五十肩がなかなか治らないならこれを知っておいてください。

五十肩がなかなか治らないならこれを知っておいてください。

五十肩②

肩こりとはあきらかに違う肩の痛み。

「なんか肩が痛いな。」「少し肩が上がりづらい気がする。」そんな風に思っていると急に肩に痛みを感じてそのうち肩が上がらなくなってしまう。

それが一般的に言われている五十肩の初期段階ですね。
ちなみに五十肩と四十肩は同じ意味だと思ってください。

【五十肩とはなにか?】

 

 

四十肩、五十肩のつらさの1つは、痛みや腕が上がらないなど、苦痛が長く続くことです。

五十肩の定義は「片方の肩の痛みが一定期間続く、腕が上がらないなど、肩周りの動きが悪くなる」

こと(はっきりした原因=病気などがある場合を除く)となっています。

一般的に、痛みが強い急性期は2,3か月から半年、この間は痛みに悩まされます。

 

 

その後、慢性期が訪れ、肩が上まで上がらない、無理に動こうとすると痛みが出るなど、

生活の不自由さがなくなるまで、2,3年程度はかかると言われています。

 

 

一刻でも早く治ってほしい五十肩、なぜこんなに症状が長く続くのでしょう。

それは五十肩の原因にあります。

 

 

【五十肩の原因とは?】

五十肩

 

五十肩は、肩周りの関節やその周辺組織の炎症=肩関節周囲炎と呼ばれていますが、急に炎症が起こるわけではありません。

歳を取ると、関節周りの組織〜関節のクッションや腱などに負担がかかり、少しずつ小さな傷が出来ていき、炎症が起きてきます。

 

組織そのものも老化して変型することもあり、また血行が悪くなったりすることで、より関節周りの不具合が増していくとも言われています。

それらが悪化し、度を超すと強い痛みが出てくるんです。

 

つまり、五十肩とはこのように長い時間をかけ、色々な要素が重なった末に起こる症状なのです。

 

 

また五十肩になってしまうと、痛みのため、肩を動かさなくなり、より肩関節の周囲組織が固まりやすくなります。

そして今度は腕が上がらないということになってしまうのです。

 

 

長い時間をかけて起きた炎症を治す時間と、その間に固まってしまった肩関節周辺をそれぞれの状態に応じて動かすリハビリの時間が、

五十肩の完治には必要になるため、どうしても長い時間がかかってしまうのです。

 

また、痛みや肩が動かせないことが長く続くと「治らない」と言う自己暗示にかかることも多く、気が滅入り、リハビリも進まなくなりがちです。

これも症状が治りにくい原因の1つにもなります。

 

 

【五十肩の治療とは?】

 

 

五十肩の治療は大きく分けて2つあります。

 

 

炎症期の段階:何をしなくても痛みを感じている。

夜、痛みで起きてしまう。

そんな時期には運動は駄目ですね。

基本的には安静にします。

 

じゃあただ安静にしておけばいいのか?

もっと積極的に早く治したい場合はポイントがあります。

 

 

1つは食事を変える事

基本的に炎症をおこすという事は内臓でいうと肝臓の疲れがでてしまっています。なのでアルコールや甘い物は控えなければいけません。

 

 

少しぐらいならと思わずにとらずに別の物に変えるというぐらいの気持ちが必要です。

あと食べ過ぎなんかも注意してくださいね。

 

 

2つ目は肩の関節を動かすのではなく

大きな深呼吸をして肩をすぼめる運動をします。

 

 

元々肩は血流の悪い場所になります。

ポイントは酸素をしっかりからだに取り込む事です。

ヨガのように大きく呼吸をして一緒に肩をすぼめる運動を加える事で血流を良くしていきます。

 

 

まず長年溜まってきた炎症を抑えること、痛みを取ることがメインにやっていきましょう。

すでに安静時の痛みが無く動かしたら痛いというときは肩が動く範囲で動かしていきます。

 

 

ポイントは痛みを伴う動作を無理して動かさないという事です。

よくインターネットでは肩を回す運動やアイロン体操などがでてきます。

これもやり方次第で良くも悪くもなります。

無理をしては逆効果になりますので気をつけていきましょう。

 

おススメの運動は

1 腕をだらんとします。

2 手首を外と内に大きく回します。

3 ゆっくり肩の関節が回る様に動かしていきます。

4 2分ほど同じ体操をやります。

こんな感じで肩を動かしていきます。

肩の関節は小さな筋肉で構成されているので大きな動きばかりすると
大きな筋肉だけしか血流がよくならないので、ゆっくり大きく動かすようにしていきましょう。

 

この時も食事や呼吸は大事になります。

ぜひ深呼吸と肩をすぼめる運動は継続してやりましょう。

 

 

【まとめ】

 

 

全体を通して言える事が1つあります。

それはむやみにマッサージを受けてはいけません。

 

肩をほぐしたほうがいいだろうとむやみにマッサージを受ける事によって逆に痛みをひどくしたという人が後をたちません。

 

五十肩は長い時間の蓄積で起きる病気であり、全身の血流を良くする事

そして内臓の疲労も大きく関わります。

 

なので肩だけをほぐすという行為は逆効果になりがちですので、しっかり知識をもった専門家に任せるようにしていきましょう。

 

 

もしあなたが五十肩で悩んでいるならいつでも当院にご相談ください。

 

 

【あなたの希望を叶える整骨院】Rinato鍼灸整骨院 石水孝幸

 

大阪で五十肩に悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」