顎関節症とは?

【顎関節症とは?】

顎痛い

顎関節症は「顎関節周辺の異常」の総称です。たとえば、硬いものを食べ過ぎてアゴが痛くなった、というような軽度のものも顎関節症であるということができます。また、関節部(つまり骨)だけではなく、アゴの筋肉や靭帯などの異常も含むことができます。

これがどういうことかというと、顎関節症の症状は先ほど述べたような軽症のものから、顎関節が変形してしまうような重度のものまで様々だということです。

「アゴが痛くなった」程度の軽症のものになると日本人の2人に1人の割合で、その経験があると言われています。顎関節症でもこのような軽症のもの、慢性化していないものは、放っておけば自然と治癒してしまうことがほとんどです。

しかし、重度のものになると食事が取れなくなったり、顔が歪んでしまったりすることもあります。また、めまい、肩こり、頭痛といった関連症状が現れ、日常生活に支障をきたすこともあります。

ほとんどの場合、投薬や生活習慣(癖、姿勢、等)の改善で治りますが、重度のものになると手術が必要になる場合もあります。

 

【顎関節症の主な症状】

 

前項で述べたように、顎関節症は顎関節周辺の全般的な異常を示すため、症状も様々なものがあります。ここではよく見られる症状を上げていますが、もし当てはまらなくても「アゴのあたりの感覚がおかしい」など何らかの違和感を覚えた時は顎関節症を疑ってみてください。

・アゴの痛み

口を開けたり閉めたりしたとき、食べ物を噛むときなど、アゴを動かしたときに痛みが出ます。逆にアゴを動かさない場合には痛みがない場合がほとんどです。

痛みがあるのは顎関節、こめかみが多いですが、人によっては頬のあたりまで痛みを訴える場合もあります。

 

・口を大きく開けられない

アゴに痛みがあって無意識に動きを抑えている場合と、顎関節の異常のせいで関節が動かなくなっている場合があります。どちらも顎関節症です。

一番口を大きく開けた時、縦に指が何本入るかというテスト方法があります。

異常がない場合、指が三本入ります(40ミリ〜50ミリ)が、異常が見られる場合にはそれ以下のことが多いです。

 

・顎関節の異常音

口を動かしたときにこめかみのあたりから「カクカク」「ポキポキ」といった骨が鳴っているような音や、

「ミシミシ」「ジャリジャリ」といった骨がこすれているような音がすることがあります。

しかし、音がするだけでは特別な治療を行うことはありません。今後、痛みが出ないように生活習慣を変える必要があります。

ほかにも、「噛み合わせの異常」や「口がしっかり閉じられない」などの症状も見られます。また、重篤なものになるとアゴだけではなく全身に異常が及んでしまうこともあります。

 

【顎関節症は意外と怖い?】

顎が痛い画像

Rinato鍼灸整骨院にも毎月のように顎関節症の方やまだ診断はうけて

いないけど顎関節が気になるという方が多く来院されています。

音がなるぐらいならほっておいて気にしていなかったという方が

症状がひどくなってというパターン化、歯医者さんに行ってるけどよくならないというパターンにわかれます。

顎関節症の怖い所は一度悪くなるとなかなか改善しない所にあります。

専門的な知識があっても技術的な問題で、改善させる事ができない施術所も
多くありますので、歯科・整体院など連携して問題を解決できるようにしていかないといけません。

あなたがもし、顎の症状で悩まれているのであればいつでも当院にご連絡ください。
【あなたの希望を叶える整骨院】Rinato鍼灸整骨院 石水孝幸

大阪で顎関節症でお悩みの方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」