逆効果!熱~い風呂は疲れを倍増させている?!その根拠とは

温泉

「ただいまー、あ~疲れた。熱い風呂に入浴剤でも入れて疲れとるか…」、「う~熱っ、、ふーっ」…っという感じで疲れを取る。そんな習慣はありませんか?

「熱い風呂にゆっくり入れば疲れが取れる」これは日本人の常識になっているのではないでしょうか?思い返すと子供の頃に、祖父母や父母によく言われてた方も多いと思います。日本の文化ですもんね。

当院に来られる患者さんと話をしていて、「疲れをとるために毎日熱い風呂にゆっくりつかってるんですよ」ということをよくお聞きします。ご自身でケア意識をもつことはとっても良いことですが、実は逆効果なんです。

逆効果の理由を患者さんに説明すると、「えーっ、うそ…」と驚かれる方が多いんですね。そこで、この記事では「熱い風呂は疲れを溜めてしまうことになる理由」をお伝えしていきます。その結果疲れが取れやすい環境になり、仕事にプライベートにいつもよりスッキリ取り組めるようになるので参考にしてみてください。

なぜ、熱いお風呂に入ると疲れがとれないのか?

th_th_2015821mn-222

体温調節にエネルギーを使っている

「う~~っ」と声が漏れながらゆっくり身体を沈めていく。熱い風呂。この環境の中で、人間の身体では反射的に体温が上がり過ぎないように調節する機能がそなわっています。その場所は間脳の視床下部といって、脳内にその機能があります。発汗させるなどして体温調整するには筋肉や血管、内臓、神経を働かせるエネルギーを使うことになるんですね。

熱い風呂+時間が長い=疲労度

このようになってしまいます。

身体が疲れるからよく寝れる?

よこよこね

熱い風呂に長い時間入った後は、血管が拡張してポカポカしますので疲れが取れた感じがしますし、よく眠れる経験はあるのではないでしょうか?僕も銭湯や温泉にいったときに感じます。ボーっとしたりすることもありますが、それは身体が疲れるため起こっている現象なんですね。

そのため、一日の仕事の疲れ+熱い長風呂の疲れ=余計に疲れてよく寝れている。

といったことになっていることが考えられます。

入浴がわるいわけではなく、熱いことが問題

ondo

※画像引用先 東京都慈恵医科大学ウイルス学第一教室 

「じゃあ、風呂に入ると疲れるから入らない方がいい?」かと言えばそうではありません。

疲れを取るためにはシャワーだけよりも入浴したほうがいいです。大事なのはお風呂の環境設定。熱いお風呂は疲れを増強させることをお伝えしてきました。上記のデータ画像がその根拠となります。

42度で入浴した際のデータです。FR(疲労回復物質)は半身浴でも全身浴でも増え幅は同じですが、FF(疲労物質)が全身浴でぐっと増えているのがわかると思います。ということは、42度の熱い風呂で長く入る、肩までつかると更に疲労度が増すということですね。

これが根拠になります。では次に疲れが取れる入浴環境設定についてお伝えしていきます。

疲れが取れる入浴環境はこの3つ

お風呂1

熱い風呂に長く、更に肩までつかると疲れが増えることはおわかり頂いたと思います。大事なのはFR(疲労回復物質)を引き上げることなので、その入浴環境設定ですが次の設定がオススメです。

  • 38℃~41℃までの温度設定
  • 最低10分、ゆっくりとつかる
  • 半身浴

この3つでOKです。

熱い風呂に慣れている方は、物足りなく感じると思いますが、疲労が取れる状況をつくるにはこの方法が一番オススメです。音楽をゆっくり聴くのも良いですし、本を読んだり、女性ならアロマを炊いたりしても良いでしょう。そうすることで、身体はリラックスしたままで血流が良い状態になりますし自律神経にも良いので、ぐっすり眠れて疲れが取れやすくなります。

サウナはどうなのか?

お風呂おんな

3分くらいが目安

ここまで、読んで頂ければ熱い風呂に長い時間入ると疲れが取れるどころか疲れる。ということを理解して頂けたかと思います。そこで、「サウナはどうなのか?」とサウナ好きの方は思うかもしれませんね。

結論からお伝えすると、サウナは入るなら3分くらいまでにしてください。サウナはやはり長く入れば入るほど疲れます。今回は疲れを取るためのお話なので、基本的に疲れをとるためなら入らない方が良いです。

汗をかきたい。疲れるのはわかってて入る分なら問題ないですが、水風呂とサウナを交互に入ることも身体には負担がかかっていますので、長時間は注意してくださいね。

おわりに

笑顔

「熱い風呂は疲れを溜めてしまうことになる理由」についてお話してきましたがいかがでしたか?「熱い風呂に肩までつかり、100数える」という子供の頃によくある日本の文化。懐かしくていいなぁと思いますが、大人になって疲れをとる方法かといえば、そうではありません。

患者さんの方からのお話でよく聞いて、気をつけてもらった方が良いと思い今回の記事を作成しました。疲労は生きていれば必ずたまります。その疲労を効率良くとってあげることを日々することで、痛みや不調、病気といったリスクをグッとさげることができますので、ぜひ参考にして頂いて、あなたの疲れがとれることで仕事にプライベートに充実した日々を過ごせることを願っています。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院] Rinato鍼灸整骨院 川上健史郎

 

大阪で身体の不調に悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」