膝の痛みの原因について

こんにちは。Rinato鍼灸整骨院の宮武です。

 

さて、今回は膝の痛みの原因についてお話していきますね。

膝の痛みの原因は?

やめてクレメンス

1.加齢

体重を支え、足の動きをコントロールする膝には、常に大きな負荷がかかっています。

膝への負担が長年にわたり蓄積し、その結果、軟骨はすり減り、骨はもろくなります。

これは加齢とともに見られる自然な現象であり、通常はかなり高齢になってから膝に痛みや動きの悪さなどの異常が発生します。

2.膝の酷使

スポーツや仕事、家事など、膝の曲げ伸ばしをする動作を行う際、関節に体重がかかると、太ももの骨とすねの骨とがこすれ合います。

膝を動かす回数が増えるほどたくさんこすれて、骨の先端をおおっている軟骨がすり減ってゆき、痛みが発生することがあります。

3.運動不足

運動不足は足の筋力低下ももたらします。膝関節は「大腿四頭筋(太もも前面の筋肉))」などの膝まわりの筋肉に支えられていて、膝への負担を吸収する機能も持ちます。

この筋肉が弱いと膝関節への負荷を十分に吸収できず、関節に伝わる衝撃が大きくなってしまいます。

4.肥満

平坦な道を歩くだけでも、膝には体重の2~3倍の重荷がかかります。

太っていると多くの体重を支えなければいけないので、膝の負担は当然大きくなります。

肥満が原因で膝が痛くなり、痛みで運動不足になり、更に肥満が進み、膝の状態の悪化という悪循環に陥ることもあります。

5.足の形の異常

O脚やX脚などの脚の変形があると、脚の重心が内側や外側にかたより体重が多めにかかるため、片方の関節軟骨がすり減りやすくなります。

また、脚のねじれによる膝の痛みもあり、脚の軸方向のねじれで女性に多く見られます。

特に太ももの骨で起こることが多く、歩く時や走る時に膝関節に負担がかかります。

ねじれのチェック方法は、「あぐら」をかきやすい人はねじれが少なく、「横座り・女の子座り」が楽だと感じる人はねじれが大きい傾向があります。

6.怪我・事故による外傷

膝の外傷が痛みを引き起こすケースも多く見受けられます。

怪我の発生直後に痛みを起こすこともあれば、若い頃の怪我が原因で、年をとってから痛み出す場合もあります。

怪我の治療が十分でなかったり骨の変形が残ると、膝に負担がかかりやすくなり、軟骨が早くすり減ってしまいます。

7.血行不良

体を冷やしたり、きつい服を着て体を締めつけたりする行為は、筋肉を固く緊張させ、体の血流を悪くします。

血液がうまく流れないと、炎症を強める科学物質や疲労物質が排出されずに膝関節内にとどまってしまい、痛みを悪化させます。

また筋肉の柔軟性も低下して硬くなりやすく、悪循環を招きます。

 

まとめ

河川敷でランニング

膝が痛くてただでさえ普段から運動不足なのに、更に運動不足になると言う方もいると思います。

しかし、膝を動かさないでいると周辺の筋肉も次第に衰え、筋力低下により膝への負担は更に強まっていきます。

なので、日頃から身体を動かすことを意識しましょう。最初は軽いウォーキングがおすすめです。

運動によって体が温まると、血行が促進されます。炎症や疲労の元となる物質が排出されやすくなります。

ただし、クーリングダウン(運動後の準備運動)を行わずに急に運動を止めると、筋肉の中に乳酸などの疲労物質がたまってしまうので注意しましょう。

膝の痛みでお悩みのあなたの参考になれば幸いです。

 

大阪で膝の痛みで悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」