食欲不振の原因と対処方法について知りたい方へ

腹部

「毎日お腹が空かない…」また、お腹が常に張っているような腹部膨満感、げっぷが良く出る、胸焼けがする、胃酸が上がってくる感じがある。。そんな状況で困っていませんか?そういう毎日だと、どこか悪いのかしら?と不安になって当然だと思います。

でも、痛みがあるわけじゃないから病院にいくほどのことかわからないし、何科にいったらいいかも良くわからないのではないでしょうか?実は、そういう状況で悩んでいる方はすごく沢山いらっしゃいます。このような症状がでていると自律神経が乱れ始めている可能性があります。

この記事では、食欲不振、お腹が空かない原因とその対処方法について紹介しますので参考にしてくださいね。

消化器系は自律神経が支配している

副交感神経が消化を促す

IMG_1973

食べものを口に入れると、食道→胃→十二指腸→小腸→大腸→肛門…という流れで消化されていきますよね?消化器系はこれらに加え、肝臓や胆嚢、すい臓といった臓器も含まれています。

これらの消化器系の臓器は自律神経の副交感神経によって働いてくれるのですが、自律神経のバランスが乱れるとこの消化の働きが弱くなってしまいます。胃や腸の働き低下により消化活動が弱ると腹部膨満感や食欲不振といった状況がでやすくなるんですね。

では、その乱れてしまうと困る自律神経について詳しくお伝えします。

自律神経とは?

th_th_2015821mn-14

「自律神経系」は循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能(ホルモンバランス)、生殖機能、代謝のような、自分の意思ではコントロールできない機能をコントロールしているものになります。

まさに、自律神経のおかげで人間は生きていけるようになっている。そういっても過言ではありません。自分の意識を使わずに勝手に身体をコントロールするとても高度な生体システムが人間には備わっているということを知っておいてください。

また、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という2つに分類されており、この2つは逆の作用をもたらし、交感神経が亢進すれば副交感神経は抑制の働きを行うんですね。交感神経は日中の仕事やスポーツなどの活動時に、副交感神経は睡眠時、食事の際など、休息時に働くのが大まかな特徴です。

例えるならば、「太陽と月」、「ブレーキとアクセル」、といったところでしょうか?

このバランスが乱れてしまうと、生体機能がうまく働かなくなります。その結果身体にさまざまな不調がおこるということがおこってしまうんですね。

全ての神経を繋ぐと地球を2周半もの長さ

地球

「10万キロメートル」これは身体にめぐるすべての神経を1本につなぐと10万キロメートルにもなるといわれています。

脳は体全体と常にネットワークを保っています。脳、脊髄から手足、内臓に伸びていく神経が常に働いて交信しているんですね。寝ている時に意識はないけど、呼吸はしていますよね?心臓は勝手に動いていますよね?食べものを消化していますよね?あれは全てこの神経のネットワークのおかげということです。

地球2周半もの神経の長さが体内をめぐっていると思うと人間の体って本当に良く出来ているし、すごいですね。

このことから、その神経系が乱れるということは、体の不調が起きてくるのはより想像しやすいと思います。次に自律神経が乱れると起こりやすい症状をお伝えします。

自律神経が乱れると、食欲不振以外にもこんな症状が

th_th_2015821mn-222

食欲不振や腹部膨満感はもちろん、胸焼け、胃潰瘍、めまい、ふらつき、倦怠感、耳鳴り、目がまぶしい、頭痛、イライラ、やる気がでない、ボーっとする、のぼせる、動悸、不眠、力が入りにくい、手足に汗をかきやすい、疲れが取れない。。。などの症状がでやすいです。

患者さんの方で多いのは、この中の全てがでるわけではありませんが複数の症状を訴える方がほとんどですね。年齢は様々ですが、当院には10代~40代の方が多いです。職業も様々。会社員、自営業、外資系、プロの格闘家まで来られます。

お腹が空かないけど無理に3食食べている、人の多い電車に乗るのが怖い、仕事の付き合いで初対面の人と食事する時のどを通らない、音楽が好きでライブにいきたいがふらふらしてしまうのでいけない、読書が好きだけど読んでいると集中力が以前より激減している、初めてのメインイベントをマッチメイクされてから緊張と不安で力が入りにくい状態が続いている、メニエール病と診断されていたけど薬が全く効かなかった…これは、当院に来られた自律神経症状を抱えた方達の悩まれていた症状です。

今回はその症状の中でも食欲不振、腹部膨満感、胸焼け、げっぷが良く出るといった問題の原因として自律神経の乱れが関係していると捉えてください。

 

自律神経が乱れてしまう原因は?

th_th_2015821mn-3

原因は様々

  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 食事の偏り
  • 環境の変化(転勤、出産、出会い、別れなど)
  • 過労など

一般的にはこのような原因が考えられています。

上記の全ては体に負担をかけることになるので、確実に疲労します。当然改善できるところは今すぐ改善していくことが大切ですが、すべてを取り除くことは難しいことがほとんどだと思いますので、今すぐできる対策は内臓を休ませて上げること。その方法についてお伝えしていきます。

食欲不振は内臓を休ませることが一番の対策

th_th_2015821mn-333

3食無理に食べる必要はない

「食欲が無いけど、朝昼晩は少しでも何か食べなきゃ」と無理して口に食べものを運んでいませんか?当院の患者さんに話を聞くとほぼほぼ皆さん無理して何かを食べなきゃ余計身体にわるいと思っています。

それ、実は逆効果なんです。

「えっ」と思われたかもしれませんが、自律神経の乱れの症状が食欲不振として出ている場合は「お腹が空くまで食べない」。これがとっても大事。

人によっては一日二食になる方もいれば一食になる方もでてくると思います。また、一日半空かないことがあっても不思議ではありません。「それだけ内臓は休ませてくれー」と言っています。お腹が空いた時が「そろそろエネルギーをください」と言ってるということですね。

一日三食はお腹が空いていなければ取る必要はありません。水とバランスの良い一食(二食)で十分なんです。僕自身一日二食か一食しか食べませんが、三食無理にとるより確実に調子がいいです。

まず、一日三食無理に食べる必要はないということを知ってください。そして、お腹が空くまで食べない。食べるときはなるべくバランスの良い食事を、ゆっくりと噛んで消化しやすい状況にしてください。この流れを続けていくと食欲不振、腹部膨満感、胸焼け、げっぷが良く出るといった症状が改善されていきます。

内臓にも自律神経にもお財布にも優しいこの対策、ぜひ今すぐ実行してくださいね。

おわりに

笑顔

食欲不振、お腹が空かない原因とその対処方法について紹介してきましたがいかがでしたか?この問題は大きな病気などがなければ、自律神経の乱れが絡んでいます。その対策としては「お腹が空くまで食べない」。これが一番大事。今すぐ実行して頂いて、あなたの食欲不振や腹部膨満感といった不調が解消されることを願っています。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院]Rinato鍼灸整体院 川上健史郎

大阪で自律神経の乱れで悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」