顎関節症が出たらどんな病院に行けばいいか?

 【顎の痛みがでたらどんな病院に行けば良いか?】

  来院

 

顎関節症かもしれない、と自覚したとき、まず自力で何とかしようと思うより、医療機関を受診することが望ましいです。

 

しかし、顎関節症はまだまだ研究が発展途上の疾患で、専門の医療機関はほとんどありません。

 

では顎関節症の診療は、どこで受けられるのでしょうか。

 

 

 

【顎関節症の専門機関とは?】

03_先生_受付

 

まず、顎関節症がどの科に含まれる疾患なのかというと、口腔外科になります。

口腔外科は歯科医療に属していますが、口腔外科だけを標榜している医院はまずありません。

大学病院のような大きな複合医療機関や、歯科医院の中には口腔外科を標榜している場合があります。

 

 

口腔外科では関節に刺激を与えて筋肉の凝りをほぐしたり、スプリントと呼ばれる器具や

マウスピースをつかって関節の負荷を和らげる治療法が取られます。

薬物療法を行うこともありますが、痛みを取る対処療法が主になります。

 

 

ほとんどの場合、手術まで発展することはありません。

外科手術は外傷によって関節に障害がある場合や関節内の炎症が著しくひどい場合、骨の変形がひどい場合

などかなり重篤なケースだけに限られます。

 

 

しかし、口腔外科は先ほども言ったとおり、内科や外科のようにそれほど一般的とは言えません。

 

 

口腔外科の次に顎関節症で受診できるのは歯科になります。

口腔外科を兼ねている場合はもちろん、最近では歯科医の中でも顎関節症の治療に対する意識が高まっています。

 

 

もし、かかりつけの歯科医院や近所に顎関節症に詳しい歯科医院がないという場合には、紹介状を書いてもらうという方法もあります。

 

歯科医に一度診てもらえれば、アゴの痛みに歯などのほかの要因が絡んでいないことを診断してもらえます。

たいていの歯科医院ではそこで治療できない場合には、高次専門医療機関への紹介文を書いてもらうことができます。

 

【これは間違えないでください!!】

問診

ここで注意しておきたいのは、「骨のことだから整形外科でもいいんじゃないか」と整形外科を受診してしまう場合です。

確かに整形外科は骨や関節の病気を診療してくれますが、顎関節症に関して研究している整形外科医はほとんどいません。

整形外科を受診するのはおすすめできません。

 

 

 

【もし医療機関で改善がみられないなら】

施術

 

もう一つの選択肢として、鍼灸院やカイロプラクティックなど医療類似行為を行う施設があります。

実は顎関節症に詳しい施術所が意外と多いです。

 

Rinato鍼灸整骨院では、顎関節症の専門メニューがありその施術方法は内蔵からアプローチをし

体全身の筋肉と関節の状態を良くしていきます。

 

 

 

どのような治療が行われるかは、それぞれによって違いますが、一般的には顎関節周辺の筋肉の凝りをほぐしたり

血流を良くしたりする効果は期待できます。

また、ストレスが原因である場合には、リラクゼーションの効果もあると考えられるでしょう。

 

 

 

しかし、本当に顎関節症なのか、ほかの要因が痛みに関係していないかを調べるのには、病院が一番ふさわしいのが現状です。医療機関以外を訪れるのは、顎関節症だと確定した後の治療の選択肢の一つだと考えてください。

 

ただ、中には顎関節症に対して詳しくない施設もあります。

ので、かかろうと思う際には顎関節症に対しての知識があるか?

 

また顎関節症の実績があるかをしっかりと見てください。

 

 

もしあなたが、顎関節症の痛みや制限によってしたい事ができなくなっているのであれば

いつでもRinato鍼灸整骨院にご連絡ください。

女性

【あなたの希望を叶える整骨院】Rinato鍼灸整骨院 石水孝幸

 

大阪で顎関節症にお悩みの方へ

 

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」