足がつって困っている方へ。米国神経学最新の対策方法とは?

あしつる

「ぎゃーっ痛っ!!助けて!足つった!」夏に多いこんな状況。プールや海、夜寝ていてこうなってしまうと恐ろしいですね。足がつるって本当に痛いことですから…。

実際に足がつると、何をすりゃいいかわからないけど「とりあえずストレッチをして伸ばせば治る」と自力で伸ばしたり、誰かに伸ばしてもらうのではないでしょうか?その後安静にしてある程度時間がたてばおさまりますよね。

「あ~よかった。けどなんで足がよくつるのだろう?予防や対処はどうすればいいんだ?」とこの恐怖からどうしたら逃れることができるのか?知りたくなって当然だと思います。本当に痛いですものね。

そこでこの記事では、足がよくつって困っている方へ向けた最新の対策方法をお伝えしますので、参考にしてあの恐怖から逃れてください。

足がつるのは「筋肉」ではなく「神経」の問題?!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-E146_ishidaiseikou-thumb-1000xauto-15309

最新の米国神経学での発表

以前より足がつる原因は「電解質不足」といわれてきました。いわゆる「ミネラル不足」のことです。よく足がつって困っている方は、調べたり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?

電解質(ミネラル)は、ナトリウムやカリウム、マグネシウムやカルシウムなどなど血中に含まれているミネラルイオンで、人間の身体の細胞約60兆個の内外でバランスをとっています。

汗をかいたりして脱水症状になるとミネラルバランスがくずれると筋肉の働きがうまくいかなくなるため、夏やスポーツ中、就寝中につりやすくなるといわれているんですね。

そのため「電解質不足」はもちろん「冷えや疲労による筋肉への血流(ミネラル供給)低下」もつりやすい環境をつくっててしまうので注意が必要です。

と、なると電解質不足にならないためにミネラル、水分の補給をしてあげることが大事になりますよね?

そこで、ミネラル、水分を意識して補給するようにして足がつることがおさまればいいですが、それでも足がつることが続く場合があります。それはなぜかというと…

足がつるメカニズムはまだはっきりしていない

a0001_014075

「足がつるメカニズムがまだはっきりしていない。」このためです。

有力説はどんどん変わっていくのですね。分かりやすい例でいうと、昔の部活動では、うさぎとびが良い!ってみんな思ってましたし、腹筋は今みたいに膝を曲げて行わずに膝を伸ばした状態でやってました。今じゃ腰などを痛めるので非常識になってるんです。

足がつる原因の推察はこの例え話のように常識→非常識ほど極端ではありませんが、以前は足がつる原因は「電解質不足」→少し前は筋肉の微細な組織損傷で炎症がおこるためといわれてきました。

この足がつる場合はどれも有力説ですが、どんどん変わってきているということを知っておいて欲しいと思います。電解質不足は今では考えられないということではなく、原因のひとつであることは間違いありません。

最新の見解は「神経」の問題

※参照論文 https://www.aan.com/PressRoom/home/GetDigitalAsset/11529

少し専門的な言葉になりますが、筋肉を支配する神経「アルファー運動ニューロン」という筋肉の縮み(収縮)を検出するセンサーがあるのですが、これが繰り返し発動して過剰な筋肉の縮みを促しているという見解が現在では有力視されています。

ざっくりいうと、「筋肉の縮みを命令する神経がすごく働いて、それを止めれていないため、縮みすぎて足がつってしまう。」こんな感じです。

筋肉の支配を行う神経に、縮め!縮め!と収縮を促している命令に対して、縮めすぎるな!縮みすぎるな!というこれ以上縮むとつっちゃうよというストッパーの命令がうまく働かず、乱れてしまっているのが原因ということですね。

天秤のバランスが取れずに傾きすぎているような神経の状態です。そこでどうすればいいの?となるのですが、論文で推奨されているのは…

ピクルスの汁(酢)が推奨されている

もずく

神経反射のバランスを取り、過剰な縮みを抑える

ピクルスの汁なんて日本じゃちょっと…って感じですが、要するに「お酢」ですね!

お酢なら積極的にとれるのではないでしょうか?お酢を摂取する事により神経反射による筋肉の過剰な縮み、足がつることを抑えることができるとの事です。

そのほかに、しょうがやシナモンもお酢と同じような効果があるということなので、スポーツをする方、スポーツ少年、夜に足がよくつる方はぜひ積極的に摂取しましょう。

ミネラルもお忘れなく

当然ミネラルも必須栄養素なので、お酢だけにとらわれず意識的に摂取しましょう。お伝えしてきたように、ミネラル不足による「足がつる」ことを忘れないでください。ミネラル+お酢を意識的にとりいれることで、今まで足がつって困っている。つらないか不安。そんな毎日から脱出できるはずです。

食事×睡眠×運動のバランスあってこそ

お水

お酢とミネラルだけではありません

足がつらないためのお話をすすめてきましたが、これはあくまで食事面で気をつけると良い一つに過ぎません。大事なのは「食事×睡眠×運動」このバランスです。

お酢をとって食事に気をつけて、運動不足にならないように日々意識していても、毎日全然睡眠を取らないと意味がないということですね。

掛け算はどこかがゼロだと、答えはゼロになります。これを「食事×睡眠×運動」にあてはめてください。シンプルですが、一番大事ですね。この上に今回お伝えしたことを参考にしてもらえればと思っています。

おわりに

温泉

「足がよくつって困っている方へ向けた最新の対策方法」をお伝えしてきましたがいかがでしたか?足がつるというのは本当に痛いですし、またつったらどうしよう…と不安になるものです。

この記事を通して、足がつる不安から解消されれば嬉しいです。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院] Rinato鍼灸整体院 川上健史郎

大阪で身体の不調でお困りの方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」