集中力が続かないとずっと悩んでいる方へ。糖質をとりすぎていませんか?

th_11.10atsumeki363

「身体が重い」「なんだかイライラしやすい」その結果、「何をしててもボーっとして集中できない」といったことで困っていませんか?そういう状況があると、仕事も趣味も物事が思うようにいかずに余計にイライラしたり、疲れきってしまうと思いますし、なんでこんなに集中できないのか?と理由をしりたくなって当然だと思います。

当院に来られる患者さんの中でもこういった「ぼーっとして集中力が続かないんですよ」という悩みをよく聞きます。その中で深くお話を聞いていくと、予想通りその方達に共通することがありました。それは糖質をとりすぎているという共通点。

この記事では、「集中力が続かない人が糖質をとりすぎていることの関係性」と「その対策実行方法」について紹介しますので、参考にしてみてください。

「甘い物を沢山食べて脳にエネルギーをおくらなきゃ」は間違い?

th_th_2015821mn-333

糖質だけが脳のエネルギーではない

「糖分をとらなきゃ頭が働かないよね」と思っていませんか?ずっと子供の頃から言われてきたことなので、ほとんどの方がそう思っていて当然だと思います。そう思っていると、「脳にエネルギーを入れなきゃ」と糖質を常に意識して、沢山とる。疲れたとき、休憩時間には自然と甘いお菓子や甘いドリンクに手を伸ばす。といったことを普段していませんか?

実はそれは間違いです。

糖質だけが脳のエネルギー源ではないんですね。糖質はなくても脳は働くような機能が人間の身体には備わっているのですが、そのポイントが2つあります。

「たんぱく質」と「脂質」

この2つが実は脳のエネルギー源として利用することができます。この2つが体内で分解されることで最終的にブドウ糖がつくりだされるようになっているんですね。それを知らずにとにかく糖質をとっとけば大丈夫だろうという方がものすごく多いんです。

そのため、とにかく糖質を沢山とらなきゃといった生活リズムがしみこみ「糖質のとりすぎ状態」の身体になっている方が非常に多いのを実際に患者さんの話を聞いても感じています。

糖質には中毒性がある

顎

昔の日本人の最大のご馳走

今はコンビ二にいけば、おにぎり、ラーメン、パスタ、お菓子、スイーツ、甘いドリンク…など様々な糖質が簡単に手に入りますよね。それが当たり前の世の中ですが、昔は糖質が最大のご馳走といわれていたそうです。

糖質には、脳のドーパミン報酬系というところに作用して「多幸感」をもたらすために中毒性が高いと言われています。中毒性が高いために、脳が欲しがり続けてしまうといったサイクルがうまれやすいのも特徴なんですね。

「多幸感があるのはいいこと」と思われるかもしれませんが、脳が多幸感にひたっている間に思考力や行動意欲に関わるドーパミンやアドレナリンといった神経伝達物質の機能が低下していってしまうのが問題です。

集中力や思考力、行動力が低下する

th_11.10atsumeki363

そうなると、正常な思考や行動ができなくなるため、集中力が低下したり、イライラしやすくなったり、やる気をそこなったりといった症状がでてきやすくなります。

結局、脳にエネルギーをと糖質を沢山とる→多幸感→より欲しくなる→食べる→神経伝達物質の機能低下→集中力の低下

といったサイクルができてしまい、それが生活のリズムと化して慢性的な身体の状態ができあがっているのが今の集中できない状況をうみだしているということが予測されます。

当院の患者さんにもこの説明をすると理解されると同時に、「変わりに何をとればいいか?」「なにからはじめればいいですか?」といった質問がでてきます。そこで次にその対策について紹介します。

糖質のとりすぎ対策は?

姿勢おんな

できることからはじめましょう

  • 食事の回数や糖質量を減らす…そもそも、食事する回数が多すぎることが問題です。まずは間食を減らす、ご飯、パンなどの糖質の量を今より減らすことを実行してみましょう。
  • 甘い物が欲しくなったら…果物が理想。果物の糖は甘いパンやお菓子、白米などにくらべて血糖値の上昇がゆるやかになります。どうしてもチョコレートを食べるならダークチョコを選ぶ。コーヒーは砂糖をなるべく減らす。
  • 菓子パンはやめる…菓子パンは砂糖が非常に多いのは想像つくと思います。パンを選ぶ際は注意してください。
  • 人工甘味料を避ける…カロリーゼロといった食品は今沢山ありますが、添加物である甘味料をとる癖をつけると、脳が錯覚を覚えて血糖値が急激に下がりやすくなったり、より甘い物を欲しくなるといった状況がうまれるので注意してください。
  • 糖質よりたんぱく質と脂質を意識…冒頭でも触れましたが、脳へのエネルギーは糖分だけではありません。たんぱく質と脂質を意識的に食事でとるようにすることを続けて、糖質のとりすぎリズムを少しづつ変えましょう。

上記の5つをあげましたが、1つでも実行していくことが糖質をとりすぎてきたリズムを変えることに繋がっていきますよ。数日では意味がありませんので、継続して3ヶ月、半年と続けることで、少しずつ集中力の低下で困る環境から解放されます。

おわりに

パソコン手

「集中力が続かない人が糖質をとりすぎていることの関係性」と「その対策実行方法」について紹介してきましたが、いかがでしたか?糖質をとりすぎることで、集中力の低下がおこるというのはあまり知られていません。実際に当院の患者さんでもこの説明をして、実行策をしてもらうと、「集中しやすくなった」「甘い物はただ習慣でたべてたことにきづいた」「無駄にジュースや砂糖をとらんようになって、身体の調子もよくなったし寝やすくなった」といったような声が良くでてきます。

一度、砂糖をとりすぎてないか振り返ってみては?

あなたの集中力がこの記事をとおしてアップする結果になることを願っています。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院] Rinato鍼灸整体院 川上健史郎

大阪で自律神経の乱れで悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」