足底筋膜炎が治らない原因は?

th_th_2015821mn-106

「立ち続けていると足裏が痛い」「朝一番立ち上がる時に足裏が痛い」「好きなランニングが痛くてできない」などの症状でお困りではありませんか?このような症状を訴える方のほとんどが「足底筋膜炎」の可能性が高いです。病院で診断を受けた方もいるかもしれませんね。

当院でも足底筋膜炎と診断された患者さんが来られますが、「治らない原因はいったい何でしょうか?」といった疑問を抱えています。走りすぎ?靴?原因はわからないまま。病院では鎮痛剤やシップをもらって安静にするように言われたけど、中々引かない痛みに不安を抱えてこられる方がとても多いんですね。

この記事では、足底筋膜炎の治らない原因について紹介します。考えられる原因を知っておいてもらうとその対策をできるので、ぜひ参考にしてください。

 

足底筋膜炎とは?

IMG_1969

足の底の筋膜(腱膜)の炎症

上のタイトルにも書きましたが、「足の底の筋膜(筋肉を包んでいる膜)に炎症」が起こっている状態のことをいいます。

足の裏は地面と接触する、人間の歩行に欠かせない部位ですよね。この部分の筋肉は踵から足指の骨まで長く筋肉が伸びているのですが、その中でも足裏中央は特に分厚くなっています。歩く際はもちろん、スポーツをする方はジャンプやランニング、をした際にこの筋膜が伸び縮みすることで着地の衝撃をやわらげてくれています。

その足底筋膜が負担を強いられることが続くと炎症を起こすことがあります。その症状が足底筋膜炎と呼ばれているんですね。

症状は?

  • 朝一番の立ち上がりで足底が痛い
  • 立ち続けていると足底が痛くなる
  • 歩く、走ると足底が痛い
  • 足底がしびれるようなピリピリ感がある
  • 硬い靴で歩くと余計に痛くなる

などといった症状が代表的です。足底のしびれ感は出ない方も多いですね。

足底の筋膜の炎症が引けばいいのか?

足底の筋膜の炎症が起こっているのが「足底筋膜炎」ですが、病院で診てもらって鎮痛剤やシップ、安静を支持されて守っていたらほとんどの方は炎症は引いてきます。

ですが、、

そこから安静解除をするとほとんどの方がまた痛くなってしまうのがこの疾患は非常に多いんですね。

なぜかというと、「足を休ませることは人間が生活する上でほぼ不可能」だからです。仕事、家事、学校…ずっと自分の足で歩かないわけにはいかないですよね。そのため一時的に安静や薬で痛みを抑えてもまた、生活を元に戻すと痛くなってしまうはずなんです。

当院にこられた患者さんの今までの経過を聞き出しても、ほぼ全員が「薬でいったん痛み引いたけど、また痛くなりました。原因が何かあるからかなと思ってます…」といったお話をされるんですね。

原因を知って、炎症を引かす以外の対処が大事

そこで大事になってくるのが、「なぜ、足底が痛くなったのか」ということです。この痛くなる原因を知って、その対策をすることが今後同じ痛みを出さないことにつながるのはイメージできるのではないでしょうか?足底筋膜炎になりやすい人は共通点があります。原因といっても間違いではないと思いますので、ご自身にあてはまることがあるかチェックしてあてはまれば対処してみてくださいね。

足底筋膜炎を治らなくする原因

th_th_2015821mn-333

  • シューズの問題
  • 体重の問題
  • 足首、足底、ふくらはぎの柔軟性低下
  • 食事のバランス

この4つになります。この4つの問題があると、炎症が引いても普段の生活に戻るとまた足底の痛みがでて困ってしまう…といった可能性が高くなるんですね。そのため、この5つの問題をチェックしてみてあてはまっていれば対策してもらうと症状がでにくくなりますので、1つ1つ解説していきますね。

・シューズの問題

a0001_009718

シューズは歩行時の地面からの衝撃をやわらげてくれる非常に大切なものです。仕事で使う革靴やパンプスには衝撃をより吸収するインソールなどを敷くと良いでしょう。一般的な革靴やパンプスはクッション性が乏しいものがほとんどなので、インソールを使う。もしくは、アシックスなどのスポーツメーカーが販売しているクッション性の優れた革靴やパンプスに買い換えるのも非常にオススメです。

普段履きでは、スニーカーなど土踏まずをしっかりサポートしてくれるクッション性のあるものをなるべく選ぶのも大切です。

また、この疾患はスポーツをする方に多いので、競技シューズを買い換えることも必要かもしれません。室内競技でもクッション性に優れたモデルを選ぶようにしたほうがいいですね。特に屋外でのスポーツ、ランニングなどアスファルトを走る習慣のある方はプロが使う試合用のランニングシューズのように軽さを第一にしたものを使っていませんか?上級者のものを初心者が使うとこの疾患や下肢のほかの疾患につながるおそれがあります。上級者でレースにかけている方以外はクッション性のある物を販売スタッフに聞いて選ぶことをオススメします。

・体重の問題

th_th_2015821mn-333

 

これもまた、この疾患がまたでてしまう共通点の多い問題です。環境の変化などで急激に体重が増えたという方は要注意です。体重が増えていくと普段の生活でも足のストレスが増えますし、やせようとスポーツに励む方もいるのではないでしょうか?このタイミングでスポーツを頑張ると、足の負担が増えて、足底筋膜炎はもちろん膝や股関節を痛める可能性もあるので注意が必要なんですね。僕の友人も太ってやせようと急に走り出したら足首を痛めて結局太ったなんて話を聞きました…

そんな時期のトレーニングでオススメなのは、自転車やプールである程度体重を減らす。そこからランニングを砂や芝生で行うといった流れがいいですね。少しずつ体重と足への負担を減らす工夫が大切なので、いきなり無理しないようにしてください。

・足首、足底、ふくらはぎの硬さ

th_th_2015821mn-106

足底が硬いのが良くないのはお分かりかと思います。問題なのはふくらはぎ、特に足首が硬いということになります。どういうことかというと、足首の関節は歩行、ランニング、ジャンプなどの着地衝撃吸収をやわらげる役割があります。足首の固さがあることで、衝撃の吸収がうまくいかずすべて足底にかかってしまうのが問題なので、負担を分散させるために足首の柔軟性が非常に大事になります。

・食事のバランス

顎

食事のバランスが崩れていると、筋肉の修復や伸縮に問題がおこりやすく、足がつりやすいといったこともうまれてきます。また、体重の増加の危険にもつながることは想像しやすいのではないでしょうか?特にミネラル、たんぱく質、ビタミンの摂取は心がけてください。とりすぎないで欲しいのは、砂糖、糖質ですね。血流が低下するのでこの疾患が治りにくくなるので、思い当たる方は注意してください。

以上の4つが足底筋膜炎の治らない原因です。この問題をあなたの状況と照らし合わせてチェックしてみてください。もしあてはまることがあれば、その対処をすることで足底筋膜炎の症状はスッキリと改善していくことに繋がるはずですよ。

この問題の解消へ取り組んだ結果、それでも改善されない場合はお近くの専門家にゆだねることをおすすめします。骨、関節、筋肉のズレや身体の回復力の低下があるかもしれません。

おわりに

笑顔

「足底筋膜炎の治らない原因」についておつたえしてきましたがいかがでしたか?足底筋膜炎は炎症が引いても、また症状がでやすい疾患です。それは足を使わないでいることは難しく、常に足底には負担はかかるからです。その負担を減らすことがこの疾患を治すキーになるので、この記事でお伝えした原因があなたにあてはまるかどうかチェックしてみてください。

原因を知り、その対処をすることが治ることにつながります。この記事を通してあなたの足底筋膜炎が解消されることを願っています。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院] Rinato鍼灸整体院 川上健史郎

大阪で足底筋膜炎でお困りの方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」