改善する腰痛と危険な腰痛の見分け方

【改善する腰痛と危険な腰痛の見分け方】

「荷物 ぎっくり腰 無料画像」の画像検索結果

 

・荷物を持とうとしてぎくっときた

・なにが原因かわからないけどなぜか痛みだした

・最初は少し痛いぐらいだったのにいつのまにか脚にも違和感が・・。

腰痛と一言で言っても原因は様々です。

そして改善する腰痛とほっておくと危険な腰痛もあるので、怖いですね。

今回は治る腰痛と危険な腰痛の見分け方について書いていきます。

 

【改善する腰痛とはどんなものか?】

腰痛と言われて、まず思い出すのがぎっくり腰と椎間板ヘルニアでしょう。

では、まずぎっくり腰とはどんなものかについて解説していきます。

ぎっくり腰になる原因に多いのが、重いものを持った時など急に腰に激痛が走る、これがいわゆるぎっくり腰です。

 

正確には急性腰椎症という病気ですが、実は腰の捻挫のような症状一般を指す名前であり、

定義がはっきりしているわけではありません。

ぎっくり腰は、元々慢性の筋肉疲労を抱えていたり、姿勢の悪さが習慣になっており、

腰に無理な負担がかかりやすい状態になっているときに起きやすいのです。

 

体重の増加も腰に負担をかけますし、冷え性も腰に血液が回りにくくなり、腰の筋肉の柔軟性を欠くため、原因の1つになります。

土台が弱いと、ちょっとした負担が大きな負荷になりますし、土台がしっかりしていても、負担があまりにも重い場合は、

やはり耐久性を超えた負荷がかかります。こうしてぎっくり腰になるのです。したがって、ぎっくり腰にならない方法は、

 

1、腰に負担がかからない、体を作っておく

2、腰に過剰な負担をかけないようにする

の2点が必要です。

日頃から姿勢を良くしておく、運動をして腰の筋肉を作っておく(ストレッチで柔軟性を付けておくことも大事です)

また腰のことだけを考えるのではなく、しっかり栄養を取り睡眠を取って体を作ることも大事です。

重いものを持つときは、膝をうまく使って腰に負荷がかかり過ぎない工夫をしましょう。

ぎっくり腰は捻挫ですので、まず2,3日は安静が必要です。炎症を鎮めるため冷やしましょう。

 

痛みがやわらいで来たら少しずつ腰に負担をかけるような軽い運動をして、筋肉を使うようにしましょう。

そう、ぎっくり腰とは痛みがすごく強いのでなってしまうと大変ですが、適切に処置を行えば1〜2週間でかなりの確率で改善します。

あまり焦らずなってしまったら安静にそして動ける範囲で動いていくと痛みはひいていくので心配しないでください。

 

【危険な腰痛とは?】

腰痛8

危険な腰痛の代表は椎間板ヘルニアですが、背骨〜腰椎は、椎間板の間に髄核というクッションが挟まる構造になっています。

重いものを持った時などに、椎間板が押され髄核が外にはみ出て、神経を圧迫するため激痛が走ります。

慢性的に髄核が外に出ているケースもあります。これがヘルニアの症状です。

 

ぎっくり腰に似ていますが、神経が圧迫されるので下半身にしびれなどがおきると言われています。

したがって、解決するには髄核を元の位置に戻せばいいのです。以前は手術で治すのが主流でしたが、

最近、髄核は、自然に元通りに引っ込むことが解ってきました。

 

ヘルニアも腰周辺の筋肉が衰えるとやはり起きやすくなります。

ヘルニアになった場合は、痛みを取る治療(投薬、神経ブロックなど)筋肉を付ける運動、

また筋肉を柔らかくする温熱療法、ダイエットなど、痛みを抑えながら自然に元に戻していく方法が、現在ではメインです。

しかし、症状が重く治らないなど、明らかに手術をした方がいい場合もあります。

 

最近はレーザー治療や内視鏡手術など、入院期間が短期で済むものが出てきました。

とはいえ、ヘルニアは手術をしても効果がない場合も多く、再発するなどのデメリットもあります。

そもそもヘルニアになっていても症状が全くない人は大勢いるのです。

 

 

【なぜ手術をしても整体をうけても症状が改善しないのか?】

 

先程言ったように一生懸命治療を受けているにもかかわらず、症状が椎間板ヘルニアの症状が改善しない例というのはあります。

実は人間には基本的に自分の体を自分で治す能力が備わっています。

それを自然治癒能力と言いますが、これを最大限発揮するには3つのポイントがあります。

 

それが【睡眠・食事・運動】なのです。

どんなに適切に治療をうけていても睡眠を充分にのれていなかったり

食事の内容が悪かったりすると改善するペースが遅くなってしまいます。

 

また整体院でも椎間板ヘルニアと言うと腰の周囲のマッサージや背骨の矯正だけをやってしまうところもありますが、

実はあまり効果が無いという事も言えます。大事なのは、血行を良い状態で保てる様になる。

という事です、これは決して一時的に血行がよくなるのとは次元の違う事になります。

 

もしあなたが通っている病院や整体院でそんな話しを聞いた事がないというのであれば不誠実だと言わざるを得ません。

ぜひ改善する腰痛と危険な腰痛を見極め適切な処置をうけ、自分でも睡眠・食事・運動に気を使った生活を心がけてください。

 

 

【あなたの希望を叶える整骨院】Rinato鍼灸整骨院 石水孝幸

大阪で腰痛に悩む方へ

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」