大阪で自律神経失調症を整えるなら、日本自律神経整体協会認定院へ

 

20151019rinato-83

倦怠感が強くて、だるい、めまいやふらつき、気力がわかない…そんな症状でお困りではありませんか?そして、病院で検査をしても異常がなく、とりあえず安静にしておくように言われた。薬や漢方、サプリメントを飲んでも中々改善しない。。ネットで調べると「自律神経失調症」という疾患がヒットする。病院でも自律神経の乱れがあるといわれたけど、どうしたらいいかわからなくて不安になっていませんか?また、どこにいけば自律神経を整えることができるのかわからない…

同じ自律神経失調症で悩まれている方はこのような不安を抱えています。この記事では自律神経失調症についてと、当院での自律神経整体による調整について紹介しています。自律神経を整えることは健康への近道になるので、まずは自律神経の役割について紹介していきますね。

 

自律神経とは?

th_th_2015821mn-14

「自律神経系」は循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能(ホルモンバランス)、生殖機能、代謝のような、自分の意思ではコントロールできない機能をコントロールしているものになります。

まさに、自律神経のおかげで人間は生きていけるようになっている。そういっても過言ではありません。自分の意識を使わずに勝手に身体をコントロールするとても高度な生体システムが人間には備わっているということを知っておいてください。

また、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という2つに分類されており、この2つは逆の作用をもたらし、交感神経が亢進すれば副交感神経は抑制の働きを行うんですね。交感神経は日中の仕事やスポーツなどの活動時に、副交感神経は睡眠時、食事の際など、休息時に働くのが大まかな特徴です。

例えるならば、「太陽と月」、「ブレーキとアクセル」、といったところでしょうか?

このバランスが乱れてしまうと、生体機能がうまく働かなくなります。その結果身体にさまざまな不調がおこるということがおこってしまうんですね。

全ての神経を繋ぐと地球を2周半もの長さ

地球

 

「10万キロメートル」これは身体にめぐるすべての神経を1本につなぐと10万キロメートルにもなるといわれています。

脳は体全体と常にネットワークを保っています。脳、脊髄から手足、内臓に伸びていく神経が常に働いて交信しているんですね。寝ている時に意識はないけど、呼吸はしていますよね?心臓は勝手に動いていますよね?食べものを消化していますよね?あれは全てこの神経のネットワークのおかげということです。

地球2周半もの神経の長さが体内をめぐっていると思うと人間の体って本当に良く出来ているし、すごいですね。

このことから、その神経系が乱れるということは、体の不調が起きてくるのはより想像しやすいと思います。次に自律神経失調症の症状をお伝えします。

自律神経失調症の症状とは?

th_th_2015821mn-222

めまい、ふらつき、倦怠感、耳鳴り、目がまぶしい、頭痛、食欲不振、イライラ、やる気がでない、ボーっとする、のぼせる、動悸、不眠、力が入りにくい、手足に汗をかきやすい、疲れが取れない。。。などの症状がでやすいです。

患者さんの方で多いのは、この中の全てがでるわけではありませんが複数の症状を訴える方がほとんどですね。年齢は様々ですが、当院には10代~40代の方が多いです。職業も様々。会社員、自営業、外資系、プロの格闘家まで来られます。

人の多い電車に乗るのが怖い、仕事の付き合いで初対面の人と食事する時のどを通らない、音楽が好きでライブにいきたいがふらふらしてしまうのでいけない、読書が好きだけど読んでいると集中力が以前より激減している、初めてのメインイベントをマッチメイクされてから緊張と不安で力が入りにくい状態が続いている、メニエール病と診断されていたけど薬が全く効かなかった…これは、当院に来られた自律神経症状を抱えた方達の悩まれていた症状です。

「自律神経失調症ですね」「ストレスがたまりすぎているんでしょう」「とりあえず安定剤をだしておきます」「心療内科を紹介しますね」などと、言われて他に手立てがないかと調べて来院、もしくは薬や病院で治療しても思わしくなくて来院されることがほとんどです。

薬はとても効果的ですが、「手放せなくなるのが怖い…」その想いをみなさん共通してもたれているのも事実です。

 

自律神経失調症の原因は?

th_th_2015821mn-3

原因は様々

  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 食事の偏り
  • 環境の変化(転勤、出産、出会い、別れなど)
  • 過労など

一般的にはこのような原因が考えられています。

上記の全ては体に負担をかけることになるので、確実に疲労します。当然改善できるところは今すぐ改善していくことが大切ですが、すべてを取り除くことは難しいことがほとんどだと思います。その場合は自分での回復には限界があるので、医療機関を頼ることが必要になってくる。

また、体の不調の原因を調べていくと…

「血液も異常なし」

「脳の検査も異常なし」

「CT、MRIも異常なし」

「えっ、何もなくてよかったけど、この辛さはどこに原因があるの?」

「まわりにはどう説明したらいいの?対処はどうすれば…」

原因を知りたくなって当然だと思いますし、不安になる方がほとんどです。そして焦って余計に症状が出て落ち込む…といったサイクルになってしまうことも。

まずは医師に相談しましょう

a0001_014075

心療内科が専門

体調に不調がおこっていてどこの病院にいけばいいかわからない。そう思われて当然だと思います。症状によっては、耳鼻科、婦人科、神経内科など分かれることになりますので、まずはかかりつけの医師に相談して検査を受けることをおすすめします。かかりつけがなければ内科を受診してみてください。

自律神経失調症の症状は他の疾患と間違えやすかったりするので、まずは血液などの問題がないか確認しておくと安心だと思います。そこで問診、検査の結果異常が見られなかったら自律神経失調症の疑いとして、心療内科を紹介されることが多いです。

大阪で自律神経失調症を整えるならRinato鍼灸整体院

20151019rinato-83

健康の鍵は自律神経のバランス

当院は日本自律神経整体協会「大阪支部」として活動しています。

量子物理学を応用した自律神経整体により、患者さんの潜在意識に原因を問いかけていく筋力検査を行い、不調の問題点が内臓、神経伝達・経絡(気の流れ)・筋肉・頭蓋骨・チャクラ(気の入り口)、食生活、環境、循環、姿勢なのかを探っていきます。

その結果見つけた問題点に対して、そっと身体に触れるだけで調整していきます。その結果、身体の気の流れが整い、自律神経を整えていくことで健康な状態を目指していきます

身体の機能をコントロールしている自律神経が整うと、自然治癒力が高まる。そして、自律神経失調症のみに効果があるのではなく、慢性疾患やアレルギー、ホルモンバランスなどの症状にも効果が期待でき、そしてあらゆる症状や病気の予防になるんですね。

自律神経失調症の症状にも記載したように、当院ではさまざまな自律神経系の問題を抱えた方が来られます。自律神経を整えたい、薬以外での手立てがないのか?とお悩みの方は一度ご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。医療ではありません。

※検査結果はあくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

おわりに

a0001_009718

自律神経の問題は、検査では異常なし。となることがほとんどです。それでは、原因はわからない、どうしたらいいかわからない、不安が募る…このサイクルになることは避けて欲しいというのが、私達の想いです。

身体の不調には、何かしら問題があります。それは、あなたの身体(潜在意識)から引き出すことによって、問題点がわかりますので、あとは調整をしていくことで自律神経が整い、治癒力を最大限に発揮していくことが大切です。

あなたの自律神経が整い、不調から解放されることを願っています。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院] Rinato鍼灸整体院 川上健史郎

大阪で自律神経失調症に悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」