【交通事故後のリハビリの考え方】

【交通事故後のリハビリの考え方】

交通事故画像

車に乗っていれば誰でも事故にいつ巻き込まれるかわかりません。

交通事故後の影響とはどんなものがあるでしょうか?
またどんなリハビリをうけ、なにに気をつけないといけないのでしょうか?

今回はそんな事について書いていきます。

 

【交通事故は誰でもおきる、知っておきたい基礎知識】

 

交通事故によってレントゲン検査では大きな影響が見られないのにも関わらず、

慢性的な痛みに悩まされてしまう方もいます。

頭痛や腰痛、手足の痛みやしびれ、麻痺などの感覚が残ってしまうケースが見られます。

その痛みの部位は神経伝達機能を阻害しているもの、筋肉系の痛み、関節や骨の痛みなど様々です。

 

日常生活で支障が出るほどの痛みがある場合は、

病院で治療を行いMRIやレントゲンをしっかりと診断してもらう必要があるでしょう。

ただやっかいなものは日常生活に大きな影響はないけれど、なんとなくある違和感を覚えるような痛みや体の不具合の感じるケースです。

そういった症状の場合は、MRI検査やレントゲンでは痛みの原因が判明しないケースがあります。

その場合は病院だけに限定せず接骨院や整骨院、整形外科、リハビリステーションなどを検討し、自分にあった病院を選択することが重要です。

 

【交通事故後のリハビリは早期治療がポイント!】

病院3

痛みが慢性化してしまうとそれだけ治療期間も長くなり、完全に回復する可能性も低くなってしまいます。

交通事故後の早い段階で違和感を感じたら、早期に診断してもらうのが良いでしょう。

事故の影響かどうかわからない程度の痛みでも自己判断せずに、専門家のアドバイスをうけるのがいいでしょう。

 

特に交通事故後の違和感として多いのが、首や肩に痛みを発症する、むち打ち。

むち打ちは首にハリがあったり、首の可動域が狭まって首が回らないなどの症状です。

事故前と比べて違和感があるようでしたら、すぐに見てもらいましょう。

 

 

【知っておかないと怖いケース】

また、骨折などの場合は事故後に早期治療しないと、損傷部位の歪みを生じた「偽関節」となってしまうケースがあります。

偽関節の場合は本来、接合される骨の部位がズレることによって可動域が狭くなったり、

関節痛や筋肉痛、血行不良などが起こりやすい状態を招く症状です。

 

自然治癒に任せていると、本来あるべき骨の位置がずれたりして、偽関節になってしまうことがあります。

症状によって回復スピードが違うので焦らないこと!

交通事故後のリハビリを毎日行っていても、なかなか思うように回復せずイラ立ったり、焦ってしまう患者さんも見受けられます。

 

例えば、同じような交通事故に遭っていても、全く同じような体の損傷を受けるというケースは少ないです。

他人の状況は気にせず、しっかりと医師や専門家のアドバイスを受けて前向きにリハビリに取り組むことが重要です。

事故後には、「症状固定」と言われる期間が医師などによって伝えられるケースがあります。

 

一般的な症例と個人の状態を見比べて、だいたいどのぐらいの治療期間が必要かを判断するものです。

例えば、むち打ちであれば半年から1年以上、骨折なら1年から2年程度などの目安を患者さんに伝えてくれます。

これは症状だけでなく、年齢によって治癒できるとされる期間が変わってきます。

そういった大まかな目安を目標とすることで、焦らずリハビリに専念することができるでしょう。

 

【あなたの希望を叶える整骨院】Rinato鍼灸整骨院 石水孝幸

大阪で身体の不調にお悩みの方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」