あなたはどこまで知ってる?『第2の心臓』ふくらはぎ

こんにちは。Rinato鍼灸整骨院の山口です。

皆さんはふくらはぎが『第2の心臓』という言葉を耳にしたことはありませんか?

聞いたことはあるけど、そもそもふくらはぎについて詳しくご存じの方は少ないのではないでしょうか?

そこで今回はそんな『第2の心臓』と呼ばれるふくらはぎについてお話していきますね!

 

ふくらはぎとは

ふくらはぎとは腓腹筋・ヒラメ筋という2つの筋を総称した、下腿三頭筋という筋肉の一般的な呼び方です。

まず、どこについているのか、分かりやすく図で見てましょう!

下腿三頭筋

出典元:kenkoutabi

 

立っている状態でかかとを上げた時に膨らみの出る部分を思い浮かべると良いでしょう^o^

図を見ていただければわかると思いますが、腓腹筋とヒラメ筋は別々の場所にあり、

ヒラメ筋が下、腓腹筋がヒラメ筋の上に覆いかぶさっている状態になります。

下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)の機能とは

 腓腹筋の機能

☆足関節の底屈(例:立っている状態でのかかとを上げる動作)

☆膝関節の屈曲(例:しゃがむなどの膝を曲げる動作)

ヒラメ筋の機能

☆足関節の底屈(例:立っている状態でのかかとを上げる動作)

<point>膝が曲がった状態では腓腹筋の機能が低下するので、腓腹筋の働きは重要になります。

ヒラメ筋は足の関節が、底屈(足の関節を足の裏の方向に折り曲げる動作)する際、常に働きます。

更に足に体重がかかっている状態では、膝の動きに関係なく働きます。

なぜ『第2の心臓』と呼ばれているの?

ふくらはぎが第二の心臓と言われる理由は、この静脈還流量(心臓からふくらはぎなどの末梢循環から心臓に戻る血液の量)を促す作用、

いわゆる「筋ポンプ作用」を持っているからです。

 

心臓から全身に血液が送り出されます。 重力の影響で、血液のおよそ70%は下半身に集中します。

その下半身に下がった血流を一気に押し戻す役割を担っているのがふくらはぎなのです。

筋肉が収縮すると、血管を圧迫して静脈還流(心臓への血液の戻り)が促進され、

弛緩すると足部末端に血液が運ばれるという機能をふくらはぎが持っています。

上記のことから、ふくらはぎは『第2の心臓』と呼ばれるのです。

 

上記で静脈還流という聞きなれない言葉が出てきましたね。

静脈還流について学べばどうすればいいのかも見えてきます!

そこで静脈還流についても学んでいきましょう!

 

 静脈還流とは・・・

静脈還流とは、心臓から出た血液が動脈を通って体中に行き渡った後に、静脈を通って心臓に戻ることです。

心臓からは1分間におよそ5リットルの血液が送り出されるのですが、静脈にある「ハ」の字型をした弁が、血液の逆流を防いでいます。

弁の働きが悪くなり血液の循環が悪くなると、血栓などができる原因となります。

静脈還流障害

静脈を流れる血液が、下肢に溜まり、戻りにくくなることを静脈還流障害(慢性静脈不全)いいます。

初期段階での症状としては、むくみ・だるさ・こむら返りなどがあります。

 

上記の初期症状などが起こるメカニズムは、血液が下肢に溜まると、下肢の静脈内の圧力が上昇し、血管の内から外へ血しょう成分が出ていき、

これによって、下肢に水分が溜まることで、むくみなどが引き起こされるのです。

症状を起こさない対処法・予防法

循環が滞ることで引き起こされるので、循環をよくしてあげればいいので、簡単にできる運動をご紹介していきます!

カーフレイズ(手順1)

カーフレイズを効果的に行うには、適度な段差があると良いです。

専用の台を使う必要はないので、雑誌などを使いましょう。

カーフレイズ

 

出典元:http://wp.know-dt.com/Bodypart/shape/image/foot1-02.jpg

これを壁において、両足のつま先を乗せるようにして立ちます。

手はバランスをとりやすいように壁につけておきましょう!

カーフレイズ(手順2)

つま先立ちをするようにふくらはぎに力を入れ体をグイッと上に上げます。

☆カーフレイズは他の筋力トレーニングに比べると細かい動作になるので、しっかりと筋肉を意識して集中してゆっくりと丁寧に行いましょう。

カーフレイズ②

 

出典元:http://wp.know-dt.com/Bodypart/shape/image/foot1-02.jpg

目標回数:20~30回 2~3セット

注意点

・無理をしない

・反動をつけない

・呼吸を止めない

・不安定な踏み台を使ったり、じゅうたんの上に雑誌を置くなどの滑りやすい環境ではやらない!

 

上記のことに注意しながら行いましょう!

会社などで座っている状態の時は、かかとの上げ下げを行うだけでも構いません^o^

 

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?なぜふくらはぎが『第2の心臓』と言われるのか、ふくらはぎはどんな働きがあるか、などの疑問は解消されましたか?

自宅や職場でも簡単にできますので、ご自身の体の為に継続して行っていきましょう!

健康への近道は少しだけでも意識し、行動することです。

今回お話したことがあなたのお役に立てることを願っています。

 

御堂筋線本町駅1番出口 徒歩3分 あなたの元気と若さを取り戻す整骨院
大阪市中央区の整体「Rinato鍼灸整骨院」
[あなたに合ったオーダーメイドの整体を行います!]

ご予約・お問い合わせはコチラより
(携帯・スマホの方は、クリックで直接電話できます!)
06-4708-8351(12:00~21:00)
※日曜、祝日はお休みとなります。

 

大阪で身体の不調に悩む方へ

 

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」