四十肩と五十肩の違いは?原因や症状も違うの?

th_th_2015821mn-183

「あいたた…最近やたらと肩を動かすと痛い、、ひょっとして五十肩かな。。でもそういえば、友人が四十肩で困っているっていってたけど、四十肩と五十肩の違いってなに?原因や症状もちがうのかな?」そういった経緯で四十肩と五十肩の違いについて気になる方は非常に多いです。

肩が痛い=五十肩

この方程式は日本人にはすりこまれています。それはTVや雑誌、CMなどで「五十肩」というワードをよく耳にしているからでしょう。

そこで、この記事では四十肩と五十肩の違いについてと、その原因と症状について紹介していきます。

四十肩と五十肩の違いはあるの?

th_th_2015821mn-183

同じもので、名称を変えているだけ

「四十肩と五十肩の違いってなんですか?」これは患者さんからよくある質問です。症状が違うのか?痛む場所がちがうのかな?年齢によってなの?といったように、よく聞くこのワードの違いっていったいなに?そう思いますよね。

結論からいうと、四十肩も五十肩も同じです。

症状・疾患名としては一緒ですが、四十代~五十代の方に多く発生する肩関節の炎症疾患ですから、四十代の方には「四十肩ですね」とお伝えしますし、五十代の方には「五十肩ですね」とお伝えしているだけです。その方の年齢によって医師がつかいわけているんですね。その方の年齢にあわせた気遣いというだけです。

40歳の女性の方に「五十肩です」と言うと、言われた方はいい気はしないですよね。

正式名称は「肩関節周囲炎」または「凍結肩」

a0001_014075

ハッキリした原因はわかっていない

四十肩・五十肩の医学的正式名称は「肩関節周囲炎」(かたかんせつしゅういえん)もしくは「凍結肩」といいます。聞いたことないよ!という方の方が多いかもしれませんね。字のごとく肩の関節周囲が炎症を起こしている状態です。凍結肩は症状をあらわしていますね、肩がかたまって思うように動かないことから凍結肩、フローズンショルダーなんて呼ぶこともあります。

四十代~六十代の方に多く発生するこの疾患ですが、現代の医学でも、なぜこのような疾患がおこるのかはハッキリとはわかっていない状況。五十肩の概論としては「肩関節周囲炎の退行性変化を基盤として明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を認める疾患群」とされています。

難しい言葉が並びますが、わかりやすくいうと肩関節が老化現象で正常状態ではなくなる(筋肉、骨・軟骨の変形など)ことでおこり、痛みと腕をあげれないなどの日常生活に支障をきたす状態になるということです。退行性変化って老化といいかえれるのですが、老化ってコトバが良くないので使わないようにしているだけです。

どんな症状がでるのか?

・肩のこわばり

・肩を動かすと痛む(バンザイ、洗濯物を干す際、服を着る際、つり革をもてないなど)

・手首や肘を捻るだけで肩が痛むことも

・横向きで肩を下にして寝れない、目が覚める。

・じっとしていても痛む(症状の初期段階)

といったところがよくある症状です。肩が首より上にあがらない、、痛いといった症状が主ですね。

どこが原因といわれているの?

肩2

これは、右の肩関節を前から見た写真になります。肩関節の特徴としては、非常に不安定な関節であるということです。

肩の関節は「上腕骨」「鎖骨」「肩甲骨」この3つの骨で構成されています。

「上腕骨頭」と書かれている肩の関節の白い部分がありますが、これと受け皿になっている肩甲骨の白い部分で「肩甲上腕関節」という俗にいう肩関節が構成されているのですが、この関節は非常に浅い受け皿に骨頭がはまるようになっているので不安定なんです。そのため、360度通常肩はいろんな方向に動かせています。

その関節を不安定ながら、動かせるように支えているのが骨と骨を繋ぐ「靭帯」、肩の筋肉群である「腱板」、関節を包んでいる組織である「関節包」になります。

 

肩関節

肩関節を支えて、動かしやすいようにしてくれている代表的なこの「靭帯」「腱板」「関節包」のいずれかが損傷されてしまう、弱ってしまうことでバランスが崩れてしまい痛みがでてしまうようになるということですね。

その靭帯、腱板、関節包が加齢によって弱ることで、バランスが崩れて肩関節周囲が炎症をおこしやすくなり、その結果痛みで動かしにくくなり、動かさないため血流も低下してどんどん肩関節の炎症がすすみ、いわゆる四十肩・五十肩の状態になるといわれています。

発症からどのように治っていくの?

五十肩は症状があらわれてから3つの段階に分けられ回復していくといわれています。

四十肩・五十肩発症

第一段階…急性期約2~3週間

症状は痛みが強く、腕を上げれない。腫れや熱感があることが多い。

じっとしていてもうずいたり、夜中うずいて寝れないことも。

第二段階…約半年の慢性期

初期ほどの急激な痛みが続くわけではないが、可動域制限が強く、服をきにくい、うでを上げる動作をすると痛むといった症状が続く。

第三段階…回復期といわれる

症状もやわらぎ、すこしずつ肩の動きが良くなる。痛みも軽減する。すっきりと楽になる状況に至るかは個人差がある。データでは7年後でも半数の患者さんになんらかの痛みや可動域制限が存在しているというものもあります。

 

そのためこの回復期になり症状が気にならなくなるには様々な要因がかかわります。

それは、「適切な治療をうけていくこと」「生活習慣」がカギ。

 

ただ、安静にしていても良くなる例はありますが、上述したように7年後半数の方がなにかしら症状が残ります。そうなるとつらいのはあなた。

そうならないように、かかりつけの病院・治療院で施術やリハビリ、指導された運動などをきちっとこなしていくことが大事です。

また、生活習慣もそうです。睡眠×食事×運動。基礎的なこの生活習慣が乱れていることで回復力は下がります。そこを見直し、修正改善していくことが非常に回復力を高めることになるので、ぜひ知っておいてください。

おわりに

笑顔

 

四十肩と五十肩の違いについてと、その原因と症状について紹介してきましたがいかがでしたか?

四十肩と五十肩は同じものです。知っておいてほしいことは、早めに医療機関を受診してほしいということです。

まずは、整形外科でみてもらうと良いでしょう。その後、治療方針や計画についてしっかり教えてもらうようにしてくださいね。当院でも四十肩・五十肩の方はたくさん来院されますが、最後にお伝えしたように適切な施術と生活習慣を意識してもらうことでちゃんと改善されて日常生活がスムーズにできるようになっていきます。

肩の症状はつらいですが、どういうものでどう治っていくかということはこの記事を通して少しでもしってもらえればと思います。

[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院]Rinato鍼灸整骨院 川上健史郎

大阪市で五十肩・四十肩に悩んでいる方へ

 

  • インターネット限定特典
  • 喜びの声いただきました

新着記事

  • 整体師が教える正しいカラダケア「カラダゼミ」