必見!からだが良くなる水の飲み方は?

お水

人間にとって欠かせない「水」。生きていくうえで最も大事なものでもありますよね。「健康のためにはお水を一日に1~2リットルは飲みましょう!」「水分補給を怠ると、熱中症になるから注意しましょう」などなど、身体のために大事だということはよくご存知かと思います。

当院の患者さんにも、身体を良くしていくために「水分補給はお茶やスポーツドリンクよりもお水をとるようにしてくださいね」と説明しています。そこで、患者さんからよくある質問が「一日どの位飲めばいいの?」「水はいつ飲むのがいいの?」など、水をどういう風に摂取すればいいか?というものです。

水をどのように摂取すればいいかを考えることは少ないと思いますし、実際に飲み方を間違えると身体に負担をかけてしまうことがあります。そこでこの記事では、からだに良い水の飲み方について説明していきますので参考にしてみてください。

人間のからだは約6~7割が水

2

からだに2リットルのボトル20本前後もの量

成人のからだの約60~65%、老人では約55%、胎児は約90%、新生児は約75%も水が占めているといわれています。からだのほとんどが水ですね。

仮に、成人女性で体重50キロの方なら約30リットル(30キロ)がお水。2リットルのボトル15本ですね。ボトルで考えるとすごい量が人間のからだを構成しているんだなと思いますし、それだけ水はからだにとって大事なものです。

水には種類がある

からだの水を具体的に言うと、「血液」「リンパ液」「唾液」「涙」「鼻水」…などといったものがあります。特に血液やリンパ液といった生命に関するものも水の一部です。また、脳と脊髄といったからだの司令塔を保護している「脳脊髄液」という水もあります。

これらすべて水であり、いきるための「体液」としてからだを守ってくれているんですね。

水がからだを構成している概念を、少しでも知っておいてもらえたら水の重要性を感じてもらえるかと思います。

では、水の正しい飲み方と間違った飲み方について説明していきます。

間違った水分補給はがぶ飲み!

みずみあ

冷えやむくみの原因にも

水を沢山のめばからだにいいんだ!と「ゴクゴクゴクゴク…ふーっ」ってやっていませんか?水を積極的にとることはとても良いことですが、がぶ飲みしてしまうと胃腸や腎臓に負担がかかります。

水はほとんどが大腸で吸収され、その後血液中に吸収されていくのですが水をとりすぎてしまうことで余ってしまいます。そうすると血管外に水分が出ていくためむくみがおこりやすい状況になるので、注意してください。

また、寝る前にがぶ飲みしてしまうと睡眠時は腎臓の機能が低下しているので、うまく水分を対外に排出できません。そのためむくみが起きやすくなります。

水ダイエットの危険性

th_th_2015821mn-3

いきなり自己流でやると危険

「水を大量に飲むことでやせる!」といったダイエットもはやりましたよね?女性の方は取り組んだ方も検討していた方もいるのではないでしょうか?

あれも、自己流でいきなりやるとかなり危険です。

お水を一気飲みしたり大量のお水を飲み続けると「水中毒」という症状があらわれることがあるんですね。

冒頭でもお伝えしたとおり人間の体の約60~70%は水分であると言われてますが、「とにかくがぶがぶ飲んじゃえ!」と水の飲み過ぎでこのバランスが崩れると細胞が膨張し体がむくみ、血液のナトリウムイオン濃度が下がります。

水をとりすぎて体内の塩分濃度が低下すると軽い頭痛や嘔吐、疲労感がでたり、気分が不安定になったり痙攣が起きたりすることもあります。こわい例では、そのままこん睡症状になり呼吸困難で、死に至ることもあります。

水分補給の不足が熱中症や脱水症の原因になることはよく知られていますが、このような水の飲み過ぎの危険性はそれほど知られていないのではないでしょうか?

「ダイエットやデトックス効果がある」からと、とにかくがぶ飲みするといった間違った考えで一気飲みをする習慣がある方は注意が必要です。

腎臓に負担がかかると腰痛の原因に?

a1640_000383

腎臓はむくみだけでなく腰痛にも関係する

腎臓といえば、血液をろ過し、老廃物を尿として体外へ排出させる人間にとってものすごく重要な働きをしています。水を一度に大量にがぶ飲みしたりすると腎臓に負担がかかってしまいます。

その後うまく処理ができずに余計な水分が体内にたまるため、むくみにつながったり、疲れやすくなる場合もあるので、水分の取り過ぎには注意してください。

腎臓は大腰筋(だいようきん)といって、腰痛の原因になる筋肉とリンクしています。腎臓に負担がかかると、大腰筋が硬くなりますので腎臓疲労が原因で腰痛が起こってしまうなんてことはよくありますので、腰痛が気になる方はもちろん、予防のためにも注意しておいてください。

こうやって水を飲むとからだにやさしい

水

少しずつ飲んで内臓に負担をかけない

「がぶがぶ飲まないでください」というお話をしてきたのでおわかりかと思いますが、がぶ飲みの逆をしてください。

「ゆっくり、こまめに適量をとる」これに尽きます。こまめに口をつけるのが理想ですね。オフィスや外出先、自宅にいるときなど常にコップや水筒に水を入れて近くにおいておく習慣をつけると良いです。

一日に飲む量は?

一日に1,5リットルとか2リットル…どれだけ飲めばいいの?と思いますよね。成人男性で一日にでていく水分量は約2.5リットルほどといわれています。これは汗だけでなく、尿や呼吸、放熱する際にでていく量です。

じゃあ2.5リットル飲まないといけないか?といわれればそうではありません。

食事や体内代謝の際におこる水分もありますので、だいたい1~1.5リットルを目安にされると良いです。食事でいうと味噌汁などの汁物はもちろん、野菜のトマトやキュウリ、レタスなどは約95%が水分です。ほとんど水ですね。そういった所からも水を摂取していますので知って置いてください。

いつ飲むといいの?

  • 朝起きた後
  • 入浴前後
  • 食事の際
  • 仕事や勉強の際(1時間おき)
  • のどがかわく前

などですね。もちろん生活スタイルによって変わりますが、基本的には上記のタイミングではとるようにしてください。ひとつだけ注意して欲しいのは、寝る1時間前には水分を取り終えておくほうが良いです。

先述もしましたが、寝る直前に飲むと腎臓に負担がかかるのが理由です。

水が苦手で飲みにくい方へ

れもん

レモンを入れると飲みやすくなります

「水はからだに良いとわかってても味が無くて苦手なのよね…」と言う方はたくさんいらっしゃいます。あなたもそうではないでしょうか?そんな方におすすめなのは、水を入れたボトルにレモンを絞ったり、スライスを入れておくことです。

当院に来られる患者さんにもすすめたりしますが、やると飲みやすくて良かった!とおっしゃってました。ビタミンCも取れるのでオススメです。

小洒落たお店に入ると、お水のボトルにレモンが入ってたりしますよね?あんなイメージです。ぜひおためしください。

おわりに

笑顔

からだに良い水の飲み方についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

水は健康に欠かせないものです。でも、まちがった飲み方をすると健康を害することだってあるんですね。そのことも踏まえて正しい水の摂取をしていただき、あなたの健康に繋がればと思います。

[大阪市のバキバキしないで身体を変える整体院] Rinato鍼灸整骨院 川上 健史郎

大阪で身体の不調にお悩みの方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」