環を引き起こします。

ヘルニアや脊柱管狭窄症は、背骨自体のトラブルですが、血行を良くして筋肉を鍛え、

腰回りに筋肉を付けることで体がきちんと支えられ痛みが軽減することもあります。

脊柱管狭窄症の場合は、ストレッチなどで、縮んでしまった神経の通り道を広げることも可能です。

 

ただし、やり方を間違えると逆に腰を傷めますので、運動をする場合は、主治医とよく相談してから行ってください。

人間には本来自分の健康を維持する機能と自分で症状を改善する機能が備わっています。

そこには薬やマッサージなどとは違うアプローチが必要になってきます。

本当に大事なのは血液・体液の流れを滞る事なく循環させ、体のバランスをとりもどす事が必須になります。

 

一般的な整体とはまったく異なるアプローチになります。

当院では内臓の働きを高め、その上で体のバランスを取り戻す矯正を加えます。

無意味な骨盤矯正を繰り返しても腰痛は改善しませんし、また薬を使って痛みだけを止めても結局は同じ事の繰り返しになります。

ぜひその点を間違えず良い病院や整骨院・整体院と出会える事を祈っております。

 

 

【あなたの希望を叶える整骨院】Rinato鍼灸整骨院 石水孝幸

大阪で腰痛に悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」